Filmora 13 初心者からビジネスまで簡単 動画編集ソフト

動画編集といえばPremiere ProFinal Cut Proを想像します。

Premiere Proは高性能な反面、操作が複雑で高スペックなパソコンが必要です。

今回紹介するFilmora13は動画編集初心者でも、1日使っていれば動画ができる動画編集ソフトです。

しかも、Filmora13のエフェクト素材は高品質でプロにも劣らない動画編集ができるソフトです。

Filmora13の特徴
  • 低価格で高品質な動画が作成できる
  • 直感的に動画作成ができる
  • ミドルスペックなパソコンでも動作が快適

本記事では動画編集初心者でも高品質な動画が作れるFilmora13についてご紹介します。

\ 買い切りで8,980円 動画初心者にオススメ/

年末年始特別キャンペーン
永続ライセンス:8,980円 → 8,480円
2024/1/10(水)まで

目次

Filmora 13 – 初心者でも簡単に使える動画編集ソフト

Filmora 13は、動画編集をこれから始める初心者にとって理想的なツールです。

Premiere ProDaVinci Resolveで動画編集を挫折した人でも直感的な操作性が特徴で、誰でも簡単に高品質な動画を作成することが可能です。

また、プランも1年間のサブスク型と買い切り型の永続ライセンスが用意されているのも動画編集初心者にはピッタリな動画編集ソフトです。

Filmora 13の販売価格とプラン

Filmora13は3つのプランが用意されています。

1年間プランマルチプラット 1年間プラン永続ライセンス
6,980円7,980円8,980円
バージョンアップバージョンアップFilmora 13
透かしなし透かしなし透かしなし
15万+ クリエイティブ アセット15万+ クリエイティブ アセット15万+ クリエイティブ アセット
100+ 高度な編集機能100+ 高度な編集機能100+ 高度な編集機能
制限なしのAIクレジット制限なしのAIクレジット2000 AIクレジット
1GB クラウドストレージ1GB クラウドストレージ1GB クラウドストレージ
MacMacMac
WindowsWindowsWindows
iOSiOSiOS
AndroidAndroidAndroid
  • 1年間プラン:Mac or Windows どちらかのOSを選択
  • マルチプラット 1年間プラン:全てのOSに対応
  • 永続ライセンス:Filmora13のみ Windows or Mac どちらかのOSを選択

Filmoraの永続ライセンスは1回買い切りでFilmoraのバージョンアップには対応していません。

年間プランについてはFIlmora13 → 14とバージョンアップに対応しているの対して、永続ライセンスは1回買い切りでFilmoraのバージョンアップには対応していません。

また、永続プランはライセンス購入時に2,000AIクレジットのみで追加購入していく内容になっています。

AI機能を重要視する人は年間プランの方がお得です。
ライセンス購入前に無料版でAIの機能をチェックしてからライセンス購入してください。

Filmora 13 パソコン動作環境

Filmora公式の推奨パソコンスペックです。

MacWindows
OSmacOS10.12以降Windows11
メモリ4GB以上4GB以上
CPUintel Core i5以上
M1以降以上
intel Core i5以上
GPUIntel HD Graphics 500以降
NVIDIA GeForce GTX 700以降
AMD Radeon R5以降
ストレージ10GB以上の空き領域

公表されているスペックは最低限の使用になっているので、実際はメモリ8GB以上実装されていないと動作的に厳しいところです。

僕が実際に使用しているパソコン環境では全く問題なく動作していました。

Mac mini
  • OS:M1
  • ストレージ:256GB(空き領域)
  • メモリ:8GB

Macでも量産モデルのスペックでも快適に動作するので多くのパソコンの仕様で問題ないと考えられます。

WindowsではCeleronなどのCPUでは動作が遅くストレスがかかるレベルなどで注意が必要です。

Filmora 13の魅力

Filmora 13の最大の魅力は、シンプルな操作と直感的に操作できるインターフェースです。

Filmora 13を導入して1日目で作成した動画です。

Filmora13操作性について

Filmora13の基本的な使い方は公式ページにチュートリアルが用意されています。

Premiere ProCANVAなどの動画編集ソフトを使用したことがある人は、触りながらでも簡単に操作できるインターフェースを備えています。

Filmora13 基本的な操作方法
  1. プロジェクト作成
  2. 編集する動画をプールにドラッグ
  3. 動画をタイムラインに配置
  4. 動画の編集・エフェクト適用

動画を繋げてタイムライン上に字幕・音楽・エフェクトを追加していくとシンプルな操作です。

Filmora AI機能で作業効率化

Filmora13にはAI機能が搭載されています。

AIを使用するためにはAIクレジットが必要になります。

自動字幕起こし4クレジット/分
テキスト読み上げ1クレジット/10語
AIコピーライティング10クレジット/回
AI画像生成10クレジット/回
AI音楽ジェネレーター30クレジット/回
AI生成機能AIテキスト生成:20クレジット/回
AI動画生成:30クレジット/回

永続プランはライセンスを購入時に2,000AIクレジットが付与されます。

AI機能を頻繁に利用される方はAI機能が使い放題の年間プランの方がお得になる場合があります。

ベーシックパックアドバンスパックマスターパック
1,000クレジット5,000クレジット10,000クレジット
1クレジット/1.48円1クレジット/1.48円1クレジット/0.29円

\ 買い切りで8,980円 動画初心者にオススメ/

年末年始特別キャンペーン
永続ライセンス:8,980円 → 8,480円
2024/1/10(水)まで

AI copilot機能

画質補正やエフェクト効果など行き詰まったときにAI copilot機能を使用することで動画編集のサポートをしてくれる機能です。

自動編集アシスト

AI Copilotは、動画のシーンを自動的に分析し、色調整、カット、トリミングなどのエフェクト効果を提案してくれます。

動画のアクセントに物足りなさを感じたときにAI copilotを使用することで品質が高い動画を作成できるでしょう。

AIサムネイルエディター

AIサムネイルエディターは、動画やコンテンツの魅力を最大限に引き出すための重要な画像を自動生成する機能です。

このツールは(AI)を活用して、動画の内容、視聴者の嗜好、および最適なデザイン原則に基づいて、効果的なサムネイルを作成します。

Filmora 13などの動画編集ソフトウェアに組み込まれており、特にYouTubeやソーシャルメディアで動画を共有するクリエイターにとって有用なツールです。

サムネイルの作成も画像の選択からデザインなど頭を悩ませます。
サムネイルエディターを活用すれば、サムネイルを作成する時間も削減できます。

効果的な音楽マッチング

AI Copilotは動画の雰囲気やテーマに合わせて、適切な背景音楽やサウンドエフェクトを提案することができます。これにより、動画全体の印象を高めることが可能になります。

AIで時間節約と効率化

AIテキストベース編集で文字起こしをした動画です。

完璧ではありませんが、文字起こしの基礎を作成してくれるだけで作業効率が向上します。

AIボーカルリムーバー

Filmora 13に搭載されているAI Vocal Removerは、動画や音楽ファイルからボーカル部分を除去するための先進的な機能です。

このツールは、AIを利用して、音声と楽器の音を区別し、ボーカルなど特定の音声を効果的に取り除きます。

Filmora 13などの動画編集ソフトウェアで利用できるこの機能は、特に音楽制作、ビデオポストプロダクション、カラオケトラックの作成などに役立ちます。

Filmora 13 購入前に知っておきたいデメリット

Filmora 13を導入することで動画初心者でも高品質な動画を作成できて、文字起こし機能などを使用すれば、動画編集時間も大幅に短縮できます。

しかし、一部機能についてFilmora基本プラン外で有料機能もあります。

Filimoraのデメリットについてご紹介します。

一部機能は別途料金発生(Creative Assets)

Filmora13でダイヤのマークが表示されている素材はCreative Assetsでの提供になります。

有料でもサブスク制になっており月単位・3ヶ月単位・年単位で発生します。

月額プラン3ヶ月プラン年間プラン
2,580円6,980円21,880円
2,580円/月あたり2,327円/月あたり1,823円/月あたり

Creative Assetsを利用するとすると実質Premiere Proよりも高くなります。

しかし、動画編集をしていると素材探しに時間を消費するケースもあります。

作業効率化を図るためにCreative Assetsを導入するのも一つの手段です。
無料素材で物足りないときに月単位で有料素材に申し込んでみてはいかがでしょうか。

基本プランでも充実したエフェクトは揃っています。

買い切りプランはバージョンアップができない。

Filmoraは頻繁にバージョンアップが行われています。

Filmoraバージョンアップタイミング

Filmora112022年2月25日
Filmora122023年4月23日
Filmora132023年11月8日

買い切り版でバージョンアップしたFilmoraを使う場合、新たにFilmoraのライセンスの購入が必要です。

AI機能など進化が速いパソコンソフトは、買い切り版よりも常に新しい機能が使用できる年間プランの方が高度な動画を作成できるでしょう。

【Filmora13】についてよくある質問

Filmora 13は初心者でも動画編集初心者にも扱えますか?

Filmora 13は直感的なインターフェースと使いやすい操作性を提供しており、動画編集が初めてのユーザーでも簡単に使用できます。
さまざまなテンプレート、エフェクト、AI機能を通じて、初心者でもプロフェッショナルなビデオを作成できるように設計されています。

Filmora 13で4Kビデオの編集は可能ですか?

Filmora 13は4Kビデオの編集に対応しています。
ただし、4Kビデオを編集するためには、推奨されるシステム要件を満たす高性能なハードウェアと追加のメモリが必要です。

Filmora 13で作成した動画にウォーターマークを消す方法を教えてください。

無料版のFilmora 13を使用すると、エクスポートされた動画にはウォーターマークが追加されます。
ウォーターマークを取り除くためには、有料プランを購入する必要があります。

Filmora 13のサポートやアップデートはどのように提供されますか?

Filmoraは定期的にアップデートが行われ、新機能が追加されたり既存のバグが修正されたりします。
マイナーアップデートは年間プラン・永続プランに対応しています。
メジャーアップデートは永続プランに対応していません。

【まとめ】動画初心者にオススメ Filmora13

YouTubeやTikTok、Instagramのリール動画からビジネスのイメージビデオまで幅広い動画ジャンルに対応しているFilmora13。

豊富なエフェクト機能と直感的に操作できるインターフェースは動画初心者でもプロ並みのコンテンツを作成できる動画編集ソフトです。

また、AI機能のサポートにより適切な動画編集の提案や文字起こしなどで効率的に作業を行うことができます。

AI機能についてはクレジット制になっているため、AI機能を多用したいと考えている人は年間プランがオススメです。

年間プランでも6,980円で月で割ると582円ほど。

Filomora13Premiere Pro
6,980円/年8,980円/買い切り2,728円/月

まずは、無料版でFilmora13の機能に触れて操作性を確かめてプランを選択して見てはいかがでしょうか?

\ 買い切りで8,980円 動画初心者にオススメ/

年末年始特別キャンペーン
永続ライセンス:8,980円 → 8,480円
2024/1/10(水)まで

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次