携帯ブラックリストの原因 誰でも契約できる通信会社

携帯料金の滞納や未払いにより信用情報に傷がつき、新しい携帯電話やスマホの契約が困難になる「携帯ブラックリスト」

しかし、そんな状況でもスマホを持つことができないとは限りません。

ブラックリストに載っても審査の緩い通信会社やSIMのみの契約、一括払いの端末購入など、ブラックリストに載っていても携帯電話を持つ方法は存在します。

この記事では、携帯ブラックリストに関する基本情報から、審査が柔軟な通信会社の選び方、必要書類の準備、代替支払い方法の利用に至るまで、ブラックリスト状態での携帯契約成功の秘訣を解説しています。

ブラックリスト
  • 審査の緩いMVNO(格安SIM)に申し込む
  • ブラック関係なしに契約できる通信会社
  • プリオペイドSIMを契約する
  • キャリア系ははほぼ無理

信用情報に問題がある方でも、賢く行動すれば通信サービスを享受する道は開けるのです。

目次

携帯のブラックリストとは?その影響と対策

「携帯ブラックリスト」の原因、過去に携帯料金の滞納や未払いなどにより、信用情報にマイナスの記録が残ることが原因とされています。

通常であれば滞納していた携帯料金を支払うことで、多くの通信会社と契約できるでしょう。

しかし、 滞納していた料金を支払っても契約できないケースもあります。

携帯会社のブラックリストの種類についてご紹介します。

通信会社によるブラックリスト

通信会社と契約ができない理由が明確ではない時にはブラックリストに載っている可能性が高いです。

契約ができない通信会社と過去に契約をしてトラブルが起きていないか?

クレーマーと判断された時には通信各社「要注意人物」として通信契約が結べないケースがあります。

契約情報の入力情報や提出書類に不備がないようであれば他の通信会社での契約を試してみることをオススメします。

複数の通信会社で通信契約が結べない。

A社で契約ができなかかったため、B社で申し込みをして契約できないばケースのほとんどが「携帯料金の滞納」が考えられます。

申し込みをして滞納がある場合は申し込みをした窓口で「携帯料金が滞納しているため契約が結べない」と伝えてくれる場合があります。

携帯料金滞納の場合は滞納していた料金を支払うことで通信契約が結べるケースがほとんどです

通信会社各社は「個人の信用情報」を共有しています。

支払いを免れようとしても、余計に信用を失うだけなので滞納金は速やかに支払いましょう。

信用機関でのブラックリスト

携帯料金のみならずクレジットカードやローン、消費者金融からの借入で滞納がある場合ブラックリストに登録されます。

信用機関のブラックリストに登録されると滞納金が0円になった状態から5年〜10年の間、信用期間のブラックリストに登録されてしまいます。

ブラックリストに登録されると
  • スマホの分割購入ができない
  • クレジットカードが作れない
  • 借入ができない
  • ローンが組めない

これが原因で、新規契約や機種変更時の審査に影響を及ぼす可能性があります。

特に、携帯電話の分割購入を希望する場合、信用情報のチェックが厳しくなります​​。

信用機関でブラックリストに登録されていても一括であれば購入できます。
ブラックリストに登録されている状態ではクレジットカードも作れないため、原則現金一括購入になります。

ブラックリスト入りの事由とその解決法

ブラックリスト入りの主な事由は、携帯料金の滞納や未払いです。

通信契約が結べない多くの原因は通信料金の未払いです。

通信料金の未払いであれば支払い期日から2週間程度で通信ができなくなり、それでも支払われない場合は強制解約になります。

未払いの状態で放置しておくと弁護士から支払い通知の手紙が送られてくる場合もあります。

数万円程度の滞納と思っても通信会社は全力で回収にくるから注意

早かれ遅かれ支払うのであれば早々と支払ってしはらいましょう。

ブラックリストになって通信会社と契約できないケース

ブラックリストになって通信会社と契約できないケースについてご紹介します。

クレジットカードが作れない

多くの通信料金の支払いで使用されるクレジットカード。

格安SIMの多くの支払い方法はクレジットカードのみ対応のため、ブラックリストに登録されてクレジットカードを持っていない人は格安SIMを申し込むことができません。

クレジットカードを持っていない人が契約できる通信会社をご紹介します。

docomoauSoftBank楽天モバイル
ahamoUQ mobileY!mobile
LINEMO

契約できない通信会社がある場合、上記の表で縦軸の通信プランは同じ通信会社が運営しているため、契約できない可能性が高いです。

上記通信プランでも通信契約が結べるとは限りません。

通信会社各社で結べなかった場合、ブラックリスト登録者でも登録できる通信会社の利用を検討しましょう。

信用機関でブラックリストになった場合

通信会社への滞納が解消されれば、通信契約が結べるとの内容を目にします。

信用機関にブラックリストとして登録された場合、通信プランが契約できないケースもあるので注意しましょう。

複数の通信会社で通信契約に落ちた時には信用情報機関で自分が「ブラックリストに載っていないか」確認しましょう。

信用情報機関では500円で自分がブラックリストに登録されているかを確認できます。

通信会社の審査に落ちて信用情報機関にブラックリスト判定を受けた場合、審査なしで契約できる通信プランの契約をオススメします。

ブラックリストでも契約できる通信プラン

ahamoやLINEMOなど通信プランでも通信料金の滞納が解消されれば、通信契約を結べるとなっていますが過去の支払い上によっては結べないケースがあります。

ブラックリストでも契約できる通信プランをご紹介します。

ブラックでも契約できる通信プランの特徴
  • ブラックリストに登録されていても登録できる
  • 審査なし
  • 支払いはコンビニ払い、銀行振り込みなどに対応
  • 中古、低価格スマホの購入もできる
  • かけ放題だから予算管理がつきやすい

誰でも契約できる通信プランでも本人確認書類の提出は必要です。

契約の流れ

審査なしの通信プランは2社。

通信会社誰でもスマホサンシスコン
スマホ998円1円〜
通信プラン3,278円/1GB〜3,278円/1GB〜
かけ放題
初期費用2円3,301円
支払い方法銀行振替銀行振替
支払い方法銀行振込銀行振込
支払い方法コンビニ支払いコンビニ支払い
詳細を見る詳細を見る

一般的なWeb申し込み方法を解説します。

STEP
申し込み

必要事項入力

  • 通信プランを選択
  • 個人情報を入力
  • 本人確認書類の画像をアップロード
STEP
メールで支払い情報が送られてくる

登録したメールアドレスに支払先情報が記載されたメールが送られてきます。

STEP
支払いを済ませます

指定の金額を指定の方法で支払いを済ませます。

STEP
SIMが登録された住所に送られてきます

支払い確認後に登録した住所にSIMが送られてきます。

スマホを購入した場合、スマホも同梱されます。

審査なし通信プランのデメリット

審査なしの通信プランのデメリットご紹介します

ブラックでも契約できる通信プランの特徴
  • 通常の通信プランよりも割高
  • 通信形態が格安SIMのため速度が遅い時間帯がある
  • 取り扱いスマホが中古でも古い
  • 支払いが滞納すると止められる
  • データ量超過した場合、速度制限がかかる

審査なしの通信プランは審査や支払い条件が緩いだけあって月額料金が割高です。

また、取り扱いスマホもサポートが終了したモデルも取り扱っているので、最新アプリに対応していないケースも考えられます。

支払い滞納についてはキャリアに比べると緩い設定ですが、催促しても支払われない場合は強制解約になります。

滞納した料金を支払えば再契約はできます。

審査なしの通信プランは通話料も含まれるため、毎月定額料金で予算管理しやすいのが特徴です。
ブラックリストに登録された場合、解消されるまでは審査なしの通信プランでブラックリストから除外されるのを待ちましょう。

審査なしの代表的な通信プランの詳細

代表的な審査なしの通信プランをご紹介します。

ブラックリスト登録者でも契約できる通信プランでも本人確認は必要です。

初期費用の価格と支払い方法問わず同額の誰でもスマホの方がお得感があります。

スマホのレンタルを希望なら1円から用意されているサンシスコンがオススメです。

通信会社誰でもスマホサンシスコン
スマホ998円1円〜
通信プラン3,278円/1GB〜3,278円/1GB〜
かけ放題
初期費用2円3,301円
支払い方法銀行振替銀行振替
支払い方法銀行振込銀行振込
支払い方法コンビニ支払いコンビニ支払い
詳細を見る詳細を見る

オススメは支払い方法関係なく1GB/3,278円〜で初期費用が2円の誰れでもスマホです。

誰でもスマホ

文字通り、審査なしで誰でも契約できる通信プランです。

料金プランも1GB〜25GBまで用意されており、使い方に合わせた通信プランが選択できます。

支払い方法
  • 口座振替
  • コンビニ決済
プラン月額料金
1GB3,278円
3GB3,938円
5GB4,598円
7GB5,258円
10GB6,248円
15GB7,898円
20GB9,548円
25GB11,198円

初期費用・その他オプション

初期費用2円
割込通話330円
留守番電話440円
データ追加550円

\ 初期費用が2円・支払い方法問わず同一価格/

サンシスコン

サンシスコンは支払い方法で月額料金か変動します。

レンタルスマホが1円から用意されており、電話を中心に利用する人にとって十分ではないでしょうか。

支払い方法
  • 口座振替
  • 銀行振込
  • コンビニ決済
口座振替銀行振込コンビニ決済
1GB3,278円4,278円4,608円
3GB3,938円4,938円5,488円
5GB4,598円5,598円5,928円
7GB5,258円6,258円6,555円
10GB6,248円7,248円7,578円
20GB9,548円10,548円10,878円
25GB11,198円12,198円12,528円
50GB11,968円12,968円13,298円

初期費用・その他オプション

初期費用3,301円
割込通話330円
留守番電話440円
データ追加550円〜

\ レンタルスマホが1円〜 /

短期的にスマホのレンタルをしたい方にはナニワレンタルで14日~人気のスマホをレンタルできます。

ブラックリストの問題 スマホを分割購入できない

ブラックリストに載ってしまったけど通信契約は結べるケースは多く見られます。

しかし、スマホも合わせて購入したい場合は一括でしか購入できません。

ブラックリストに載ってクレジットカードが使えないケースでのスマホの調達方法についてご紹介します。

一括購入する

ブラックリストに載ると分割の審査は通らないです。

ネットショップで一括購入しようとしても決済の多くはクレジットカードのみなので購入できません。

一括で購入する場合
  • 店舗で購入
  • 代引き
  • ギフトカード
  • 口座振り込み
  • コンビニ払い

一括払いは所有権が自分の物になるので後々のことを考えると、スマホの分割未払いでブラックになるリスクも減少します。

スマホの購入はできるだけ一括購入がオススメです。

中古スマホを購入する

数万円のスマホを購入するにはハードルが高く感じる方は無理せず中古スマホの購入がオススメです。

GEOやカメラのキタムラなどでも中古スマホは販売されているので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

中古スマホは価格や状態が同じものがないため、販売価格と状態で「これだ!」と思った商品は購入することをお勧めします。

携帯契約ブラックリスト 注意点

通信契約が結べない状態になった時の注意点をご紹介します。

スマホを分割購入で滞納している場合、ブラックリスト入り対象

スマホを通信会社から分割購入している場合、通信料金と共にスマホの分割代金を滞納すると信用機関のブラックリスト入りになる可能性が高いので注意しましょう。

クレジットカードの切り替えがうまく行ってなかったり、銀行口座から引き落とされていなかったなど、たまたま支払いが滞ってしまった場合は速やかに支払い処理をすればブラックリストに載ることはありません。

  • 支払い通知書が届いても期日まで支払わなれない
  • 滞納を繰り返す

信用機関にへブラックリストに登録されると、滞納が解消されてから5年間〜10年の間分割やクレジットカードが作れなくなります。

携帯料金の滞納を甘く見ちゃダメよ

分割で購入したスマホの所有権に注意

分割で購入したスマホの支払いが滞ると、スマホの利用制限がかかってしまい販売元から使用制限がかかり通信、通話が制限されます。(通称:赤ロム)

赤ロムになったスマホは滞納していた料金が支払われるまで使用制限が解除されません。

赤ロムになったスマホを売却しても買い手は制限がかかったままの状態になるため注意が必要です。

赤ロムの確認は販売事業者のページで照会できます。

分割返済中にスマホ買取業者に売却査定すると通常売却額の半値になるなど、満額で売却できないケースもあるので注意。

スマホ買取業者は査定に出されたスマホの支払い状況が分かるので虚偽報告しないように!

無理ない料金プランを契約する

通信契約は滞納が解消されれば、ほとんどの場合新たに通信契約を締結することができます。

しかし、docomoやau、SoftBankなどキャリアで契約してしまうと支払いがしんどくなります。

契約できる通信プランを選ぶのではなく、支払い続けることができる通信プランを契約することがポイントです。

ブラックリストでも携帯を持った方がいい理由

ブラックリストに登録されていても携帯を持った方がいい理由は「信用」です。

転職や買い物でも電話番号を聞かれる機会は多数あります。

携帯電話を持っていないと「この人を信用しても大丈夫?」重要な機会を失う可能性が高いです。

しかし、携帯番号を持っていれば身辺で疑われることもなく、ブラックリストに登録されていることは分かりません。

ブラックリストが解消される期間は滞納が解消されてから5年〜言われています。

ブラックリストが除外されるまで「審査なしのスマホ」でもいいから携帯番号を持って、ブラックリストから脱却しましょう。

携帯がブラックリストに載った時によくある質問

ブラックリストに載っているけど、携帯電話の契約は可能ですか?

審査の緩い格安SIM会社など、審査なしで契約可能な携帯会社もあります。

審査なしで契約できる携帯会社はどれですか?

おてがるモバイル」や「誰でもスマホ」などが審査なしで契約可能な会社として知られています。

携帯料金の滞納がある場合、どうやって携帯契約をするべきですか?

滞納料金を完済するか、口座振替やデビットカードなどの代替支払い方法が受け入れられる会社を探してください。

ブラックリストに名前があるとどのくらいの期間契約に影響しますか?

携帯料金の滞納に関連するブラックリストは、滞納解消後、通常5年間は信用情報に影響を与える可能性があります。

ブラックリストから抜け出すにはどうすれば良いですか?

滞納料金を完済し、信用情報のクリーンアップを待つか、信用情報機関に直接問い合わせて状況を確認してください。

審査なしの通信プランは未成年でも契約できますか?

未成年は契約できません

【まとめ】ブラック状況での携帯契約成功の秘訣

ブラックリストでも携帯を持つ方法
  • 審査の緩い通信会社の選択
  • 必要書類の準備
  • 代替支払い方法の利用

ブラックリストに載っていても携帯契約を成功させるには、審査なしの誰でもスマホサンシスコンなどの通信プランであれば契約するハードルが低いです。

審査なしの通信プランを使いながら滞納を解消し継続することでブラックリストから除外されて好きな通信プランへ契約することができます。

審査なしの通信プランは割高で抵抗を感じるかもしれませんが、携帯がないことで社会的に信用を失うこともあり得ます。

複数の携帯会社で契約ができなかった場合、審査なしの通信プランを検討してみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次