パソコン

Lenovo Legion 760 ゲーミングノートPC レビュー【Ryzen9】

TIGER
ゲーミングPCと普通のノートPCの違いは?
繊細な動きをするオンラインゲームや長時間の映像を処理するには高機能なパソコンが必要だよ
アニキ
具体的にスタンダードPCとゲーミングPCのスペック比較
アニキ
  スタンダードPC ゲーミングPC
CPU Core i3 or Ryzen3など Ryzen5 or Core i5
GPU CPU内蔵 グラフィックボード
メモリ 4GB〜 8GB〜
電源 60W~ 300W~
排熱  ファンレス〜ミニファン 高性能ファン

オンラインゲームや動画編集目的でパソコン購入を検討しているな高性能ゲーミングPCが必須。

高瀬雨のノートPCの中でもさらにハイスペックなゲーミングノートPCををご紹介します。

Lenovo Legion760

ゲーミングノートPCで処理能力が高いCPU、GPUを搭載。

TIGER
車で例えるとターボエンジンを搭載している車だね

重量感があり持ち運びには不向きなサイズになりますが、自宅中心に作業するならオススメゲーミングPCになります。

本記事ではハイスペックでコスパがいいゲーミングノートPCの購入を検討している方にオススメしたいLenovo Legion 760の特徴と気になる点をご紹介します。

\ゲーム映像とリアル映像の区別が付かない程の滑らかさ/

Lenovo 公式サイトはこちら

※動画編集、ゲームもサクサク動作 作業時間も短縮

Lenovo Legion 760について

Lenovo Legion760 はゲーミングPCに特化したノートパソコン。

今回紹介するLegion 760のCPUはRyzen9が搭載。

Ryzen9はRyzenシリーズの中で最もハイスペックなCPUになります。

Lenovo Legion 760 
CPU AMD Ryzen7 5800H(3.20Ghz 最大4.40Ghz) AMD Ryzen7 5900H(3.30Ghz 最大4.60Ghz)
OS Win11 Home 64Bit
ディスプレイ 16.0" WQXGA IPS 光沢なし LEDバックライト HDR400 165Hz AMD FreeSyncテクノロジー NVIDIA G-SYNC
メモリ 16GB 32GB
ストレージ 1 TB SSD, M.2 PCIe-NVMe
標準保証 1年間 Legion Ultimate Support
バッテリー 4 セル リチウムイオンポリマーバッテリー
Bluetooth Bluetooth®
内蔵カメラ 720p HDカメラ (電子式プライバシーシャッター付)
キーボード RGB バックライト付 - 日本語
ポインティングデバイス タッチパッド
ワイヤレス Killer Wireless-AX 1650
価格 240,632円〜 322,436円〜

Ryzen は複数処理に優れており、Intelは単一処理に優れています。

Legion Legion 760 デザイン

Legion 760はディスプレイサイズ16インチとノートPCとしは大きめなディスプレイ。

16インチサイズの中に高機能なパーツ圧縮したノートPCになります。

  Legion 760 HP 16-c0161AX 
CPU AMD Ryzen™ 7 5800H AMD Ryzen 7 5800H
ディスプレイ 16.0" WQXGA IPS(165Hz)  16.1インチワイド・フルHD非光沢・IPS (144Hz)
メモリ 16 GB(2 x 8 GB SODIMM) 16GB (8GB×2)
ストレージ 1 TB SSD, M.2 PCIe-NVMe 512GB SSD (PCIe Gen3×4 NVMe M.2)
GPU NVIDIA® GeForce® RTX™ 3070 NVIDIA GeForce RTX 3070 Laptop グラフィックス
価格 238,196円 267,300円
  詳しくはコチラ 詳しくはコチラ

同スペックのゲーミングノートPCとLegion760を比較するとLegion760の方が20,000円以上安くストレージ1TBと高スペックで販売価格もお得になっています。

Legion 760の特徴

  • CPU:AMD Ryzen™ 7 5800H (3.20 GHz 最大 4.40 GHz)
  • NVIDIA® GeForce® RTX™ 3070 Laptop GPU 8GB GDDR6
  • ディスプレイ:16.0" WQXGA IPS 光沢なし LEDバックライト HDR400 165Hz AMD FreeSyncテクノロジー NVIDIA G-SYNC
TIGER
専門用語を並べられても分からない…
車に例えると排気量が大きいエンジンを搭載されているイメージ
アニキ
LEGION Close

表面はチタン素材のストームグレー

Legionのディスプレイ裏のカバーはチタン素材。

高級感が漂うボディの反面、手垢が付きやすい素材になっています

LEGION_Dis

16インチの大画面

横幅15.6インチと同じ。奥行きが15.6インチよりも深くなっています。

Right_LEGINO

正面向かって右側



インカメラ OPEN/CLOSE切り替え
USB TYPE-C

インカメラスイッチはソフト的にカメラのON/OFFを切り替えてくれます。

Legino_Left

正面向かって右側

USB TYPE-C
イヤホンジャック
LEGINO_URA

後方部より撮影

LANポート
USB TYPE-C
USB TYPE-A
USB TYPE-A
HDMIポート
USB TYPE-A
電源ケーブル

ゲーミングノートPCだけあってポートが豊富。

Lenovo LEGINO 760 動作は快適

LEGION_LED

ゲーミングノートPC独特のLED

 スタンダードPC(Lenovo/Yoga C740)とゲーミングPC(Lenovo/LEGION 760)のベンチマークを「FINAL FANTASY XV」で比較測定。

参考までにLenovo YOGA C740(GPU GPU内蔵型)でベンチマークを測定

  • YOGA BenchiMARKスコア:611
  • 評価:動作困難

映像はカクカクとしてゲームとして成り立たないレベルです。

TIGER
今までYOGA C740を使って不自由さは感じなかったけどゲームとして機能しなかった

参考までにLenovo LEGION 760でベンチマークを測定

LEGION760ベンチマーク

  • スコア:9894
  • 評価:とても快適

全くストレスのないレベルです

TIGER
キャラクターの動きは滑らかで実写を見ている映像

WQXGA IPS液晶 滑らかで繊細な映像を再現

Legion 760のディスプレイは16インチのWQXGA IPS液晶。

映像もきめ細やかに映し出され滑らかな動きを表現。

ベンチマークを測定していて一度も引っかかる箇所はありません。

ベンチマークも「すごく快適」と操作的に問題はありません。

臨場感あるサウンド

Legino 760の本体底部には、放熱を促進する為にカバーが網目にになっています。

底部手前側左右に2.0Wのスピーカーが2機。

スピーカーは底部に装備されている為、テーブルに音が反射し臨場感あるサウンドを楽しむことができます。

チタン製 キーボード

キーボードの素材はチタン製でキーストローク(キータッチの深さ)は浅め。

デスクトップ用のキーボードに慣れている人は、感触が軽く物足りなさを感じるかもしれません。

TIGER
慣れれば軽いタッチでタイピングできて楽だよ

軽いタイピングに慣れない人は外付けキーボードの導入して見てはいかがでしょうか。

Legino LEDキーボード

暗い場所でも文字配置がわかるイルミネーション幻想的。

Lenovo VantageでLegion 760の設定

Lenovo VantageアプリよりLegion 760の詳細設定をする事が可能。

Lenovo Vantageでできる事

  • マクロキー設定
  • オーディオ設定
  • イルメーション設定
  • サーマルモード設定

サーマルモード

  • パーフォーマンスモード
  • バランスモード
  • 静音モード

サーマルモードはLegionの使用用途に応じて、最適なパーフォマンスを発揮できる環境へ切り替える設定になります。

一瞬の動作が命取りになるゲームでは「パフォーマスモード」。

外出先でバッテリーの消耗を抑えたい時には「節約モード」など、用途に合わせたモードを選択できます。

パーフォマンスモードは、Legion本体の発熱が激しく、バッテリー消耗が激しくなります。

ゲームや動画編集を行う時には、パーフォーマンスモードで処理性能を向上。

ネットブラウジングや表計算する時は、「静音モード」や「バランスモード」でファンの可動、CPUの処理を制御してバッテリー消費や発熱を抑えることができます。

インターフェイスが充実

Legion 760はインターフェイスポートが豊富。

スリム型ノートPCはUSB TYPE-C * 2ポート USB TYPE-A * 2ポートとインターフェースが最低限のノートPCが目立ちます。

LegionはデスクトップPC並みに多くのインターフェイスが装備されています。

左右のUSB TYPE-C以外のポートは後部に配置されており、パソコン本体左右の障害にならない設計に作られています。

USB TYPE-C 2
USB TYPE-A 3
HDMIポート 1
イヤホンジャック 1
LANポート 1

ゲームのコントローラーや動画編集ソフトを保存する為の外部ストレージも直接、Legion本体に挿入する事が可能。

Legion LEGION 760 気になる点

ココがダメ

  • ファンの音が気になる
  • アダプタ併せると総重量3Kg

ファンの音が気になる

5分程、ベンチマークを測定するだけでファンがフル回転、

パソコン本体に熱が篭りチタン素材のキーボードに熱が伝わり熱さを感じます。

気温が高い場所でゲームや動画編集など、パソコンに負荷がかかる作業をすると「大丈夫?」って思うくらいにファンがフル回転します。

ファンがフル回転しても問題はありませんが動作が鈍くなります。

ファンの音が気になり出したらパソコンを休ませたり、涼しい環境で作業を行なって見てください。

ファンやCPUに負荷がかかると部品の稼働率も上がる為、故障のリスクも上がります。

LEGION 760の購入を検討している方は合わせて、保守の加入もオススメします。

総重量3Kg 持ち運びサイズには不向き

yoga,Legion比較

上部、YOGA/C740(15)下部、LEGION 760

Legion Legion 760 本体の重量は約2.5Kg、ACアダプタが590gと合計3Kg以上の重量。

スリム型YOGA C740と比較すると厚さ、奥行きの違いが明確。

僕がメインで使用しているYOGA C740(2Kg)もバッグに入れて長時間持ち運んでいると負担に感じます。

LEGION 760は持ち運び用としてオススメできるサイズではありません。

ゲーミングノートPCの購入を検討している方はLEGION Slim750iコンパクトで持ち運びにも便利なサイズになっています。

バッテリーは内臓のため交換はカスタマサポート

Legino 760のバッテリーは内臓型のため、バッテリー交換はカスタマサポートへ交換依頼になります。

ノートPCのバッテリーはACアダプターに接常時接続ているとバッテリーの寿命が短くなります。

パソコンを使用している時は電源ケーブルを外し、使用していない時に充電。

充電がフルになったら電源ケーブルを外しておく事がバッテリーの寿命を長く持たせるコツになります。

\ゲーム映像とリアル映像の区別が付かない程の滑らかさ/

Lenovo 公式サイトはこちら

※動画編集、ゲームもサクサク動作 作業時間も短縮

Lenovo Legion 760 レビューまとめ

ゲーミングノートPCとしてはハイスペックなLegion 760。

ノートPCとしては重量感があり、持ち運びには不向きなサイズになりますがノートPCバッグに収納できるサイズ感。

主に自宅で使用するには、デスクトップ感覚としても活躍してくれるゲーミングノートPCになります。

ノートPCとしてはインターフェイスが豊富で、HDMIケーブルとモニターを接続すれば2画面のデュアルモニターとして作業効率も向上。

USBポートにゲーム、動画編集のコントローラーを接続しても余裕があるインターフェイスになっています。

持ち運びも検討しているなら、Lenovo Legion 760よりは、スリムなゲーミングノートPCLEGION Slim750iがオススメになります。

スペック重視か携帯性重視かで検討してみてはいかがでしょうか。

デスクトップPCとノートPCを2台持ちの方は、Legion 760 1台に集約しても十分に活躍してくれるゲーミングノートPCです

\ゲーム映像とリアル映像の区別が付かない程の滑らかさ/

Lenovo 公式サイトはこちら

※動画編集、ゲームもサクサク動作 作業時間も短縮

 

-パソコン
-, , , , , , , , , ,