Apple製品

【M1チップ搭載】Mac Book Pro ノートパソコン

Mac Book AirとMac Book Proの違いってなんだろう?

MacBookで動画、画像編集をするならMac BooK Proがオススメ。

MacBook Airも115,280円と動画編集にも対応できるMacだけどファンレス(冷却ファンが無い)のためMacBook Air本体の温度が上がると動作が鈍くなります。

動画、画像編集をガチで作業するならMac Book Proがオススメ。

Mac Book Airココがおすすめ

  • 148,280円からと前モデルから約30%オフ
  • iPhoneとの連携が抜群
  • 持ち運びに便利 1.4Kgサイズ

Mac Book Pro【M1チップ】のラインナップは13インチサイズと16インチサイズ。

今回は13.3インチ【M1チップ搭載】Mac Book Proをご紹介します。

MacにはMac Book Pro以外にもMac Book AirやiMac、Mac miniなど用途に合わせたMacが販売されています。

Mac Book Pro以外のMacは【Apple】Mac はじめてのMacの選び方もチェックしてみてください。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥148,280 (2021/10/22 14:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

Mac Book Air【M1チップ搭載】 スペック

2020年に発売されたMac Book AirはApple独自のCPU【M1チップ搭載】

【intel】チップ搭載のMac Book Proも発売されているので購入時には確認が必要です。

  13.3インチ
カラー シルバー/スペースグレイ
ディスプレイ Reitinaディスプレイ
チップ Apple M1チップ
バッテリー 最大17時間のワイヤレスインターネット
インターフェイス Thunderbolt/USB 4ポート
メモリ 8GB(最大16GB)
ストレージ 256GB/512GB(最大2TB)
生体認証 TOUCH IDセンサー
ワイヤレス Wi-Fi6/Bluetooth5.0
カメラ 720p Face Time HDカメラ
サイズ 高さ:1.56cm
幅:30.41cm
奥行:21.24cm
重量:1.4Kg

全モデルMacのCPUは【intel製】の為、価格が現行モデルより高い価格設定。

iPhoneをストレージ(保存容量)で選ぶようにMacも保存容量で選びます。

ストレージ 256GB/SSD 512GB/SSD
メモリ 8GB 16GB 8GB 16GB
価格 148,280円 170,280円 170,280円 192,280円

オプションでストレージは1TB,2TBにカスタマイズが可能。(Apple Storeのみ)

ポイント

Mac Book Proのメモリ、ストレージは後から増設することができません。

画像、動画処理を行う予定があるならメモリ16GB/ストレージ512GB以上の選択がオススメです。

TIGER
MacBook Proにはファンが装備されているから動画編集等、Macに負荷がかかる作業でもMacBoo Airと比較してもサクサク動作するよ!
バッテリーの持続時間もMacBook Airと比較しても2時間長く持続。

Amazon、家電量販店ではメモリ8GB、SSD256GB/512GBのみの販売。

メモリ16GB、SSD1TB以上のMacBook Proが希望ならApple Storeでの購入になります。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥115,280 (2021/10/22 14:00:50時点 Amazon調べ-詳細)

Apple公式ストアではストレージ1TB/2TBもカスタマイズが可能。

MacBook Pro インターフェイス

MacBook Pro左側

Thunderbolt 3端子×2

MacBook Pro右側

イヤホンジャック

Bluetooth対応の周辺機器が増えたとはいえ、1つのポートは電源ポートで使用するため実質使えるポートは1ポート。

MacBook Proを購入される方はUSB-HUBの購入をお勧めします。

MacBook Pro 外観

13インチサイズのMacBook Pro

前モデルよりベゼルが狭く画面の表示領域が広くなりました。

スリムなサイドラインで1.4Kgの重量。

1.5Kgのコーラより若干、軽い程度。

リュック式のバックに入れて持ち運ぶなら長時間持っていても気にならない重量。

最大17時間持続するロングバッテリー

フル充電して朝AM9:00~翌日AM2:00までバッテリーが持続するから外出先でも一回の充電で持続して便利

就寝前に充電すれば翌朝にはフル充電。

電源を気にしないで作業できるにはストレスフリー。

キーボードはJIS規格とUS規格がありJIS規格は日本語キー配置。

US規格は英語配置。

オススメは一概に言えないけどWindowsに慣れている人にはJIS規格。

はじめてパソコンを使う人やオシャレにMacを使いたい人はUS規格を購入する傾向があります。

TIGER
僕はずっとWindowsを愛用してきたからJIS規格。 US規格は慣れなかった…

キーボード両サイドにスピーカーが配置されおり、キーボード下にはMac特有の大きなトラックパッド。

トラックパッドは使う人によってはマウスよりも使いやい声もあります。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥148,280 (2021/10/22 14:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

MacBook Proの特徴

ココがポイント

  • 148,280円でサクサク動く
  • 複数のアプリを同時に処理しても負荷がかからない
  • 1.4Kgと軽量

148,280円〜前モデルから30%コストダウン

【M1チップ】MacBook Pro 【Intelチップ】MacBook Pro
メモリ8GB/SSD256GB
148,280円 170,280円

前モデルのintelチップ搭載同スペックMacBook Proから約30%オフの148,280円とコストダウン。

コストダウンの理由はintel製CPUからApple独自のCPU、M1チップを搭載したことが理由の一つ。

しかも、Intel製のCPUよりも処理速度が早い。

M1チップ搭載のMacで動作が確認取れないアプリや周辺機器もありますがApple、周辺機器各社M1チップ搭載のMacに対応してきています。

TIGER
2021年10月現在でもIntelチップ搭載のMacは販売しているけどアプリや周辺機器の不具合がなければM1チップ搭載のMACがオススメ!

複数のソフトを同時起動してもサクサク

基本エントリーモデルのメモリ8GB/16GBモデルでも複数のソフトを同時に立ち上げても起動が鈍くなることなくサクサクソフトは起動します。

ただし、Photo ShopやFinal Cut Proを同時に起動するとメモリ8GBで動作が鈍く感じられます。

動画や画像を同時編集する予定がある人はメモリを16GBにカスタマイズしておくことをオススメします。

Macに熱が帯びると起動が鈍くなるパソコン。

Mac BookProは長時間、負荷がかかる作業でもファンでMacBook Proを冷却してコンディションを保ってくれるシステムになっています。

iPhoneとの連携が抜群

Mac Book Airで作業している間はiPhoneを見る機会が大幅に減少。

iPhoneとMac Book AirのデータがiCloudで同期、連携されるから電話やメッセージ、メールもMac Book Airに通知。

Macでの作業に集中できる環境を作り出すことができます。

TIGER
MacがあってiPhoneの機能をフルに活かせるよ!

手軽にはじめられるMacBook Pro

前モデルのMacBook Pro170,280円から148,280円とコスト的に手に入れやすくなったMacBooK Pro。

115,280円のMacBook Airと148,280円のMacBook Proとの価格差33,000円。

33,000円の価格差であれば複数を立ち上げてもサクサクいくMacBook Proがオススメ。

ファンクションキーレス Touch Bar搭載

M1チップ搭載のMacBook Proの特徴はファンクションキーの部分にTouch Barが搭載。

Touch Barの隣にはTouch IDセンサー。

TIGER
ファンクションキーを多用する人には慣れるまで苦労しそうだけどTouch Barはカスタマイズできるから使い方では作業効率化にもなるかな。

MacBook Proのデメリット

TIGER
Windowsを使ってきた僕が感じたデメリットをご紹介します。

ココがダメ

  • 背面アップルのロゴが光らない
  • インターフェイスが少ない
  • 一部のソフト、周辺機器が非対応

アップルロゴの点灯機能が削減

前モデルまで点灯していた背面のアップルのロゴマーク。

【M1チップ】搭載MacBokk Proからメタルなロゴに変更。

バッテリーの持続時間の影響を考慮しての削減とも考えられますがオシャレな光るアップルロゴマークが削減されて残念な声も…

インターフェイスが少ない

イヤホンジャックが一つ、Thunderbolt 3端子×2とインターフェイスが最小限。

一つのThunderbolt 3端子は電源ポートで使用するため実質、外部に接続できるポートは1ポートのみ。

外部マウスやキーボードはBluetoothで対応が可能だけど、HDMIを使用した外部モニターの接続、SDカードリーダー、DVD-ROMなどの接続機器はUSB-HUBの導入が必要になります。

Mac Book Airを使っていたらUSB-HUBは、必須アイテムといっても過言ではありません。

Mac Book Airの購入後でもいいのでUSB-HUBは揃えておきたいアイテムです。

MacBook Proにオススメな周辺機器をMac mini もっと便利に!あれば便利 MacBook Air/Mac BookProにも便利な周辺機器で紹介しているので参考にしてみてください。

一部アプリ、周辺機器が非対応

M1チップ搭載のMac Book Airに対応していないアプリ、周辺機器があります。

Bluetooth対応のマウスやキーボードの動作が安定しない事もありました。

現在はM1チップ搭載のMacBook Proが発売されて1年が経過し動作も安定してきました。

これからMacBook Proの購入を検討している方は、使用予定の周辺機器、アプリが対応しているか確認しておく事をオススメします。

はじめてのパソコンがMac Book Proなら価格、性能的にもデメリットを感じること少ない1台。

WindowsからMacBook Proに乗り換えるとMacの操作方法やボタン配置にに戸惑うこともあるけど慣れればWindowsよりも使いやすいです。

Mac Book Pro 選びのポイント/注意点

ポイント

  • キーボードの種類【JIS規格】【US規格】
  • メモリ、ストレージ容量、購入後の増設不可

キーボード規格には注意が必要です

購入時にキーボード規格に注意が必要です。

デザインからローマ字が刻印されたUS規格を選ぶもいますが多くの日本人はJIS規格を選択すると思います。

Appleは開封後でも故意的な破損が見られなければ返品も対応が可能なのでキーボード規格を間違えて購入しても返品対応が可能。

開封後の返品が可能でも手間を考えると面倒なので購入時のスペック確認は念入りにしておきましょう。

購入後のメモリ/SSDの増設は負荷

Windowsを使われていた方は動作が鈍いと感じたら後付けでメモリを増設した経験はありませんか?

MacBook Proは購入後のSSD、メモリ増設には対応していません。

Googleで検索するとメモリの増設方法等を解説した記事はありますが不具合が発生した時には、保証対象外になるので気をつけましょう。

MacBook Proでも快適

動画や画像を編集するにはMacBook Proがオススメ。

ネット検索やちょっとした画像編集ならMac Book Airで対応できます。

将来、ガチに動画、画像編集をするとなるとMacBook Airでは物足りなさ感じます。

動作が鈍いからMacBook AirからMacBookProに簡単に買い換えるわけにはいかないですよね。

iPhoneを持っている人ならMacを是非使っていただきたいです。

Macを使っている間iPhoneの通知が全てMacに通知されMacでiPhoneの対応ができてMacでの作業に集中ができます。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥148,280 (2021/10/22 14:00:51時点 Amazon調べ-詳細)

-Apple製品

© 2021 タイガジェ