ガジェット

NUROひかり 速くて安いネット回線 速度をMAXに!

ネット回線に何を重視しますか?

速度・価格・サポート。すべて重視したいですよね。

この3要素を兼ね備えたNUROひかり回線についてご紹介いたします。

今なら基本工事料金無料、45,000円のキャッシュバックの特典付き

\今なら45,000円キャッシュバック/

NURO公式サイト

※開通月から6か月後にキャッシュバック

※NURO光について紹介する前に2020/10時点でサービス提供エリアが限られています。

お住いの地域をご確認の上、記事を読み進めてください。

NUROひかりエリア

2020年10月現在、NUROひかりサービスの提供地域が北海道・関東・東海・関西・福岡・佐賀の限られた地域になります。

引用元:NUROひかり

\今なら45,000円キャッシュバック/

NURO公式サイト

※開通月から6か月後にキャッシュバック

NURO光の魅力

        

  • 最大2データ通信速度2Gbpsの速度(フレッツひかり1Gbps)
  • 基本工事料金40,000円 実質無料
  • 月額4,743円(戸建タイプ)
  • カペルスキー(ウイルスソフト)最大5台まで無料
  • キャッシュバック45,000円
  • ソフトバンクスマホ契約とセットならソフトバンクプランが月額最大1,000円引


NUROひかりの速さの理由

フレッツひとつの道路を複数のネット接続者と共有するためにデータ通信の渋滞が発生し接続時間帯によってデータ通信が遅くなる現象が発生します。

NUROひかりは独自専用回線のためスムーズなデータ通信送受信が実現しています。

NUROひかり 初期費用/月額料金

初期費用

初期費用に発生する事務手数料は3,000円のみ。

基本工事費はNUROが分割サポートしてくれるため実質0円

30か月以内に解約した場合は基本工事費の負担が発生します。

    備考
事務手数料 3,000円  
基本工事費 40,000円(実質無料) 1,333円/30か月分割(30か月1,333円サポート)

実質、初期費用は事務手数料の3,000円。

基本工事手数料40,000円は1,333円の30か月分割払いとなっていますが30か月1,333円サポート補助の実質0円。

24か月目で解約した場合

基本工事費残債 6か月 * 1,333円 =7,998円 

基本工事費7,998円を支払いが発生。

月額利用料金

月額料金 4,743円(集合住宅は集合住宅NURO利用上により価格変動)

今回はフレッツひかりで最安の楽天ひかりと比較。

※集合住宅(マンション)でNUROひかりの利用者が多ければ月額利用料金が下がります。

戸建でひかり回線を利用される方はNUROひかりがお得。

マンションタイプならフレッツひかりがお得。

月額利用料金 NUROひかり 楽天ひかり
戸建 4,743円 3,800円
集合住宅 集合住宅NURO使用状況で変動 4,800円

今なら45,000円のキャッシュバックキャンペーン

NUROひかりを今契約すると45,000円のキャッシュバックキャンペーンを開催している。

45,000円のキャッシュバックを受けるためには6か月間の継続契約が必要になります。

それでも6か月後に45,000円のキャッシュバックは嬉しいですよね。

\今なら45,000円キャッシュバック/

NURO公式サイト

※開通月から6か月後にキャッシュバック

ONUとルーター

NUROひかりを申し込めばONUは無料で貸し出してくれます。

参考

ONUは光回線をパソコンで通信できるようにする翻訳機的な役割。

ルーターWIFIや複数のパソコンでネット接続できるようにする役割。

フレッツひかりではWIFIや複数のパソコンスマホ使用するためにルーターの設置が必要になります。(1台のパソコン接続なら不要)

NUROが貸し出しするONUはルータと1体型。ONUを接続するだけで有線、無線でパソコンやスマホでネットに接続出来ます。

NURO ONU種類

ONUはNUROからランダム送られてきます。

オススメONUは最大下り速度1300mbsのZXHN F660A、HG8045Q、FG4023B

  ZXHN F660A HG8045Q FG4023B ZXHN F660T HG8045j HG8045D
ダウンロード最大速度 1300Mbps 1300Mbps 1300Mbps 450Mbps 450Mbps 450Mbps
最大接続台数 10台 32台 32台 10台 32台 32台
最大下り速度 1,300Mbps 1,300Mbps 1,300Mbps 450Mbps 450Mbps 450Mbps
最大上り速度 1,000Mpbs 1,000Mpbs 1,000Mpbs 1,000Mpbs 1,000Mpbs 1,000Mpbs
無線LAN規格 IEEE 802.11
a/b/g/n
IEEE 802.11
a/b/g/n
IEEE 802.11
a/b/g/n
IEEE 802.11
a/b/g/n
IEEE 802.11
a/b/g/n
IEEE 802.11
a/b/g/n

ONU交換について

カスタマサポートに連絡すると1回まではONU交換に応じてくれます。 私も当初、HG8045Qを使用していましたが速度が不安定、WIFIが時々切れるなどのトラブルがありサポートセンターに問い合わせたところONU交換。 「同じHG8045Qの交換しかできない。」との回答でしたが「HG8045Q交換しても同じじゃない?」と言ったところZHXN660Aにが送られてきました。

納得いかないONUが送られてきたらカスタマサポートに連絡してONU交換の交渉をしてみてください。

カスタマサポートサポートは最初はONUの交換を渋ると思いますがこちらも渋れば対応してくれるはずです。

\今なら45,000円キャッシュバック/

NURO公式サイト

※開通月から6か月後にキャッシュバック

ウイルスソフト「カペルスキーが無料」

NURO光と契約中は通常、年間5,072円のウイルスソフト「カペルスキー」が無料。

NURO光を契約中はウイルスソフトでの心配はなさそうです。

NURO光のデメリット

NURO光のデメリットを紹介します。

ポイント

  • 2年契約の縛りがある
  • 30か月以内に解約すると基本工事料金の残債が請求される
  • 申込から開通まで時間を要する
  • サービスエリアが限定されいる

2年更新で途中解約は違約金が発生する

強制的に2年継続契約のため更新月以外に解約すると解約違約金9,500円が発生します。

NUROひかりに限らずほとんどのフレッツ光は更新月以外で解約すると解約規約金が発生するので仕方ない事ですね。

30ヵ月以内の解約で基本工事料金の残債返済

回線開通工事で発生した基本工事料金の残債分の支払いが発生します。

1,333円/30回払い 

30か月1,333円NUROのからのサポート負担で実質無料

20か月目で解約した場合13,333円 = 1,333円 * 10か月 が請求されます。

ここに注意

20か月目で解約した場合22,830円の支払いが発生します。(解約違約金9,500円 + 基本工事料金13,330円)

申込から開通までの期間が長い

申込から開通までの流れ

  • 申込
  • 屋外の回線工事
  • ONU配達
  • 屋内の回線工事
  • ONUを自身で取り付け開通

 

屋外工事、屋内工事が別日のため開通まで2か月程かかりました。

申込、工事業者の状況次第で短期間で開通できるケースもあるのでカスタマサポートに申し込む前にカスタマサポートに確認してみてください。

NUROひかり まとめ

フレッツひかりが最大下り通信速度が1Gbpsに対して2Gbpsの速度が提供されているNUROひかりはお得ではないでしょうか。

しかも値段もフレッツひかりよりもお得。

エリアが限定されていて契約したくても契約できない地域がありますがサービスエリアも拡大しています。

NUROで時間を効率的にしませんか?

\今なら45,000円キャッシュバック/

NURO公式サイト

※開通月から6か月後にキャッシュバック

sponsor link

-ガジェット

© 2021 タイガージェットBlog Powered by AFFINGER5