スマホ料金プラン

スマホの通信会社、月額料金プランはどちらを利用していますか?

スマホ通信会社は一度契約してしまうと月額料金が高いと分かっていても面倒で同じ通信会社を使い続けてしまいますよね。

TIGER
通信会社は新規や乗り換えには優しいけど継続利用者には放置!

スマホの料金プランは通信会社の料金の見直し、使い方によってスマホの料金プランを見直す必要があると考えます。

参考2022年 携帯料金を比較 キャリアから格安SIMまで料金プランを見直し

続きを見る

あなたにあった通信会社をご紹介します。

キャリア通信

独自のアンテナ、データ通信設備を所有、運営しているキャリア通信。

国内のキャリア通信会社は4社

キャリア

  • docomo
  • au
  • SOFTABNK
  • 楽天モバイル

2020年4月に運用開始した楽天モバイルの【Rakuten UN-LIMIT

1GBまでの通信なら0円。

データ使い放題でも3,278円。

電話アプリのRakuten LINKから発信すれば何時間話しても通話料0円

サブブランド

キャリア通信プランをそのままの品質でキャリアメールや店舗サポートなどのサービスを削減して料金を抑えた通信ブランがサブブランド。

2種類のサブブランドが用意されています。

データ量固定サブブランド

データ量固定サブブランド

  • ahamo
  • povo
  • LINEMO

データ容量が固定で店舗、電話サポートに対応していないデータ量固定サブブランド。

固定のデータ通信プランのみで使い切らないデータは繰越ができないデメリットがあります。

月に15GB~20GBのデータ容量を使う利用者には使い勝手の良い通信プランです。

【ahamo】5分かけ放題プラン込みで月額2,970円

ahamoは5分かけ放題のプランが込みで2,970円とシンプル料金プラン。

+1,100円で完全かけ放題プランのオプションも用意されております。

ahamoココがおすすめ

  • 5分以内の電話を頻繁にかける
  • スマホと合わせて契約したい
  • 24時間安定したdocomo回線を利用したい

参考ahamo 機種変更もドコモオンラインショップから 申し込み方法を解説

続きを見る


\iPhone11 新規契約・MNPで49,390円〜/

【ahamo】公式サイトでiPhone11をチェック

※【ahamo】月額2,970円で20GB+5分かけ放題

【LINEMO】LINEデータ通信カウントフリー

LINEMOの特徴はLINEの送受信、LINE通話で使用したデータがカウントフリー。

月のデータを使い切っても快適にLINEは利用が可能。

LINEMOココがおすすめ

  • 通話はLINEがほとんど
  • ソフトバンク品質でのデータ通信
  • 基本料金が3GB/990・20GB/2,728円

\新規・MNP申込で最大PayPay10,000円分還元/

LINEMO 公式サイトはこちらから

※LINE利用データはカウントフリー

従量制サブブランド

従量制サブブランド

  • UQ Mboile
  • Y!Mobile

データ容量が選べる従量制サブブランド。

3GB/15GB/25GBプランを選べて使わなかったデータは翌月に繰り越すことができるプラン。

店舗・電話サポートにも対応。

キャリアとの違いはデータ無制限プランがなしとキャリアメールがないくらいの差。

15GB以下のデータ通信量でなら従量制サブブランドがオススメ。

格安SIM

キャリア通信のデータ通信網を借りてデータ通信を行う格安SIM

独自の設備を持たない、店舗を持たないことで料金を抑え提供することができます。

設定、トラブル等は電話、チャットサポートとやりとりで自己解決。

SIMフリーのスマホが必要になります。

格安SIMを検討中の方は【格安SIM】購入前に知っておきたいメリット・デメリット月額770円〜を確認してからの契約がオススメです。

格安SIM

  • OCNモバイルONE
  • BIGLOBEモバイル
  • iiJmio

国内の格安SIMブランドは100社以上と言われています。


参考BIGLOBEモバイルの評判は?データ通信中心なら全然あり!

続きを見る