RORRY モバイルバッテリー 4in1 Apple Watch携帯用充電にオススメ

Apple Watchを使っていると1日しか持続しないバッテリーに悩まされます。

Apple Watch純正のUSBケーブルは外出するたびに取り外すのは面倒です。

今回紹介する「RORRY ワイヤレス充電器 4in1 モバイルバッテリー」はApple Watchのみならず、iPhoneとAirpods、Apple Watchを同時に充電してくれる充電器です。

RORRY 4in1ワイヤレス充電器の特徴
  • 3デバイス同時に充電できる
  • Magsafe部はモバイルバッテリー
  • 本体は折りたたみ式で持ち運びに便利

本記事はRORRY ワイヤレス充電器 4in1 モバイルバッテリーについて特徴と使用したデメリットをご紹介します。

目次

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器 magsafe モバイルバッテリー について

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器 magsafe対応 モバイルバッテリーの特徴についてご紹介します。

参考販売価格6,999円
電源接続USB TYPE-C
モバイルバッテリー容量5,000mah
最大出力15W
総重量272g
本体サイズ148*77*33
モバイルバッテリー110*68*17

モバイルバッテリーがフル充電の状態でiPhone1回分の充電容量になっています。

付属品
  • RORRY 4in1 ワイヤレス充電器
  • USB TYPE-Cケーブル
  • 説明書

ACアダプタは付属していません。
20W以上のACアダプタをご使用ください。

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器 MAGSAFE 外装

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器は本体とモバイルバッテリーから構成されています。

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器に本体をセットしてモバイル充電器にiPhoneをセットして充電する形です。

総重量は272g

モバイルバッテリーは158g 本体は114g

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器 magsafeの特徴について

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器 magsafe モバイルバッテリーを実際に使用した感想をご紹介します。

Apple Watchを持っているなら買いだね!

Apple Watchの充電器や充電ケーブルを持ち歩くのは面倒ですよね。

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器1台ならApple WatchとiPhoneのバッテリーを管理できます。

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器の特徴
  • 1台で4つのデバイスを同時充電
  • Magsafe部は取り外してモバイルバッテリーになる
  • モバイルバッテリーでもiPhoneApple Watch同時充電が可能
  • 本体部は折りたたみができてバックにも収納可能

1台で4つのデバイスを同時充電

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器 は同時に4台のデバイスを充電できます。

対応デバイス
  • iPhone(Magsafe)
  • Apple Watch
  • AirPods(Qi)
  • モバイルバッテリー

モバイルバッテリーを充電しながらiPhoneも充電できます。

iPhoneとApple Watch ワイヤレスイヤホンを充電

画像では充電しているイメージです

外出する前にフル充電にならなくても取り外して充電しながらiPhoneを持ち運べるね。

Magsafe部は取り外してモバイルバッテリーもなります。

また、Apple WatchもROORYモバイルバッテリーにバンドに巻いておけば充電も可能です。

Apple Watch充電部の磁力は弱く逆さまにすると落ちてしまいます。

Apple Watchの充電部のマグネットが弱いため、充電部に貼り付けただけでは外れてしまいます。

モバイルバッテリーもiPhoneとApple Watch同時充電が可能

1台の充電器で4つのデバイスを同時に充電できます。

対応デバイス
  • iPhone
  • Apple Watch
  • AirPods
  • モバイルバッテリー(付属のバッテリーのみ)

Magsafe部にQi対応のAirPodsやワイヤレスイヤホンを置いても充電できます。

また、RORRY本体裏に配置されているAirPodsを充電するエリアはMagsafe対応のiPhoneを置いても充電できます。

4つのケーブルで充電していたiPhone関連製品が、1台のRORRYのワイヤレス充電器に集約されます。

ケーブルだらけのデスクもRORRYの充電器でスマートになるね。

モバイルバッテリー USB充電にも対応

RORRY モバイルバッテリーはUSB-Cポートからの充電と給電にも対応しています。

外出先でモバイルバッテリーの充電が切れてもUSBケーブルをコンセントに接続すれば充電ができます。

モバイルバッテリーのUSBポートから充電もできます

また、モバイルバッテリーのUSB-Cケーブルからも充電が可能です。

本体部は折りたたみができてバックにも収納可能

【新モデル 4in1】RORRY ワイヤレス充電器は本体が折りたたみ式で33mmまでバッグにも収納できるサイズ感。

RORRY4in1 ワイヤレス充電器があれば1個の充電器でモバイルバッテリーと合わせて4つ充電できるから効率的!

RORRYには折りたたみができなない4in1ワイヤレス充電器が販売されています。
外出先でも使いたい方は【新モデル 4in1】を選択してくだささい。

旧タイプの4in1ワイヤレス充電器

折りたたみ式 4in1ワイヤレス充電器

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器  使って分かった欠点

RORRY 4in1はApple Watchを使用している人にとっては利便性が高い充電器です。

実際に使用して感じたデメリットwご紹介します。

モバイルバッテリーの重量感がある

モバイルバッテリーに厚みがあり重量感があります。

Ankerのモバイルバッテリーと比較

Magsafe充電しながら長時間の片手操作は重くて、厚みがあり男性でも負担がかかります。

Ankerのmagsafeモバイルバッテリーと8gしか変わりありませんが厚みがある分重く感じます。

充電をしながらスマホの操作はスマホのバッテリーにも負担がかかるため、極力充電中にスマホの操作は控えましょう。

5,000mAhでは物足りない

RORRY 4in1のモバイルバッテリーのバッテリー容量は5,000mAhです。

5,000mAhはバッテリー残量0の状態からフル充電して空になる容量です。

Apple WatchとiPhoneを合わせて充電すると、どちらもフル充電にならずRORRYのモバイルバッテリーが切れてしまいます。

外出先でiPhoneを頻繁に利用される方は電源アダプターを合わせて持ち歩くことをお勧めします。

モバイルバッテリースタンドが不安定

RORRY 4 in1モバイルバッテリーのスタンドは不安定です。

スタンドは45°程しか手前に引っ張れずApple WatchとiPhoneを充電しながらiPhoneを操作すると倒れてしまいます。

モバイルバッテリーで充電中はモバイルスタンドで立てながらの操作は避けてましょう。

RORRY 4in1 ワイヤレス充電器 Apple Watchを持っているなら買い

RORRY 4in1ワイヤレス充電器の特徴
  • 3デバイス同時に充電できる
  • Magsafe部はモバイルバッテリー
  • 本体は折りたたみ式で持ち運びに便利

Apple Watchを使用しているなら抱えるバッテリーの持続時間。

RORRY4in1ワイヤレス充電器でApple WatchやiPhoneの充電ををカバーしてくれます。

帰宅したらiPhoneとモバイルバッテリーを合わせて、4in1ワイヤレス充電器本体にセットすれば翌朝にはフル充電になっています。

Apple Watchの充電器を探しているならiPhoneとAirPodsも同時に充電できるRORRY 4in1ワイヤレス充電器を選んでみてはいかがでしょうか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次