Apple製品

iphone14 待つべきか iPhone13の機能を比較

日本時間 2022年9月8日AM2:00にApple Eventで発表されたiPhone14

iPhone14ではminiは廃止。

代わりにサイズが大きいiPhone Plusが復活。

iPhone14,iPhone14 Pro,iPhone Pro MAXの発売日が2022年9月16日に発売。

iPhone14 Plusが2022年10月7日に販売されることが決定されました。

iPhone14 シリーズ

  • iPhone14
  • iPhone14 Plues
  • iPhone14 Pro 
  • iPhone14 MAX

※Apple販売価格

iPhone14の販売価格は、円安の影響も重なりiPhone13/128GB(11,7800円)より20,000円高い119,800円で販売。

iPhone14の発売によりiPhone13(128GB)が107,800円に値下げされております。

iPhone14が「買いなのか?」を疑問に迷われている方もいらっしゃると思います。

TIGER
結論iPhone13でもいいかな。

本記事ではiPhone14ではなく、iPhone13がおすすめな理由とiPhone13・iPhone14をお得に購入する方法をご紹介します。

バッテリーの持続力、今お使いのスマホが調子悪く近々スマホを買い替える予定であればiPhone13で十分かと考えます。

iPhone14 販売概要

本記事でiPhone14の機能、販売価格をご紹介しております。

iPhone14販売日

iPhone14 Plus以外のiPhoneは9月16日(金)に販売されます。

予約開始は全モデル2022年9月9日(金)になります。

販売日  
2022/9/16(金) iPhone14
iPhone14 Pro
iPhone14 Pro Max
2022/10/7(金) iPhone14 Plus

iPhone 14販売価格

iPhone14の販売店舗はAppleと4キャリアになります。

  Apple docomo au SoftBank 楽天モバイル
128GB 11,9800円 138,930円 140,640円 140,400円 131,800円
256GB 134,800円 161,480円 161,700円 161,280円 148,800円
512GB 164,800円 201,740円 201,925円 201,600円 181,800円
割引  - -22,000円 -22,000円 ‐21,600円 ‐22,000円

販売価格についいてはAppleが最安。

キャリアでの販売価格は機種変更、iPhone14単体販売価格になります。

iPhone14をお得に購入する方法は、他社へ乗り換える事でポイント還元、iPhone14本体から割引されます。

4大キャリアの割引方法と割引金額は本記事でも紹介しています。

※各社、他社から乗り換えで購入した場合割引適用
※楽天モバイルは、はじめての楽天モバイルへ申込で楽天ポイント最大24,000ポイントが還元されます

iPhone14 スペック 

iPhone14
ストレージ 128GB/256GB/512GB
カラー ブルー/パープル/ミッドナイト/スターライト/RED
SOS機能 緊急SOS
衝突事故検出
ディスプレイサイズ 6.1インチ/Super Retina XDRディスプレイ
カメラ 先進的なデュアルカメラシステム
12MPメイン | 超広角
オートフォーカスに対応した
TrueDepthフロントカメラ
バッテリー 最大26時間のビデオ再生
チップ A15 Bionicチップ
5コアGPU搭載
  Face ID
通信 超高速の5G携帯電話
通信

iPhone14 新機能

iPhone13からiPhone14で新機能をご紹介します。

iPhone14 ボディ、ガラス素材変更

iPhoneのフレーム素材がアルミニウム製になりディスプレイがセラミックシールドガラスと耐久性が向上。

iPhoneにカバー、ガラスにフィルムを貼り付けてしまえば、iPhone13と差別化するには必要のないアップデートです。

衝突事故検出機能

iPhone13までは緊急SOS機能が搭載されていましたがiPhone14には衝突事故検出」機能が搭載。

iPhone14が下記の情報を検知したら自動で登録されている緊急連絡先に通報します。

衝突事故検出機能

  • 速度の急激な変化
  • 方向の急激な変化
  • 衝突実験データ
  • 車内の気圧変化
  • 衝突時の大きな音
  • 過去の事故データ
TIGER
自動車を運転しない人には活用できない機能かな

iPhone14 バッテリー

 

  iPhone14 iPhone13
バッテリー容量 3279mAh 3240mAh
ビデオ再生 最大20時間 最大19時間

iPhone13のビデオ再生最大時間が19時間からiPhone14ではビデオ再生最大時間は20時間に向上。

バッテリーの容量から計算すると1%程度の容量アップになります。

バッテリー増量値で表すと39mAh程。

バッテリー性能が向上したと体感できるレベルではないかと感じます。

iPhone14 カメラ性能

iPhone14では新たな画像処理Photonic Engineを採用。

画像の明るさ調整や夜でも被写体が綺麗に映し出される技術を採用。

インカメラもオートフォーカスに対応。

iPhone14 iPhone13
デュアル12MPカメラシステム(メイン、超広角) デュアル12MPカメラシステム(メイン、超広角)
メイン:ƒ/1.5絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
メイン:ƒ/1.6絞り値
超広角:ƒ/2.4絞り値
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
2倍の光学ズームアウト
最大5倍のデジタルズーム
True Toneフラッシュ True Toneフラッシュとスローシンクロ
Photonic Engine -
写真のスマートHDR 4 写真のスマートHDR 4
進化したボケ効果と深度コントロールが使える

ポートレートモード
進化したボケ効果と深度コントロールが使える

ポートレートモード

6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

6つのエフェクトを備えたポートレートライティング(自然光、スタジオ照明、輪郭強調照明、ステージ照明、ステージ照明(モノ)、ハイキー照明(モノ))

ナイトモード ナイトモード
フォトグラフスタイル フォトグラフスタイル

iPhone14の公式サイトを確認すると被写体の明るさを調整する機能が向上したと記載されています。

動画撮影も手ブレ補正機能が向上、カメラに人物が映し出されると人物の顔を判別する機能も搭載されています。

iPhone14 A15 Bionicチップ搭載

iPhone14に搭載されているA15 Bionicチップ

iPhone13でも同じA15 Bionicチップを搭載していますがGPUのコア数に違いがあります。

iPhone14に搭載さているA15 Bionic チップはGPUが5コア。

GPUはゲームやオンラインゲームで映像に影響されます。

iPhoneでをゲームをプレイしない人にはiPhone13で十分。

衛星通信機能

圏外エリアでも衛星を通じてメッセージが送れる機能が追加されました。

登山や海上で電波が届かないエリアでもiPhoneを空にかざすだけでSOSメッセージが送れれ機能が搭載。

日本では衛星サービスの提供のは未定になっていますがアメリカ、カナダと順次世界に展開していく予定になっています。

iPhone14 他社への乗り換えがお得

iPhone14をお得に購入する方法は、通信会社の乗り換えでiPhone本体価格から22,000円程度の割引が適用されます。

通信会社は長期契約していても1年に3,000ポイント程度のポイントしか還元されないため定期的に通信会社への乗り換えをオススメします。

通信会社を乗り換えても通信品質やランニングコストもほとんど変わりません。

  Apple docomo au SoftBank 楽天モバイル
128GB 11,9800円 138,930円 140,640円 140,400円 131,800円
256GB 134,800円 161,480円 161,700円 161,280円 148,800円
512GB 164,800円 201,740円 201,925円 201,600円 181,800円
割引  - -22,000円 -22,000円 ‐21,600円 ‐19,000円

通常販売価格ではAppleが一番低価格になります。

乗り換え特典を利用した場合

  Apple docomo au SoftBank 楽天モバイル
128GB 11,9800円 116,930円 118,640円 118,800円 112,800円
256GB 134,800円 139,480円 139,700円 139,680円 129,800円
512GB 164,800円 179,740円 188,925円 180,000円 162,800円

他社への乗り換えを利用した場合の実質購入金額は、楽天モバイルが一番コスパ良くiPhoneを購入することができます。

iPhone13も他社から乗り換えでiPhone14と同様の割引が適用されます。

楽天モバイルは楽天ポイント還元になります。

docomo

  通常販売価格 割引適用価格
割引額 - -22,000円
128GB 138,930円 116,930円
256GB 161,480円 139,480円
512GB 201,740円 179,740円

\新規申込・他社から乗り換えでiPhone14が22,000円割引/

docomoオンラインショップ こちら

※docomoに乗り換え後、ahamoに変更も可能

au

  通常販売価格 割引適用価格
割引額 - -22,000円
128GB 140,640円 118,640円
256GB 161,700円 139,700円
512GB 201,925円 188,925円

割引条件

  • 新規申込・他社からauへの乗り換え
  • auオンラインショップで申し込み

サブブランドのUQモバイル、オンライン専用プランのpovo2.0からauに乗り換えても割引対象になります。

\新規申込・他社から乗り換えでiPhone14が22,000円割引/

auオンラインショップ こちら

※UQモバイル、povo2.0からの申し込みも対象

ソフトバンク

  通常販売価格 割引適用価格
割引額 - -21,600円
128GB 140,400円 118,800円
256GB 161,280円 139,680円
512GB 201,600円 180,000円

ソフトバンクは他社からの乗り換えと条件を満たすとiPhone14本体代金から21,600円割引されます。

割引条件

  • 他社からソフトバンクへの乗り換え
  • ソフトバンクオンラインで申し込み
  • 料金プラン「メリハリ無制限」に加入

\他社から乗り換えでiPhone14が21,600円割引/

ソフトバンクオンラインショップ こちら

※ソフトバンクオンライン申し込み 限定

楽天モバイル

  通常販売価格 割引適用価格
割引額 - -19,000円
128GB 131,800円 112,800円
256GB 148,800円 129,800円
512GB 181,800円 162,800円

楽天モバイルと合わせての申し込みで楽天ポイント最大24,000ポイントが還元されます。

iPhoneアップグレードプログラムは推奨しないため楽天モバイルの割引ポイントは19,000ポイントで案内します。

初めて楽天モバイル申し込み iPhone14購入 iPhoneアップグレードプログラム
3,000ポイント 16,000ポイント 5,000ポイント

注意

iPhoneアップグレードプログラムは、48回払い内の24ヶ月目以降に楽天モバイルでiPhoneを入れ替えた場合、残債を支払うが免除されるプログラムになります。

iPhoneアップグレードプログラムを利用すると所有権は楽天モバイル側にある為、下取り等に出すことはできません。

リセールバリューが高いiPhoneは次回、機種変の時にメルカリ等に出品した方が高く落札されます。

iPhoneアップグレードプログラムの利用はオススメしません。

\iPhone13・iPhone14割引対象/

楽天モバイル 公式サイトはこちら

※割引適用後価格最安

iPhone14 急いで買い替える必要はなし

iPhone13から大幅な機能追加、デザイン変更等は見られません。

iPhone14を購入すべきか迷われている方は見送るべきと考えます。

今使っているiPhoneが不具合やバッテリーが持続しない場合はiPhone13を選択肢の一つとして見ても良いかもしれません。

iPhone14が発表されてiPhone13の販売価格も値下げされております。

  iPhone14 iPhone13
128GB 119,800円 107,800円
256GB 134,800円 122,800円
512GB 164,800円 152,800円

※Apple販売価格

通信会社を乗り換えと合わせてiPhoneを購入すればiPhone本体代金が割引されるキャンペーンも開催しています。

通信各社の公式ページを確認して見てください。

-Apple製品