パソコン

Filmora 初心者でも簡単に動画編集 インスタ、TikTokにも対応

「YouTubeを始めてみたい」だけど動画編集が難しそう…

TIGER
Premiere Proで動画編集に挑戦したけど、機能の多さに挫折

YouTubeやSNSの動画編集をしたいけど、Premiere ProやDaVinci Resolveの機能が多すぎて初心者には、ハードルが高く感じます。

動画編集初心者が抱える悩みが「コスト」と「操作性

初心者が抱える「コスト」と「操作性」について解決してくれる動画編集ソフトをご紹介します。

Wondershareが販売しているFilmora。

FilmoraはアニメーションやBGM、タイトル、テロップ等の素材が豊富で初心者でもプロ並みの動画を作成することができます。

Filmora11.3には「テキスト読み上げ機能」「自動字幕起こし機能」が搭載され生産性が向上。

InstagramやTikTok等の画面比率9:16にも対応しているからSNS向けの動画も簡単に作成することができます。

本記事では動画編集ソフト「Filmora」の特徴やメリット、デメリットを解説した記事になります。

Filmoraのココがポイント

  • 買い切りライセンスでも8,980円(通常価格9,980円)
  • タイトルやアニメーション、テンプレート、BGM素材が豊富
  • スマホムービーにも対応
  • テキスト読み上げ、自動字幕起こし機能で作業時間短縮

\動画編集初心者でも簡単に動画作成ができる/

Filmora 公式サイトはこちら

※今なら9,980円のFilmora 11(買い切り)が8,980円

Filmora11.3ついて

動画編集ソフトの多くは毎月、料金が発生するサブスクが主流になってきました。

マネタイズ出来ていない人にとっては、毎月発生するサブスク料金を抑えたいところです。

人気の動画編集ソフト「Premiere Pro」も月額プラン2,728円、年間プラン28,776円とマネタイズ、出来ていてない初心者にとっては大きな負担になります。

今回、ご紹介するFilmoraは、年間プランと買い切りプランの2種類。

しかも、Fimora年間プランは6,980円。

買い切りプランでも、今なら8,980円(通常販売価格:9,980円)で販売されています。

Filmora11.3の料金プランと機能を紹介します。

Filmora11について

2022年2月にリリースされたFilmoraの新機能についてご紹介します


  • Filmora11

    2022年2月

    • スピードランプ
    • マスク
    • インスタントモード
    • テンプレートプリセット
    • FXプラグイン
    • ストックメディア
    • オートモンタージュ
    • オーディオ同期
    • Wondershare Drive
  • Filmora11.1.1

    2022年3月

    • デザイン文字

    強化された機能

    • 超高速動画カッターツールを改めて追加
    • 高DPIディスプレイで、製品内の一部のアイコンの表示を最適化しました。
    • バグの修正。
      -YouTubeアップロード、トランジションが反映されない、文字入力時、カーソルが消えてしまうなどの不具合を修正。

  • Filmora11.3

    2022年3月

    • オーディオスペクトラム
    • 自動字幕起こし
    • テキスト読み上げ
    • STRファイル(字幕ファイル)をサポート
    • HDRをサポート

TIGER
Filmora11.3の目玉は自動字幕起こし機能テキスト読み上げ機能

Filmora11の料金と機能

Filmoraは【年間プラン】【買い切りプラン】【Filmora + Filmstock年間プラン】の3種類。

  1年間プラン 永続ライセンス Filmora+Filmstock
お買い得年間プラン
月額料金 6,980円 9,980円 → 8,980円 17,780円 → 11,780円
機能 Filmora無料アップデート
(新バージョン含む)
Filmora 11のみ
無料アップデート
Filmora無料アップデート
(新バージョン含む)
動画編集・オーディオ編集・色調整
ストックメディア
(Unsplash、Giphy、Pixabay)
サービス 追加オプション購入で

アップグレードいただけます。
Wondershare Drive 1GB
自動字幕起こし 30 分間
テキスト読み上げ 5,000 文字

1年間プラン・Filmora + Filmstockお買い得年間プラン

年間プランは、契約中の全てのバージョンアップに対応。

常にFilmora最新状態に保ち、最新機能を使用できるプランになります。

他社の動画編集ソフトの年間プランと比較してもFilmoraの年間プランは、リーズナブル

こんな人におすすめ

常に新機能を使用したい方は1年間プランがオススメ

買い切りプランについて

買い切りプランは一度、ライセンスを購入すれば、追加料金なしでFilmora11を使い続けることができます。

Filmoraの新バージョンがリリースされても買い切りプランは、バージョンアップには未対応。

バグ修正などのマイナーバージョンアップには対応しています。

こんな人におすすめ

新機能などには拘りがなく、出来るだけコスパを抑えたいなら買い切りプランがオススメ

Filmora11 動作環境

低スペックなパソコンでは、動画編集ソフトの処理が遅くストレスを感じることもあります。

Filmoraは高性能パソコンは必要なく、ミドルスペックなパソコンでもスムーズに動作します。

  Windows Mac
OS Windows7以降 macOS10.14以降
CPU Intel i3以上
2GHz以上
intel5以上のCPU、2GHz以降
Apple M1
メモリ 4GB以上 8GB以上
GPU  Intel HD グラフィックス5000以上
NVIDIA GeForce GTX 700
AMD Radeon R5またはそれ以上
Intel HD Graphics5000以上
NVIDIA GeForce GTX700以上
AMD RadeonR5以上
ディスク 10GB以上の空き領域 10GB以上の空き領域
TIGER
僕が使用している、一番グレードが低いMac miniでもサクサク処理しています。

動作確認済みMac Miniのスペック

  • M1チップ搭載
  • SSD:256GB
  • メモリ8GB

長時間動画編集を想定するとCPU:Core i5以上 メモリ:8GBのスペックがオススメになります。

Filmora11使用方法

Filmoraの操作方法については、基本動画チュートリアルで解説しています。

TIGER
Premiere Proを挫折した僕が半日Filmoraをいじり倒して1本の動画を作成できたよ。

僕がチュートリアルを見ないで作成した動画になります。

TIGER
動画の内容と滑舌の悪さは、僕のセンス…勘弁(笑)

1本の動画をカットや複数の動画を結合、音楽、字幕を挿入。

本動画では「自動字幕起こし」や「テキスト読み上げ機能」、「オーディオスペクトラム」機能を使用

Filmora操作パネルについて

Filmoraを起動するとプロジェクトの管理画面が表示されます。

新しい動画を編集するには「新しいプロジェクトを作成」を選択。

新しいプロジェクトを作成するとFilmoraの動画編集画面が立ち上がります。

動画編集の基本操作画面になります。

Filmora11使用法について


  • 編集したい動画を追加

    黄枠のメディアライブラリーに動画編集に利用する動画、BGMを追加。


  • 動画を追加

    編集したい動画をメディアライブラリーからタイムラインに追加


  • タイトルやBGMを追加

    タイトルを選択するとタイトルのアニメーション、字幕、テキストの入力ができます。

    タイムラインの操作で表示時間を調整できます。


  • オプション機能が充実

    「テキストの読み上げ」「自動字幕起こし」など音声サポート機能が充実。

    モザイクなどのエフェクト機能もブロック毎に簡単に編集が可能。


  • BGMも簡単追加

    BGMも豊富。

    もちろんオリジナル曲をインポートも可能


  • 動画出力

    動画の編集が完了したら「エクスポート

    動画の使用用途に応じてファイル出力。

\動画編集初心者でも簡単に動画作成ができる/

Filmora 公式サイトはこちら

※今なら9,980円のFilmora 11(買い切り)が8,980円

Instagram、TikTokにも対応

InstagramのリールやTikTokの動画、YouTubeのショートムービーにも対応しています。

画面サイズを9:16に設定することでスマホの縦長サイズになります。

スマホでの動画編集は指での操作になる為、微調整に一苦労。

Filmoraならマウスでテキストや画像位置の細部まで調整することができます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

タイガー(@tiger_jet_blog)がシェアした投稿

Filmoraで編集したTikTok動画もチェックして見てください。

Filmora11.3の機能のみで作成した動画になります。

Filmoraメリット

ココがおすすめ

  • 買い切りプランが今なら8,980円
  • 年額プランでもお得
  • 素材が豊富だから動画編集スキルは必要なし
  • 細かい設定も簡単
  • サポートが充実

Filmora11買い切りプランがお得

動画編集ソフトの多くは月額制サブスクが主流。

動画初心者にとって、買い切りのFilmora11は動画編集入門として入りやすいプランになります。

TIGER
動画初心者には、Filmora11の買い切りがオススメ

Filmora 1年間プランもお得

動画編集ソフトの王道といえばPremiere Pro。

Premiere Proの月額料金は2,728円、年間で使い続けると32,736円。

1年間6,980円で利用できるFilmora。

1年間プランは常に最新バージョンを保ち、契約期間内であれば全てのバージョンアップにも対応。

常に最新機能を利用したい人にはFilmoraの1年間プランがオススメになります。

素材が豊富だから初心者でもプロ並みの表現ができる

テキストやBGM、エフェクトの素材が豊富だから初心者でもプロ並みの動画を表現が可能。

今回作成した動画の機能については、全てFilmora11に装備されている機能です。

マイクがあればアテレコも可能。

アテレコした音声も字幕起こし、してくれるのでInstagramやTikTokなどの動画作成も効率的になります。

ブロック指定も自由自在  細かい設定も簡単

タイムラインの移動線でブロック毎に動画、音声、BGMをカット。

カットしたブロック毎にエフェクトやテキストを設定することができます。

テキストの表示時間や音量なども視覚的にわかるので、編集しやすい操作パネルになっています。

表示させたいタイムラインに動画、テキスト、エフェクトを重ねていくだけなのでスマホの動画編集アプリ感覚で動画を作成することができます。

サポートが充実

Filmoraは購入前、購入後のサポートはFilmora公式サイト問い合わせに対応。

Filmoraの操作説明や動画編集講座も公式ページに用意されております。

Filmora11デメリット

機能性や価格については優秀なFilmora。

Filmora本体の価格が安い分、オプションが割高に感じます。

ココがダメ

  • テキスト読み上げ、自動字幕起こし文字制限
  • 多くの素材が有料

新機能が規定文字数、規定時間、超えると有料。

Filmora11.3の新機能で追加された「自動字幕起こしテキスト読み上げ機能」

自動字幕起こし、テキスト読み上げ機能は規定文字数、規定時間以上利用すると有料になります。

「自動字幕起こし機能」テキスト読み上げ機能」の有料プランは月額制のため、使い切らなければ、切り捨てされてしまう料金体系になっています。

たまに「自動字幕起こし機能」テキスト読み上げ機能」を利用したい人にとってはコスパが悪いオプションプランに感じます。

有効期間がなければ嬉しいのですが…

自動字幕起こし機能
基本プラン/30分込み
1時間 5時間 10時間
599円/月 2,480円/月 3,680円/月
テキスト読み上げ機能
基本プラン/5,000文字込み
100,000文字 200,000文字
499円/月 899円/月

魅力ある素材は有料オプション

タイトルやエフェクト素材を確認すると魅力ある素材は有料カテゴリー。

プロ並みの動画を作成するにはFilmstockの利用が必要になるかと感じます。

  月額プラン 3ヶ月プラン 1年間プラン
無料 無料 無料
1,280円 3,280円 10,800円
4,980円 11,980円 41,800円

スタンダードプランの月額1,280円で動画編集の幅が拡がりそうです。

有料素材を使用して動画作成はできますが、エクスポートする時「有料の警告」「有料素材を外してエクスポート」する警告が表示されます。

 

使い方次第では、他の動画編集ソフトの方が安くなるケースも考えられます。

マネタイズができていれば是非、Filmstockの利用をオススメします。

Filmora 動画編集初心者にオススメ

動画編集ソフトに挑戦してきたけど、挫折してしまった人に試してもらいたいFilmora。

動画編集のサブスクでは珍しく買い切りも用意しています。

Premiere Pro、DaVinci Resolve以外にも初心者向きの動画編集ソフトは、いくつか試してきました。

Filmora11.3には「テキスト読み上げ機能」「自動字幕起こし機能」が搭載され作業効率も向上。

インスタやTikTok等のSNSの9:16サイズにも対応しているから使用用途の幅が拡がります。

動画とBGM、音声、テキスト各パーツ豊富な素材でプロ並みの動画の作成も可能。

操作パネルがシンプルだから動画編集初心者でもスムーズに編集できるソフトになります。

今なら通常価格9,980円のFilmora11が8,980円で販売されています。

動画編集ソフトの入口にFilmoraをオススメします。

\動画編集初心者でも簡単に動画作成ができる/

Filmora 公式サイトはこちら

※今ならFilmora 11が買い切りで8,980円

 

 

-パソコン
-,