ガジェット

ダウンロードコンテンツ「音楽・動画・ゲーム」 オススメ環境

Youtubeや動画コンテンツ、音楽をダウンロード・アップロードしているとパソコンがフリーズしたりダウンロードが止まってファイルが壊れて保存できないトラブルに遭遇したことはありませんか?

私もブログのバックアップを取るためにダウンロードしていてるとダウンロードが中断してしまって1からやり直ししたりすることもあります。

この記事ではコンテンツをダウンロード・アップロードをストレスなく行える環境を整えるためのオススメ周辺機器・ネット環境を紹介していきます。

動画コンテンツ 揃えておきたいネット環境揃・周辺機器1.高速インターネット回線
2.高速パソコン
3.外付けストレージ

高速ネット回線

動画をダウンロードしていて途中で切れたりダウンロードしていざファイルを開いてみたら途中で動画が切れたりするトラブルに遭遇したことはありませんか?

動画ファイルが大きいとネット接続時間が長くなり接続が切れるリスクが増えます。

ダウンロード接続時間を短くするためには高速ネット回線が必要になります。

そこでオススメの高速ネット回線”nuro光”

ドコモひかり・auひかり・ソフトバンクひかり・楽天ひかり・BIGLOBEひかり。

多くの光回線速度は最大速度は1Gbps。

nuroひかりの最大速度は2Gbps。

通常のひかり回線の2倍の速度でネット閲覧・ダウンロードができる断トツで速いひかり回線です。

動画ダウンロードを目的にする方はnuro光一択と言っても過言ではありません。

nuroひかりの申込はこちら

パソコンスペック

光回線が高速でも低スペックパソコンではダウンロードファイルを処理できずパソコンがフリーズしたりダウンロードを途中で止まりファイルが壊れてファイルが未完成のまま保存されてしまいます。

2つ以上のファイルをダウンロードを実行するのであれば高スペックパソコンが必須になってきます。

オススメ パソコンスペックCPU:Core i 7
メモリ:16GB
ストレージ:512GB

家電量販店やネットで安いパソコンも販売されていますがファイルサイズの大きな動画をダウンロードする目的があれば上記スペックパソコン(CPU:core i 7/メモリ:16GB/ストレージ512GB)を揃えておきたい。

CPU

通常にパソコンを楽しむためにはCore i 5やRyzenシリーズでも十分なスペック。

しかし、ファイルを複数ダウンロードする場合Core i 5、Ryzenシリーズではパソコンがフリーズするトラブルが発生します。

メモリ

ファイルを保存する前に格納する記憶媒体です。

メモリが容量が小さいと処理速度が遅くなりパソコンのフリーズ原因になります。

単独ダウンロードであれば8GBでも問題はありませんが拡張性を考慮して16GBをオススメします。

ストレージ

動画や画像・ファイルを保存するパーツです。

ダウンロードするファイルが大きければ大きい程大きい容量のストレージがオススメです。

多数ファイルを保存する予定がある場合外付けストレージをオススメします。

オススメPC

コスパがよく動画ダウンロードも対応できるオススメ、パソコンはLENOVO YOGA/C740

動画を楽しむためにディスプレイが360°回転。

テントモードにすれば動画を楽しむために適したモニターに変身

テントモード

操作もタッチパネルで簡単

LENOVO YOGA/C740について知りたい方はこちらの記事もチェック

 

LENOVO YOGA/C740

外付けストレージ

最近の動画コンテンツはファイルサイズ大きくパソコンに備わっているストレージでは集約できないことも考えられます。

そこで動画コンテンツを多数ダウンロードする予定がある場合、外付けストレージを用意しておくことをオススメします。

外付けストレージは大きく分けてSSDとHDDがあります。

外付けSSD

SSDの特徴
1.HDDと比較して読み込みが速い
2.衝撃に強い
3.HDDと比較して効果

HDDと比較し価格以外はSSDの方が優れています。

価格はHDDの2倍程度なので予算に余裕がある人・持ち歩きを中心に考えている人は外付けSSDをオススメします。

オススメ外付けSSD

BUFFALO ポータブルSSD 1TB SSD-PG1.0U3-B/NL

ポータブルSSDで11,500円はコスパは良いです。

外付けHDD

HDDの特徴
1.HDDと比較して読み込みが速い
2.衝撃に強い
3.HDDと比較して安価

SSDと比較したときにメリットは価格のみ

それでもSSDが普及するまではHDDがストレージをさせていました。

自宅で使用する分にはHDDでじゅうぶん保存機能を果たしてくれます。

オススメ ポータブルHDD

BUFFALO ポータブルHDD 1TB HD-PCG1.0U3-BBA

外付けSSD価格とまでいかなくてもはAMAZONで6,700円程度。

SSDと比較したときに速度は落ちますがパソコン性能が安定していれば動画の読み出し・書き出しにじゅうぶん対応できます。

動画を保存・視聴であれば外付けHDDでも動画コンテンツを保存し視聴できまます。

動画コンテンツを楽しむためのまとめ

動画コンテンツを楽しむために揃えておきたネット環境・周辺機器
1.高速インターネット回線
2.高速パソコン
3.外付けストレージ

動画コンテンツをたのしむためには最低でも高速ネット回線と高速パソコンは揃えておきたいところです。

ポケットWIFIを使用して動画コンテンツを楽しむにはダウンロード速度が遅く途中で回線が切れるリスクもあります。

パソコンも100,000円ちょっとだせばCore i 7のコスパの良いパソコンが手に入ります。

目先の価格に惑わされるのではなく快適に動画を楽しむためには初期投資をケチることはオススメしません。

最低でも光回線&快適なパソコンを揃える事をオススメします。

私が紹介したネット環境・周辺機器は実際に私も愛用していてオススメできます。

迷われている方は私の環境を参考にしてください。

sponsor link

-ガジェット

© 2021 タイガージェットBlog Powered by AFFINGER5