パソコン

【ロジクール】ERGO M575 トラックボールマウス 設定からレビューまで解説

オススメ度:

毎日8時間以上パソコン作業しているパソコンパワーユーザーの悩みは肩コリや背中の張り、手首などの疲れ。

毎日のパソコン作業の負担を軽減したいですね。

今回、logicool様からご提供いただいた「ERGO M575が肩や手首に負担がかからない。」エルゴノミックマウスとしてご紹介いたします。

ERGO M575を使用して1週間が経った使用感は、ライティングを中心にした文字入力を中心に作業する人にはオススメできるマウス。

繰り返し【コピー&ペースト】、【画像の範囲選択】するクリエイティブな使い方をする人にはトラックボールマウスは不向き。

画像、動画編集が中心なクリエイティブな使い方は【logicool】MX MASTERがオススメです。

今回はLogicool様より同じERGOシリーズのキーボードERGO K860も合わせてご提供いただきました。

ERGO K860のレビューはロジクール ERGO K860 キーボード 長時間のタイピングでもリラックスで紹介しています。

【Logicool】ERGOシリーズのキーボードとマウスを導入してからは、指や手首に余計な力を入れずに文字入力、マウス操作ができるので手首や肩への負担が軽減。

当記事はLogicool ERGO M575、トラックボールマウスのレビュー記事と設定を解説しています。

2022年5月18日に発売されるエルゴノミックマウス M800もM575と同じエルゴノミック設計。

光学式マウスの方はLFT M800もチェックしてみてください。

ERGO M575ココがポイント

  • 4,990円とコスパの良さ
  • 2年間の長期保証
  • 長時間使用していても疲れにくい設計
  • Logicoolキーボードとの連携で作業効率UPできるFLOW機能
  • カスタマイズできる3つのボタン

Logicool M575 トラックボールマウス概要

価格.comのマウス部門で上位を占めているLogicoolのマウス。

Logicoolの人気マウスの中でも人気マウス総合1位が今回紹介するERGO M575。

ERGO M575は人間工学に基づいて設計されたデバイス。

長時間使用してもM575を手に添えた感覚が自然にいられるように設計されています。

実際のM575の使用感はマウスを握ることはなく上から添えて余計な力を入れずに操作することができます。

販売参考価格 4,990円~
高さ*幅*奥行 134mm*100m*48mm
重さ 145g
接続方式 Bluetooth&Unifying USBレシーバー(ワイヤレス)
ボタン数 5個
バッテリー 単三電池
電池寿命:Bluetooth/Unifying USBレシーバー 20ヶ月/24ヶ月
ペアリング台数 2台
カラー グラファイト:M575GR
オフホワイト:M575W
ブラック:M575S

ERGO M575同梱物

ERGO M575同梱品

 

  • ERGO M575本体
  • Unifyingレシーバー
  • 保証書

同梱内容ERGO M575本体とUnifyingレシーバー、保証書とシンプル。

ペアリング方法はERGO M575本体を覆っている梱包材に記載。

電池とUnifying USBレシーバー(ワイヤレス)はM575に挿入済み。

バッテリー部にUnifying USBレシーバー(ワイヤレス)が収納してあります。

ERGO M575 外観デザイン

外観デザインは通常のマウスと比較してボール分幅広いサイズ。

横から見るとボールとページ送りボタンとページ戻るボタンが配置。

ボタンはLogicool製品を管理するアプリLogi Optionsでカスタマイズが可能。

光学式マウスと比較するとマウスの曲線がなだらかなデザイン。

裏には電源ボタンとペアリングボタンが配置されています。

トラックボールマウスなので底部にはズレないように滑り止めのゴムが設置されています。

ERGO M575サイズ感

M575のサイズ感は光学式マウスと比較すると持ち運びには大きいサイズ。

iPhoen11とLogicoolのMX MASTER3、M590を比較するとM575の大きさを比較するとサイズ感が分かりやすい。

高さMX MASTER3のより低い設計。

ERGO M575は長さと幅が広く高さが浅くマウスに手を添える感覚のデザイン。

メインにLogicoolのMX MASTER3を使用していましたが持ち運びに不便なのでコンパクトサイズのM590を購入。

ERGO M575は自宅や職場など固定の場所使用向けマウス。

ERGO M575 ボタン配置

  ボタン名 デフォルト操作設定 カスタマイズ
左クリック 選択・確定 ×
右クリック プロパディ ×
ジェスチャーボタン なし
スクロールホイール ページスクロール ×
進むボタン ページ送り
戻るボタン ページ戻り
ボール カーソル移動 ×

EROGO M575初期設定準備

ERGO M575の初期設定を解説します。

ERGO M575を初期設定はUnifying接続、Bluetooth接続共にパソコン側の設定画面からペアリング接続をすることは可能ですがLogicool Optionからのペアリングがオススメです。

Logi Optionsとは?

Logicool製品の動作をカスタマイズ、複数のデバイス間とLocigool製品を連携させるFLOW機能の設定をするソフト。

ERGO 575についてはFLOW機能が未対応のためERGO M575のカスタマイズで使用します。

Logicool Optionsについて

Logicool製品をLogi Optionsに登録するとLogicool製品が一括管理、要録された機器が表示されます。

TIGER
自分のパソコンに登録しているLogicool製品が一眼でわかるLogicool Options

Logi Optionsでボタンの動作、スクロールのカスタマイズが可能。

Logi Optionsのインストール・ペアリング準備

Logi OptionsはLogicool公式サイトよりダウンロードが可能。

Logicool Optionsの指示にそってインストールを完了させます。

ダウンロードが完了してLogicool Optionsを立ち上げるとLogicool Optionsの画面が立ち上がります。


  • デバイスの追加/削除を選択

    画像は既にLogi OptionsにLogicool製品を登録しているので表示されています。

    初期状態は何も表示されていません。


  • Bluetooth・Unifyingを選択

    Unifyingレシーバーは左の①アプリを開く、Bluetoothは右の②BT設定を開くを選択。

    真ん中のUnifyingレシーバーとBoltレシーバーは似ていますが別規格。

    ERGO M575はUnifyingレシーバーになります。



Unifying接続

Unifying接続はUSB Type-A対応のデバイスのみ対応。

MacBookについてはUSB-HUBを使用すればUnifying接続に対応可能。





  • Unifyingデバイスの追加を選択

    Unifyingデバイスの追加/削除の【アプリを開く】を選択するとロジクールUnifyingソフトウェアが起動

    次へ』をクリック


  • UnifyingレシーバーをUSBポートに挿入


  • ERGOM575の電源をOFF/ON

    複数の端末に対応しているマウスを登録するときは、マウスの電源を切るときにペアリングをしたいチャンネルにLEDを合わせてから電源OFF/ON。

    Unifying登録対応が1台のみのマウスは白いLEDに切り替えてから電源OFF/ON。


  • 接続確認が成功すると確認画面が表示・完了

    マウスが検出されると検出確認画面が表示

    ポインタの動きを確認して完了ボタンを押す。

    Unifying接続が完了


  • Logicool Optionsに登録完了

    ペアリング完了


  • Unifyingデバイスの追加を選択

    Unifyingデバイスの追加/削除の【アプリを開く】を選択するとロジクールUnifyingソフトウェアが起動

    次へ』をクリック


  • UnifyingレシーバーをUSBポートに挿入

    下記画像はMacのUSBポートが不足しているためUSB-HUBにUnifyingレシーバーを挿入


  • ペアリングする電源をOFF/ON

    今回はERGO M575をペアリング

    電源をOFF/ONにする

    ペアリングがうまくいかない人はペアリングボタンを押してLEDを白に切り替えを試して見てください。


  • 接続確認が成功すると確認画面が表示・完了

    マウスが検出されると検出確認画面が表示

    Unifying接続の登録が完了


  • Logi Optionsに登録完了

    ペアリング完了


ポインタの動き、クリック、ホイールの動きを確認してペアリング完了。

Bluetooth接続設定







  • step.1

    Windows M575の設定

    登録したいチャンネルのLEDを表示させペアリングボタンを長押し。

    ゆっくりとした点滅から早い点滅に変わったらペアリング待機状態


  • step.2

    Windowsスタートボタンから

    【設定】→【デバイス】→【Bluetooth】→【ERGO M575】を選択


  • step.3

    ペアリングが成功すると速い点滅から点灯へ

MacはLogi Optionsアプリのセキュリティ許可が必要になります。

【システム環境設定】→【セキュリティとプライバシー】→プライバシー】→【アクセビシリティ】

【Logi Options】【Logi Options Daemon】にチェックを入れる必要があります。


  • step.1

    Mac M575の設定

    登録したいチャンネルのLEDを表示させペアリングボタンを長押し。

    ゆっくりとした点滅から早い点滅に変わったらペアリング待機状態


  • step.2

    【Mac上部メニューからBluetoothを選択】→【Bluetooth環境設定】

    Bluetooth設定下部にM585/590が表示されたら接続を選択


  • step.3

    ペアリングが成功すると速い点滅から点灯へ

Android M575の設定

登録したいチャンネルのLEDを表示させペアリングボタンを長押し。

ゆっくりとした点滅から早い点滅に変わったらペアリング待機状態

[/st-timeline-list]

  • step.2

    【設定】→【Bluetooth】→【利用可能なデバイスを選択】→Androidスマホの画面にマウスカーソルが表示


  • step.3

    ペアリングが成功すると速い点滅から点灯へ

  • [/st-timeline]


    • step.1

       iPhone/iPadの設定

      登録したいチャンネルのLEDを表示させペアリングボタンを長押し。

      ゆっくりとした点滅から早い点滅に変わったらペアリング待機状態


    • step.2

      【設定】→【Bluetooth】→【Bluetooth】→【ERGO M575】を選択


    • step.3

      ペアリングが成功すると速い点滅から点灯へ

    • step.4

      iPhone/iPadにマウスのカーソルを表示させる設定。

      iPhone/iPadはマウスをペアリングしただけではマウスで操作することはできません。

      iPhone/iPadのAssistiveTouch】をONにしてあげる設定が必要になります。


    ポインタの動き、クリック、ホイールの動きを確認してペアリング完了。

    EROGO M575レビュー 使ってわかったメリット

    マウスの上から自然と手を添えて親指でボールを操作するだけとリラックスした状態で操作できるERGO M575。

    クリックも人差し指と中指にかかるクリックボタンをちょっとタッチするだけど最低限の力で操作ができるトラックマウスといった印象。

    M575握った感触 

    光学式マウスを握った感触を例えるならテニスボールを握る感覚。

    ERGO M575はサッカーボールの上から手を添える感覚に感じます。

    光学式マウスと違って固定されたマウスを操作するから余計な力を入れずに操作する事ができます。

    ERGO M575操作性

    指の中で一番器用な親指。

    器用な親指を使ってのボール操作だから細やかなポインタ移動も可能。

    ボールの回転具合も引っかかる事なくポインタの移動もスムーズに操作する事ができます。

    ERGO M575に限ったことではありませんがトラックボールマウスは、イラストや動画編集といった細かい作業には不向き。

    TIGER
    左クリックを押しながらのボール操作はムズイ!

    表計算や文章作成ソフト、インターネットの閲覧ならERGO M575でスムーズに操作ができます。

    ゲーミングチェアなど肘掛けとデスクの高さを揃えられる椅子でERGO M575を操作すれば、腕をほぼ動かさなくて済みます。

    デスクからマウスを落とすリスクが減少

    ワイヤレス光学式マウスを使っていて机からマウスを落とした経験はありませんか?

    光学式マウスはスライド動作を円滑にさせるため底面が滑りやすい設計に造られています。

    ちょっとマウスに触れると勢いよく机から滑り落ちます。

    ERGO M575はトラックボールマウスなので固定位置での操作。

    底面に滑り止めがついているから横から負荷かけても簡単に動かない構造になっています。

    マウスを机から落とすリスクが軽減されます。

    アプリ毎にカスタマイズできるボタン設定

    ERGO M575はアプリ毎にボタンの動作を指定する事ができます。

    MUSICアプリであれば【ページ戻るボタン】・【送るボタン】に【曲送り】・【曲戻し】に変更することも可能。

    イラスト、動画編集アプリなどに【ページ送り】・【戻りボタン】に【カット】【ペースト】設定すれば作業効率も上がります。

    ERGO M575 使ってわかったココは残念な機能

    M575ココが残念

    • 同時に2台のパソコンで使用するには不向き
    • FLOW機能が使えない
    • 左利き対応はない
    • 持ち運ぶには大きさいサイズ

    同時に2台のパソコンで使用するには不向き

    ERGO M575はBluetooth・Unifying各1台までの接続対応になります。

    2台のパソコンでERGO M575を使うには1台はBluetooth接続、もう一台はUnifying接続でのペアリングになります。

    デバイスの切り替えも一度、端末の裏を返してデバイス切り替えボタンを押す手間が発生します。

    同じLogicoolo製品のMX MASTER3とM590はBluetooh*2デバイスのペアリング、Unifyingレシーバーを追加購入すればワイヤレス*2デバイスのペアリングが可能。

      ERGO M575 MX MASTER3 M590 ERGO MX
    Unifyingレシーバー
    同梱数
    1個 1個 1個 1個
    Bluetooth
    接続可能台数
    1台 3台 2台 2台
    Unifyingレシーバー
    接続可能台数
    1台 3台 2台 2台
    最大ペアリング数 2台 3台 2台 2台
    ペアリング切り替え 手動 手動/自動 手動/自動 手動/自動

    1台のマウスで2台のパソコンを簡単に切り替えられるトラックボールマウスマウスはMX ERGO。

    MX ERROはマウスのカーソルを端に寄せるだけで端末が切り替えられるFLOW機能を使用することができます。

    FLOW機能が使えない

    LogicoolのメリットはFlow機能。

    Flow機能とはLogicoolを対応機種によって複数のデバイスに登録が可能。

    登録したLogicool製品の切り替えボタンを押すことなく、マウスのカーソルを端に寄せるだけでデバイスが自動的に切り替わる機能。

    FLOW対応キーボードと合わせて使えばマウスのデバイスが切り替わるとキーボードも自動的に切り替わる便利な機能。

    TIGER
    EROG M575にもFLOWを使用できる機能を搭載して欲しかった。

    左利きの人はERGO M575に慣れるしかない

    ERGO M575には左利き用の取り扱いがありません。

    左利きでERGO M575に対応するためにはERGO M575に慣れるしかありません。

    コスパ、操作性などトータル的に人気の高いERGO M575。

    左利き用のマウスをお探しの方は他社製、もしくは左右対称の設計になっているLogicoolマウス Pebble M350GRの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

    持ち運びには不便なサイズ

    サイズ感については個々で判断基準に差はありますがERGO M575は持ち運びには大きく感じます。

    左からLogicool M590、真ん中にサイズ感を出すためにiPhone11、左にERGO M575を置いてみました。

    コンパクトサイズのM590が100gに対してERGO M575が155g。

    重量は55g程の差しかありませんがバッグにしまうにはサイズが大きく感じます。

    僕は自宅ではERGO M575、外出用にコンパクトマウス、Logicool M590を使用しています。

    用途に応じてマウスを使い分けるのも効率的だ考えます。

    Logicool M590についてのレビューは【Logicool M590】 ペアリングも簡単持ち運び便利 静音マウスレビューを参考にして見てください。

    はじめてのトラックボールマウス【ERGO M575】使いにくいと思ったら

    ERGO M575のカーソル移動をうまく操作できないと感じたらポインタ速度を調整して見てください。

    ポインタ速度の調整はLogicool Optionsから調整が可能。

    TIGER
    トラックボールマウスに慣れるまでポインタ速度を遅くして慣らしました。

    ERGO M575 長時間操作していても疲れないフィット感

    ERGO M575は長時間使用していても肩や背中、手首の負担を軽減してくれるデザイン。

    ボールの動きもスムーズで最小限の力で操作ができるから長時間マウス操作していても疲労度が軽減されている感覚はあります。

    ライティングがメインでコピー&ペーストなど細かい操作をしない人にはERGO M575はオススメできるマウス。

    一つのマウスで2台のパソコンを操作するならMX ERGOがオススメ。

    MX ERGOはマウスのカーソルを画面の端に移動すれば、自動でデバイスを切り替える事ができるFLOW機能を搭載。

    キーボードERGO K860と合わせて使えばマウスのカーソルを画面の端に移動するだけでERGO K860も合わせて自動的に切り替わるからデバイスボタンを押すアクション減ります。

    ERGO M575マウスとERGO K860を合わせて使用したレビュー記事は長時間パソコン作業の負担を軽減【ロジクール】 ERGOキーボード・マウスで紹介しています。

    長時間パソコンに携わる人にオススメしたいERGOシリーズ。

    リンクシェア レビュー・アフィリエイト

    -パソコン
    -,