Apple

Apple Watch SE 実機レビュー使用感

コスパ的に手を出しにくい【Apple Watch SE】

見習い生
21,780円(税込)買えるApple Watch3の価格も魅力的だけど、せっかくなら最新のApple Watch が欲しいなぁ

そこでオススメする最新Apple Watch がApple Watch SE

Apple Watch SE ココがポイントオススメポイント

  • Apple watch6の廉価版だけど機能はApple Watch 5並み
  • 廉価版だけど最新Apple Watch 
  • Apple Watch 6より1万円安い
  • 見た目はApple Watch6と変わらない

Apple Watch SE(44mm + GPS)は36,080円(税込)とお手頃な価格で最新のApple Watch使えちゃう。

TIGER
Apple Watchを使うことで無駄にスマホを見る時間が減って作業に集中する時間が増えたよ。

今回、Tigerが購入したモデルはApple Watch SE 44mm(GPS)NIKEモデル。

TIGER
Apple Watch  SEでは常時点灯の機能以外はApple Watch 5と変わらないよ

この記事ではApple Watchの廉価版、Apple Watch SEのレビューをします。

これからApple Watchデビューされる方に参考になる記事となります。


Apple Watchを使って変化したこと

Apple Watch SEを使って変化しこと

  • iPhoneをカバンに入れたまま電子決済が出来る
  • 不在着信が激減
  • MAPをApple Watchで確認でき歩きスマホが減った
  • Apple WatchでiPhoneの情報が確認できる
  • Apple Watchを装着しているだけでMacに自動ログイン

参考

2020年12月現在、電子決済できるスマートウォッチは Apple WatchGARMINのスマートウォッチだけ。

androidスマホを使っている人はGARMIN ForeAthlete 245もチェック!

Apple Watch SEについて

Apple Watch SEは4つのモデルが用意されています。

Cellularモデル 44mm GPS 44mmモデル Cellularモデル 40mm GPS 40mmモデル
41,580円 36,080円 38,280円 32,780円

Cellular機能を使用にはdocomo/au/Softbankとの契約が必要

Apple Watch SE 付属品

Apple Watch SE 付属品

  • Watch本体
  • WatchバンドS/M
  • WatchバンドL
  • 1m磁気充電ケーブル

USB電源アダプタは付属なし

左にあるケースは事前に購入したApple Watch専用ガラスケース。

Apple Watch SE 外観

Apple Watch独特の四角いスタイル。

画像はウォッチカバーをガラス製ウォッチカバーを装着しています。

表デザインは、同時に発売されたApple Watch6と見た目は変わりません。

裏を見ると心拍数を測定するセンサらしき装置が一つ装備されています。

Apple Watchの装着をこのセンサで判断しています。

横を見るとスピーカー

逆の横にはデジタルクラウン(つまみ)とボタンが装備。

Apple Watch SEサイズ

重量39g

高さ46.1* 幅40.5*厚さ1.14

Apple Watch SEの本体重量は39g

 

Apple Watch SE 設定

 

Apple Watch SEを電源入れると自動的にiphoneとApple Watchのペアリング設定が立ち上がります。

Apple Watchにコードが表示されるのでiphoneのカメラをApple Watchにかざすとペアリングが開始されます。

注意ポイント

iphoneのOSが最新iOS14.0にアップデートしていないとApple Watchとiphoneがペアリングできません。 これからAppleWatchを購入される方は事前にアップデートしていればスムーズにApple Watchとiphoneがペアリングできます。

 

Apple Watch SE 装着感

左装着時はデジタルクラウンは左側に

腕時計の装着は右利きの人は左へ。

左利きの人は右に取り付ける方が多いですよね。

左手に時計を装着するときは通常手の甲側に時計のツマミがきますよね。

Apple Watchは手の甲側にデジタルクラウン(ツマミ)が向いていると手を机についたときにデジタルクラウンが押されてSiriが立ち上がってしまいます。

左手にApple Watchを装着するときはデジタルクラウンを反対側に配置した方が誤動作するリスクが減ります。

装着レビュー

今回紹介するApple Watch SE 44mm モデルは私の腕が細いせいか大きく感じます。

HUAWEI Watch GT2と比較しても見劣りのない大きさで文字盤も大きく見やすいです。

女性は44mmより40mmサイズの方がフィットするとおもいます。

僕のApple Watch SEは、ガラス保護カバーを装着。

Apple Wach SE 便利機能

Apple Watch廉価版のSE。

Apple Watch6に装備されている常時点灯や血中酸素濃度などの昨日は装備されていません。

それでも電子決済や音楽・動画操作、MAP操作は健在。

Apple Watch便利機能を一部紹介します。

見当たらないiPhoneの呼び出し機能

多くのスマートウォッチには、スマホを呼び出し機能が装備されています。

Apple Watchのスマホ呼び出し機能は音だけではなく光でもiPhoneの場所を知らせてくれます。

夜の寝室や車の中でiPhoneを探すときには便利な機能です。

注意ポイント

iPhoneとApple WatchがBluetooth通信外にある時はApple Watch呼び出し機能は選択できません。

こちらもCHECK

Apple WatchでiPhoneを探す

ベッドや車、バッグの中でIphoneが見当たらなくなることってよくありませんか? Tigerもズボラの性格でiPhoneがよく行方不明になります。 Apple Watchがあれば行方不明になったiPh ...

続きを見る

ロック機能

Apple Watchを装着したり外したりするときに任意のパスワードを求められます。

外したApple Watchを置きっぱなししても第三者にApple Watchの内容を見られる心配はなさそうですね。

Apple Watch SE バッテリー持続時間

丸一日、Apple Watch SEを使ってみました。

Apple公式バッテリ持続時間

バッテリー最大18時間持続

  • 90回の時刻チェック
  • 90回の通知
  • 45分間のアプリ使用
  • Apple WatchからBluetooth経由で音楽を再生しながらの60分間のワークアウトを行った場合

Appleが使用仮定した操作、通知程使用していませんがフル充電でApple Watchの初期設定、3回の通話、SUICAを1回使用、Apple Watchの操作を1時間くらいしてバッテリー残量25%程でした。

2週間バッテリーが持続するHUAWEI Watch GT2からApple Watchに乗り換えると毎日の充電がちょっと面倒です。

Apple Watch SE 常時ディスプレイ点灯について

Apple Watch SEは残念ながら画面の常時表示機能に対応していません。

腕を上げるかボタンを押せば画面が点灯します。

常時ディスプレイ点灯しないApple Watch SEを1日使用して特にストレスは感じませんでした。

常時表示機能が絶対に欲しい方はApple Watch 6を検討してみてください。

<div data-vc_mylinkbox_id="886873168"></div>

Apple Watchと一緒にガラスケースも忘れずに

仕事や日常生活でApple Watchをドアや机にぶつける事が何回もありました。

ウォッチバンドが切れても比較的安いコスパでウォッチバンドを交換できるけど

Apple Watchの画面が割れたら買い替えになってしまいます。

Apple Watchが傷つく前にウォッチカバーも揃えて見てはいかがでしょうか。

Apple Watchと合わせて揃えておくと便利なアクセサリーも別記事で紹介しています。

参考にして見てください。

こちらもCHECK

Apple Watch オススメアクセサリー3選【ウッチカバー】【ウォッチバンド】【ウォッチスタンド】

Apple Watchの魅力はウォッチカバーやウォッチバンドでApple Watchをカスタマイズできること。 私がApple Watchを購入して合わせて購入したウォッチカバー。 その他にウォッチバ ...

続きを見る

最新Apple Watch コスパよく使いたいたいならApple Watch SE

同時に発売されてApple Watch 6に注目されていますが最新のApple Watchが欲しいならApple Watch SEはオススメです。

常時画面点灯機能は搭載されていませんが時間の確認やApple Watchの機能にストレスは感じません。

はじめてApple Watchを検討されている方に最新のApple Watch SEはコスパよくてオススメです。

Apple Watchの購入方法についてはこちらの記事で紹介しています。

Apple Watchをお得に購入 ポイント還元でお得にApple Watch

Apple製品って価格変動が少なくどこのECサイト・店舗でも価格差って少ないですよね。 値引きがゆるい家電量販店でさえApple製品は値引きに応じてくれません。 誰もが少しでも安くApple Watc ...

続きを見る

保証開始されているリスクもあるのでオークションやフリマからの購入に注意!

sponsor link

-Apple

© 2021 タイガージェットBlog Powered by AFFINGER5