iPad セルラーモデル 月額料金と本体価格

iPadを選ぶ時のポイント
  • モデル名
  • ストレージ
  • 通信形態

iPadを選ぶ時にストレージや通信形態の選択を間違えると、iPadを想像していた使い方ができないケースが考えられます。

特にiPad Wi-Fiモデルを購入し後にiPhoneのように単独通信させたいと思ってもiPad Cellularモデルへと買い替えるしかありません。

本記事ではiPad Cellularモデルの特徴とiPadのために契約する通信プランについて解説しています。

iPad Cellularモデルは通信会社と契約したSIMを挿せば、外出先でも電源を入れればネット接続できて便利です。

通信会社docomodocomoauSoftBank
プラン名eximoahamo使い放題AXメリハリ無制限+
iPadシェアサービスデータプラスデータプラスデータシェアデータシェアプラス
月額1,100円1,100円1,100円550円
ペア最大容量30GB20GB※30GB50GB
タイプシェアシェアシェアシェア
最安合計6,028円4,070円6,028円5,478円
公式ページ詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

スマホの通信プランのギガをiPadとシェアする方法です。

ギガをシェアする場合には、データシェアのオプションを契約しiPad用のSIM発行をします。

この記事でわかること

光割や家族割が適用されていない人はahamoのデータシェア。
スマホの通信プランがMVNOやUQ mobileなどのサブブランドを契約している人はデータ専用プランのRakuten最強プランがお勧めです。

目次

iPadの選び方

iPadには4種類のモデルが発売されています。

モデル特徴
iPad手頃な価格で基本的なタスクに適しています。
iPad Air高性能で、プロの作業にも対応しています。(Macと同じCPU搭載)
iPad Pro最高の性能とプロソフトウェアのサポートを備えています。(Macと同じ最高CPU搭載)
iPad miniコンパクトで持ち運びに便利なサイズで、基本的なタスクに適しています。

iPad AirとiPad proはMacと同じCPUが搭載され、Magic KebordやBluetoothキーボードと組み合わせでMac感覚で利用でます。

さらにiPadにWi-FIで通信するWi-FiモデルCellularモデルが販売されています。

Wi-Fiモデルはデータ通信はWI-Fiのみで、CellularモデルはWi-Fi + SIMを挿入すれば4G/5G通信でiPadを利用できるiPadモデルです。

iPad Wi-Fiモデルは購入後にCellular機能を追加できないため購入時に使用用途を確認してから購入しましょう。

iPad ProiPad AiriPadiPad mini
128GB~2TB64GB/256GB64GB/256GB64GB/256GB
Cellularモデル
価格
148,000円〜116,800円〜92,800円〜102,800円〜
Wi-Fiモデル
価格
124,800円92,800円〜68,800円〜70,800円〜
ディスプレイ
サイズ
11inch10.9inch10.9inch8.3inch
通信4G/5G4G/5G4G/5G4G/5G
チップM2チップM1チップA14A15
SIMnanoSIM/eSIMnanoSIM/eSIMnanoSIM/eSIMnanoSIM/eSIM

iPadセルラーモデルとは?

Cellularモデル ココがポイント
  • 通信場所を選ばない
  • 海外でも現地のSIMを挿せばデータ通信ができる
  • 5G通信に対応
  • Wi-Fi接続する手間が省ける

iPadセルラーモデルとは、携帯電話の通信ネットワーク(4Gや5Gなど)を使用してネット接続するiPadモデル。

もちろん、SIMを挿入していなくてもWi-Fiを利用してネット閲覧が可能です。

iPad単独で通信するためには通信会社と通信契約をする必要があります。

iPadセルラーモデル オススメな人

iPad Cellular モデルこんな人にオススメ
  • 外出先でビジネス・クリエイトの作業をしたい人
  • 旅行者
  • リモートワーカー

外出先でiPadを多用する人は電源入れてすぐにネット接続できるiPad Cellularがオススメです。

iPad ProiPad  airのCPUはMacで使われているM2チップM1チップが搭載されています。

Magic KeybordやBluetoothキーボードを持ち歩けばパソコンとしても利用できて便利。

Wi-FiモデルはCellularモデルに拡張ができないので、iPadを購入する時に使用目的を明確にしてiPad選びを行いましょう。

iPad Cellularモデルの月額料金について

iPad Cellularモデルを単独で通信させるためには通信プラン、またはキャリアの通信契約を結ぶ必要があります。

  • iPad用に通信プランを契約する
  • スマホの通信プランとシェアする

個人でiPad用の通信プランを検討するのであれば、スマホの料金プランとシェアするオプションがオススメです。

スマホの通信プランとデータ通信をシェアする

キャリアには通信プラのデータをシェアするオプションが用意されています。

スマホの通信プランでデータ無制限を契約している人はスマホの通信プランとシェアした方がお得です。

通信事業者プラン月額料金
ドコモ(eximo)データプラス1,100円
ahamoデータプラス1,100円
auデータシェア1,100円
ソフトバンクデータシェアプラス550円

スマホの料金プランをiPadとシェアする場合、大容量プランまたは、データ使い放題がオススメです。
少量プランでデータシェアをすると、すぐに速度制限がかかってしまいます。

docomo データプラス(eximo)

データプラス1,100円
データ容量上限30GB
eximo_plan
eximoの料金プラン

docomoの「eximo」はデータ使い放題なのでiPadとデータシェアしても速度制限の心配は少ないです。

データプラスの仕様でiPadは30GBまでと制限はあるものの、iPadのデータ通信量が30GBを超えてしまっても翌月になるまでスマホのテザリングで快適にデータ通信を行えます。

eximoの基本料金はドコモ光割や家族割などの割引サービスが適用されてお得な通信プランです。
割引が適用されない場合はdocomoのオンライン専用プランahamoの方がお得になる場合もあります。

データプラス ahamo

データプラス1,100円
データ容量上限30GB(ahamo大盛り)

ahamoの基本料金プラン2,970円/20GBをペア回線であるiPadとシェアします。

ahamo大盛りを追加することでペア回線であるiPadのデータ通信量は最大30GBまで通信ができます。

自宅割や家族割など割引が適用されない場合、ahamoの方がお得になるケースがあります。
仮に月のデータ通信量が20GBにみたいない時はahamo大盛りを外せば4,070円で済みます。

ahamoeximo
通常料金最大割引
基本料金2,970円7,315円4,928円
データプラス1,100円1,100円1,100円
ahamo大盛り1,980円
6,050円8,415円6,028円

ahamo大盛りを追加されたデータ容量は100GBと制限はあるものの、スマホとiPadの総データ容量が100GB以内なら最大6,050円とeximoの割引前の料金よりもお得です。

データシェア(au)

データシェア1,100円
データ容量30GB
tukaihoudaiMAX
使い放題MAX 5G/4G

auでiPadやタブレットなどサブ端末を最大5台までペア連携できるデータシェアが提供されています。

auは使い放題MAXとサブスクとのセットで、関連端末は最大60GBまで利用できます。

通信プランiPadで利用できるデータ容量
使い放題MAX 5G/4G30GB
使い放題MAX 5G/4G Netflixパック(P)60GB
使い放題MAX 5G with Amazonプライム60GB
使い放題MAX 5G/4G DAZNパック60GB
使い放題MAX 5G/4G テレビパック60GB
使い放題MAX 5G ALL STARパック60GB

使い放題MAXは自宅割や家族割などの割引サービスが適用されてお得な料金プランです。

データシェアプラス(SoftBank)

データシェアプラス550円
データ容量30GB
meirhariMuseigen
メリハリ無制限

SoftBankは通信プランでペア回線が利用できるデータ容量が変動します。

プラン名データ量
ペイトク無制限50GB
メリハリ無制限+50GB
メリハリ無制限30GB

SoftBankの無制限プランはおうち割やPayPayカードお支払い割が適用されてお得な料金プランです。

メリハリ無制限は使用データ容量が200GBを超過すると最大通信速度が4.5Mbpsに速度制限されます。

データ通信プランの種類と選び方のポイント

iPad用に通信プランを契約してネット接続する方法を紹介します。

iPadに対応した通信プランはデータ繰り越しができるMVNO(格安SIM)から通信品質はキャリアと同じオンライン専用プランがあります。

楽天モバイル

Rakuten最強プランでデータ通信専用プランが用意されています。

Rakuten最強プランと同様に基本料金が1,078円/3GBで使用したデータ量に応じて基本料金が変動していきます。

データ量月額料金
3GB(基本料金)1,078円
20GB2,178円
20GB〜3,278円
楽天モバイルのポイント
  • 使わなかった月は1,078円
  • 無制限でも3,278円だから速度制限なし
  • 2GB/月の海外ローミング込み

電波の不安定さに対する懸念があった楽天モバイルですが、「Rakuten最強プラン」の導入により、楽天モバイルのカバーエリア外でもパートナー回線であるauを利用して通信が可能になりました。

基本料金は3GBで1,078円と、どれだけ使用しても3,278円という低コスト。この料金プランはiPad用の通信プランとしても最適です。

IIJmio

データ容量SIMカードeSIM
SIMカード発行手数料443.4円
2GB740円440円/月
5GB900円660円/月
10GB1,400円1,100円/月
15GB1,730円1,430円/月
20GB1,950円1,650円/月

IIJmioにはdocomo回線を利用したデータ通信用の通信プランが用意されています。

eSIMにも対応しておりSIMカードに比べると月額料金が300円安い価格設定になっているため、eSIM対応のiPadならeSIMがオススメです。

IIJmioの特徴
  • 初期費用:3,300円、SIM発行手数料:443.4円(SIMカード)が発生する
  • 440円/2GBから用意されている
  • docomo回線
  • 時間帯で速度制限がかかる
  • 未使用データは翌月まで繰り越せる

月額料金はpovoや楽天モバイルと比較すると低価格ですが、朝や通勤時間帯などデータ通信が混み合う時間帯には速度制限がかかってしまうデメリットがあります。

povo2.0(au回線)

データ容量(有効期限)料金
24時間使い放題330円/回
1GB(7日間)390円/回
3GB(30日間)990円/回
20GB(30日間)2,700円/回
60GB(90日間)6,490円/回
150GB(180日間)12,980円/回

データ有効期限、またはデータ容量のどちらか到達した時点でデータをトッピングする料金プランです。

povo2.0を使用しない時はトッピングしなければ料金が発生しないためiPad向きのプランと言えるでしょう。

また、データ容量の有効期限が180日の大容量プランは月でトッピングするよりもお得です。

\ 好きな時に必要なだけでデータチャージ /

iPad Cellularモデル本体 どこがお得?

iPad Cellularモデルの取扱店舗をご紹介します。

iPad Pro 128GBiPad Air 64GBiPad 64GBiPad mini 64GB
Apple148,000円116,800円92,800円102,800円
Amazon148,000円116,800円92,800円102,799円
docomo166,980円130,020円106,590円116,490円
au149,710円125,910円95,650円105,710円
SoftBank167,760円131,040円104,400円116,640円
ヤマダ電気148,00円116,800円92,800円102,800円

iPadをお得に購入するなら、Amazonやヤマダ電機のようなポイント還元制度がある店舗がおすすめです。


ドコモ、au、ソフトバンクは公式価格よりも高めですが、通信会社独自のポイント利用や残価設定プログラムが利用可能です。

通信キャリア 残価設定プログラム
  • docomo:いつでもカエドキプログラム
  • au:スマホトクするプログラム
  • SoftBank:新トクするサポート

※長期間使用を検討している場合は、購入をおすすめします。

iPad Wi-Fiモデルで単独通信させたい場合

iPadのWi-FiモデルにはSIMカードスロットがないため、直接のモバイルデータ通信はできません。

しかし、外出先でインターネットを利用したい場合は、スマートフォンのテザリング機能を使用してiPadをインターネットに接続することができます。

多くのスマートフォンと通信プランはテザリングに対応しており、この機能を活用すればWi-Fiがない場所でもiPadでデータ通信が可能です。

ただし、テザリングで使用するデータ量はスマートフォンの通信プランに含まれているデータ量から消費されるので、ご注意ください。

ドコモ(60GB)、au(30GB)、ソフトバンク(30GB)のプランにはテザリングのデータ使用上限が設定されています。上限を超えそうな場合は、ポケットWi-Fiやテザリング上限がないRakuten最強プランがオススメです。

iPad Cellular モデル まとめ


外出先でiPadをよく使う人は、電源を入れたらすぐにデータ通信が可能なモバイル通信契約済みのiPad Cellularモデルがおすすめです。

iPad Cellularモデルのメリット
  • Wi-Fi接続の省略
  • テザリング設定の省略
  • セキュリティ

ホテルや公共のWi-Fiを利用する際にはセキュリティ漏洩のリスクが伴います。

特に、ビジネスや金融関連のアプリやページを使用する際は、安全なWi-Fi環境、または他の誰も接続できない個人のモバイル通信が望ましいです。

iPad Cellularモデルは端末料金とランニングコストがかかりますが、その安心感と快適さを考えれば、コストパフォーマンスは良いと言えます。

セルラーモデル接続方法
  • スマホの通信プランとデータをシェアする(docomo/au/SoftBank)
  • iPad用に通信プランを契約する

スマホの通信プランが使い放題を契約している人はデータシェアできるオプションがオススメです。

データ無制限ではない人はpovo2.0IIJmio、Rakuten最強プランなどデータ専用通信プランを推奨します。

iPadと通信プランの組み合わせ次第でポケットWi-Fiやモバイルルータを契約するよりもお得になります。

Apple(アップル)
¥304,800 (2024/01/02 10:34時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次