パソコン

iCareFone Transfer ‐ LINE引き継ぎ方法、使用感を解説

AndroidデバイスのLINEバックアップ機能の保存場所はGoogleドライブ、iPhoneはiCloudに保存されます。

iPhoneの画像や動画、音楽などを保存しているとiCloudの無料の保存領域5GBにすぐに達してしまいます。

LINEの標準に搭載されているバックアップ機能は、上書き保存されるため、過去のLINE情報を確認することも保存内容を確認することはできません。

保存したLINEのデータを全て残しておきたい、デバイス間のLINEデータ移動をしたい人にオススメするバックアップアプリiCareFone Transferをご紹介します。

iCareFone TransferはLINEの「トーク」「画像」「動画」除法をバックアップできるアプリです。

AndroidからiOSに機種変更するとLINEのトーク履歴、画像が全て消去されてしまいます。

iCareFone Transferを使えばAndroidからiOSに機種変更してもLINEの「トーク」「画像」「動画」情報を引き継ぐことができます。

iCareFone TransferはLINE以外にも人気のメッセンジャーアプリのバックアップも可能になります。

本記事は、主に「AndroidからiPhoneへのLINEデータ引き継ぎ」の機能を紹介します。

iCareFone Transferココがポイント

  • ワンクリックでAndroidとiOS間のLINEデータ転送を実現可能
  • iCloudを使わずに 無料でLINEデータをバックアップ
  • すばやくLINE バックアップを復元可能
  • LINEバックアップを プレビューと表示可能

\LINE以外にも人気アプリのバックアップも対応/

iCareFone Transfer公式サイトはコチラ

※永久ライセンス購入で永年サポート、Ver.Upに対応

iCareFone Transferについて

iCareFone Transfer
販売元 Tenorshare
対応OS Windows/Mac
対応OSスマホ iOS/Androidスマホ
1ライセンス 5デバイス(スマホ5台までのバックアップが可能)

iCareFone TransferはTenorshare社が開発、販売しているメッセンジャーアプリのバックアップ、デバイス間のLINEやWhatsAppなどのデータを引き継げるパソコンソフトです。

1ライセンスで1台のパソコンにインストールが可能です。

Windows版とMac版が販売されており1ライセンスで5台のスマホのバックアップに対応できます。

iCareFone Transfer販売価格

iCareFone Transferは【月額】【年額】【永久ライセンス】の3プランが用意されております。

月額 年額 永久ライセンス
6,580円2,838円 8,980円6,578円 10,980円7,678円

オススメプランは買い切り型の【永久ライセンス】

永久ライセンスは一度、購入すれば永久的にアップデート、サポートにも対応しています。

LINE以外にもWhatsApp、WhatsApp Businnee、KiKi、Viver、WeChatなど世界で人気のメッセンジャーアプリにも対応しています。

LINEバックアップソフトは他社でも販売しているけど複数のメッセンジャーアプリに対応しているiCareFone Transferは他社との差別化になります。

TIGER
WeChatやWhatsAppは海外ではLINEよりも需要が高いメッセンジャーアプリです!

\LINE以外にも人気アプリのバックアップも対応/

iCareFone Transfer公式サイトはコチラ

※永久ライセンス購入で永年サポート、Ver.Upに対応

iCareFone Transfer無料版と有料版の違い

iCareFone Transferに無料体験版が用意されています。

無料体験版で制限されている機能は下記のとおりです。

機能 無料版 有料版
iOSとAndroidデバイス間でWhatsApp、WhatsApp Businessのデータ転送 ×
AndroidからiOSへLINEデータ転送 ×

iOSデバイスでのWhatsApp、WhatsApp Business、LINE、Kik、Viver、Wechatデータのバックアップ

AndroidかでのWhatsApp,WhatsApp Businessのデータバックアップ ×
バックアップ内容の表示
バックアップファイルをPCにエクスポート ×
WhatsApp,WhatsApp Businessのバックアップデータの復元 ×
WhatsApp、WhatsApp Business、LINE、Kik、Viver、WechatのデータをiOSに復元 ×  〇

無料版ではiPhoneのLINEのバックアップ、バックアップされたデータをパソコンで表示する機能に対応しています。

TIGER
無料版でiCareFone Transferの機能を試してから有料版の購入がオススメになります

※有料版を購入後、不具合や使用感に満足できない場合、購入後30日以内なら返金の保証にも対応になります。

iCareFone Transferの使い方

iCareFone Transfer使用用途

  • AndroidのLINEデータをiOSに転送
  • パソコンにLINEデータをバックアップ
  • バックアップした機能をスマホに復元
  • バックアップしたデータをエクスポート

AndroidのLINEデータをiOSに転送

iCareFone Transferがインストールされたパソコンに転送元なるAndroidと転送先のiPhoneを接続する必要があります。


  • 転送を選択

    ①左メニュー最上部の転送を選択します。

    ②転送元デバイスと転送先デバイスを確認して転送ボタンを選択します。


  • 転送先のLINEデータの上書き確認

    転送先のLINEデータが上書きされる事の確認表示がされます。

    転送先(iPhone)のLINEデータをバックアップする場合はiCareFone Transferでバックアップを利用します。

    バックアップ済み、またはバックアップの必要がない場合は続ける】を選択します。


  • LINEデータをGoogleドライブに保存

    転送元(Android)のLINEデータをGoogleドライブに保存されます。

    LINE 【設定】→【トーク】→【トーク履歴のバックアップ・復元】→【Googleドライブにバックアップする】を選択します。

    バックアップ済みが完了したら【バックアップ済み】を選択します。


  • 転送元のLINEでQRを読み込む

    転送元(Android)のLINEでQRを読み込みます。


  • 認証コードをLINEに入力する

    認証コードが表示されるので転送元デバイス(Android)に認証コードを入力します。


  • Googleドライブにログイン

    Googleドライブのアカウントとパスワードを入力します。


  • 転送元のLINEデータを抽出

    転送元(Android)のLINEデータを抽出をします。


  • 転送元のLINE IDでログイン

    転送元デバイス(Android)のLINE IDで転送先デバイス(iPhone)のLINE にログインします。

    ログインが完了したら【登録済み】を選択します。

    転送先デバイス(iPhone)でLINEにログインすると転送元(Android)のLINEは使用できなくなります。

    ※転送先のLINE  IDが転送元のLINE IDと異なるとLINEデータ移動ができません。


  • 転送完了


  • データを確認

    転送先のiPhoneが転送元のデータが転送されているかを確認をします。

転送元のAndroidから転送先のiPhoneにデータ移行が完了

TIGER
あらかじめ転送元、転送先デバイスのLINEのバックアップ機能でバックアップをとっておけばバックアップに失敗しても復元が可能になります。

パソコンにLINEデータをバックアップ

iPhoneのLINEデータをiCareFone Transferを使用してバックアップする方法をご紹介します。


  • iCareFone Transferを起動

    ①左メニューのバックアップを選択します。

    ②バックアップするデバイス(iPhone)を確認して選択します。

    ③今すぐバックアップを選択します。


  • バックアップ開始

    バックアップを開始されます。

    LINEのデータ量によってバックアップ時間が変わります。


  • バックアップが完了

    バックアップが完了したら以下の画面が表示されます。


  • バックアップされたファイルを確認

    左上メニュー上部のメッセージアイコンを選択するとバックアップされたデータを確認できます。

    トーク履歴以外にも「ドキュメント」「写真」「ビデオ」「音声」も保存が可能です。

保存したデータはパソコン上で確認、iPhoneに書き込む事も可能です。

バックアップした機能をスマホに復元

iCareFone TransferでバックアップしたデータをiPhoneに復元する手順を解説します。

iPhoneの探索機能をオフ

iCareFone Transferでバックアップしたデータを復元する前にiPhoneの探索機能をオフにする必要があります。

【設定】→【Apple ID】→【探す】→【iPhoneを探す】→【オフ】

ライトニングケーブルでパソコンとiPhoneを接続。


  • 復元するデータを選択

    ①iCareFone Transfer 左メニューの最下部の【復元&表示】を選択します。

    ②復元したいファイルを選択します。(今回は最上部の最新ファイルを復元)

    ③iOSに復元を選択します。

    ※バックアップファイルを確認したい時は【iOSに復元】の隣にある【表示】ボタンを押すとバックアップ内容が確認できます。


  • 復元するデバイスを選択

    バックアップデータを復元するデバイスを確認して選択します。


  • LINEのログイン確認

    LINEデータを復元するiPhoneのLINEにログインしている必要があります。


  • 【iPhoneを探す】の無効化

    最初に説明した「iPhoneを探すをオフに設定していない場合、無効化の確認が表示されます。

    iPhoneを探すをオフの設定:【設定】→【Apple ID】→【探す】→【iPhoneを探す】→【オフ】


  • iPhoneへの書き出し

    バックアップデータ量で書き込み時間が変わります。

  • バックアップデータ復元完了

    復元が完了するとiPhoneが自動的に再起動します。

  • LINEデータを確認

復元前のデータは復元後のデータを削除してから復元を実行しています。

LINEバックアップを プレビューと表示可能

iCareFone Transferでバックアップしたデータをエクスポートしてブラウザで閲覧することができます。


  • ここに見出しテキスト

    左メニューの【表示&復元】を選択します。

    表示したいファイルを選択して【表示】を選択します。


  • エクスポートするファイルを選択

    エクスポートは【トーク】【ドキュメント】【写真】【ビデオ】【音声】【その他】と別にエクスポートされます。

    エクスポートしたいトークを選択して【コンピューターにエクスポート】を選択します。


  • トークはHTMLで閲覧が可能

    エクスポートされたトークはブラウザで閲覧が可能です。

    画像についてはフォルダに一覧でエクスポートされます。


LINEに保管している全ての画像をファイルとして保管も可能です。。

\LINE以外にも人気アプリのバックアップも対応/

iCareFone Transfer公式サイトはコチラ

※永久ライセンス購入で永年サポート、Ver.Upに対応

iCareFone Transferのメリット

iCareFone Transferココがおすすめ

  • iCloudの保存領域を気にしないでLINEバックアップが取れる
  • AndroidからiOSにトークそのまま引き継げる
  • バックアップしたデータを復元できる

iCloudの保存領域を気にしないでLINEバックアップが取れる

iPhoneでバックアップされているLINEデータはiCloudに保存されています。

無料で使用できるiCloud保存領域は5GBです。

iPhoneで保存した画像や動画、ファイルなどをiCloudにバックアップすると5GBのiCloud保存領域がすぐにいっぱいなってしまいます。

iCareFone TransferでLINEデータバックアップをしてiPhone上のLINEを削除すればiCloud上の保存領域を節約になります。

パソコン上のiCareFone Transferでバックアップしたデータを確認、iPhone上に復元できるので効率的です。

バックアップも上書き保存ではなく新規保存が可能だから過去のデータを遡って復元、確認することができます。

Android→ iOSにトーク履歴をそのまま引き継げる

AndroidからiOSへ機種変更するとLINEアカウントは引き継げてもLINEデータを引き継ぐことはできません。

iCareFone Transferを使えばAndroidからiOSに機種変更してもLINEアカウントもLINEトーク履歴も引き継ぎが可能。

バックアップしたデータを復元が可能

iCareFone TransferでバックアップしているデータがあればどのデータでもiPhone上のLINEにデータを復元することができます。

パソコン上でバックアップデータの確認も可能です。

間違えて意図しないバックアップデータをiPhoneに書き込んでも再度、正しいバックアップデータを再度、復元すればiPhoneにバックアップデータを上書きすることができます。

\LINE以外にも人気アプリのバックアップも対応/

iCareFone Transfer公式サイトはコチラ

※永久ライセンス購入で永年サポート、Ver.Upに対応

iCareFone Transfer デメリット

Android一部機能に未対応

  • iOS→Androidのデータ移動
  • Android→Androidデータ移動
  • Androidバックアップ・復元に未対応

2022年現在2月現在、iCareFone TransfersはAndroidに携わる一部機能に未対応になります。

Androidデバイスは3月末に対応予定になります。

\LINE以外にも人気アプリのバックアップも対応/

iCareFone Transfer公式サイトはコチラ

※永久ライセンス購入で永年サポート、Ver.Upに対応

iCareFone Transfer可能性が広がるLINEバックアップアプリ

ココがポイント

  • ワンクリックでAndroidとiOS間のLINEデータ転送を実現可能
  • iCloudを使わずに 無料でLINEデータをバックアップ
  • すばやくLINE バックアップを復元可能
  • LINEバックアップを プレビューと表示可能

LINEのバックアップとiCloudの最適化をしたいならiCareFone Transferがオススメになります。

2022年2月の段階ではAndroid機能に制限はあります。

iOSのLINEのバックアップ、復元、AndroidからiOSへのデータ移動が簡単にできます。

iCareFone Transferが自分のスマホに対応しているか不安を感じたら、無料版でLINEデータをバックアップできるかを確認することをオススメします。

有料版購入後、正常に動作しなくても無料サポート、30日以内の返金にも対応しているから安心して利用することができます。

世界でも利用率が高いWhatsApp、WeChatにも対応しているのでLINE以外にも活躍できるオススメ、メッセンジャーバックアップ管理になります。

\LINE以外にも人気アプリのバックアップも対応/

iCareFone Transfer公式サイトはコチラ

※永久ライセンス購入で永年サポート、Ver.Upに対応

-パソコン