UQmobileとY!mobile どっちがいい? 徹底比較

キャリア回線を利用した通信プランのサブブランドは、親回線と同じ品質で通信ができる通信プランです。

サブブランドの主な特徴
  • データ容量が4GB〜20GBとライトユーザー向け
  • 電話・店舗サポート対応
  • 一部サービスは有料(メールアドレス)
  • 未使用データは翌月まで繰り越し
  • 通信品質、通信エリアは親回線と同じ(au/UQmobile)

スマホの使用方法は主に電話とモバイル通信で、キャリアメールやオプションサービスが不要の方に安くて高品質な通信プランとしてオススメです。

サブブランドはUQ mobileY!mobileの2プラン。

docomoのサブブランド
docomoのサブブランドは用意されていません。
エコノミープランとしてirumoが用意されています。

データ使用量が20GB以下で快適なデータ通信と通話ができればいい人にはオススメな料金プラン。

本記事ではY!mobileUQ mobileの特徴を解説しています。

UQmobileY!mobile
通信回線auSoftBank
4GB1,078円(※)1,078円(※)
15GB2,178円(※)
20GB3,278円2,178円(※)
25GB3,278円(※)
キャリアメール220円/月無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る

(※)最大割引適用額です。

サポートもオプションサービスも重視しないならオンライン専用プラン(ahamo/povo2.0/LINEMO)がオススメになります。

本記事ではサブブランドのメリット、デメリットとサブブランドプランをオススメできる人を紹介します。

目次

UQ mobile・Y!mobile サブブランド通信とは?

UQ mobile(モバイル)とY!mobileはキャリア回線を利用した低料金プラン。

通信エリアと通信品質はキャリア回線に影響し、MVNO(格安SIM)のように時間帯制限による速度制限もなく24時間安定したデータ通信が行われます。

メリット
デメリット
  • 1,078円でキャリアと同じ通信品質
  • 光割・家族割対象
  • 店舗・電話フルサポート
  • 未使用データ繰り越し可
  • 家族間通話有料
  • 割引未適用は割高
  • 一部オプションサービスに未対応
  • データ使い放題未対応
  • 最新スマホの取り扱い無し
サブブランド共通点
  • 通常月額料金:1,078円〜(最大割引適用)
  • 家族割、ひかり割適用
  • 未使用データ翌月繰越し
  • 店舗・電話・チャットサポートに対応
  • 家族間通話に未対応

通話とモバイル通信ができてデータ通信料も無制限の必要がない方にオススメな通信プランです。

UQmobileY!mobile
通信回線auSoftBank
 Web申し込み 初期費用3,850円無料
4GB1,078円(※)1,078円(※)
15GB2,178円(※)
20GB3,278円2,178円(※)
25GB3,278円(※)
キャリアメール220円/月無料
特徴auでんきでも自宅割対象LYPプレミアムが無料
公式サイト詳細を見る詳細を見る

両プラン共にクレジットカード払い割光割家族割など適用で損する人と得する人が分かれます。

データ使い放題プランはdocomo、au、SoftBank、楽天モバイルに用意されています。

キャリアとサブブランド・オンライン専用プランの違い

サブブランドキャリアオンライン専用プラン
主な通信プランUQmobile/Y!mobiledocomo/au/SoftBankahamo/povo/LINEMO
月額料金1,078円〜4,158円2,178円~7,315円990円~2,970円
データ使い放題未対応対応未対応
データ繰り越し対応未対応未対応
メールアドレスY!mobile 無料無料未対応
店舗サポート対応対応未対応
電話サポート対応対応未対応
チャットサポート対応対応対応
Apple Watch連携未対応対応ahamoのみ対応
海外ローミング有料有料有料

キャリアメールやデータ使い放題、Apple Watch Cellularモデルと電話番号を共有するサービスがないだけで、通信品質はキャリアと同じ。

毎月のデータ通信料が25GB以下で通話とデータ通信以外のサービスを利用しない人にオススメです。

UQmobileとY!mobileについて

UQ mobileY!mobileはキャリアのサブブランドとして同じ料金体系と提供サービスは類似していますが、付帯サービスやオプションサービスに特徴があります。

※2024年6月現在、docomoからデータ繰り越しに対応したサブブランド通信プランは用意されていません。

UQmobile(ユーキューモバイル)

UQmobileの特徴
  • au回線
  • 光回線契約なしでも20GB + 10分かけ放題のコミコミプラン
  • auでんき加入で自宅割適用

UQ mobileの特徴は10分かけ放題が基本プランに含まれているコミコミプランです。

コミコミプランは割引の適用がなく、誰が契約しても3,278円の基本料金です。

また、自宅割は「指定ひかり回線」or「auでんき」の加入で適用になります。

ミニミニプラントクトクプランコミコミプラン
初期費用3,850円
データ容量4GB15GB/1GB20GB
月額料金2,365円3,465円/2,277円3,278円
自宅セット割-1,100円(家族割と併用不可)
auPAYカード割187円
家族割-550円(自宅セット割と併用不可)
最大割引適用1,078円2,178円/990円3,278円
割増オプションⅡ2GB5GB5GB
通信方式4G/5G
データ容量超過後速度制限300kbps1Mbps
通話料30秒/22円
10分かけ放題770円/月
かけ放題1,800円/月1,100円
SIM再発行手数料3,850円
UQmobile 割引
  • 自宅セット割(au指定ひかり回線 or auでんき):-1,100円
  • 家族割:(2回線以上の契約)-550円
  • auPAYカードお支払い割:-187円

自宅セット割と家族割の併用はできません。

ミニミニプラン

ミニミニプランはデータ容量4GBで主にLINEやテキストベースのホームページやSNSライトを利用するライトユーザー向けの料金プランです。

データ容量4GB
自宅セット割 + auPayカード割家族割 + auPayカード割auPAY カード割
ミニプラン2,365円
auPAYカード割▲187円▲187円▲187円
自宅セット割▲1,100円
家族割▲550円
1,078円1,628円2,178円

自宅セット割 + auPAYカードお支払い割 適用で月額1,078円。

自宅セット割が適用外でも2回線以上の契約とauPAYカードお支払い割で家族割が適用され1,628円で利用できます。

トクトクプラン

トクトクプランのベースは月額3,465円/15GBで1GBに満たない月は-1,188円の2,277円と複雑な料金プランです。

未使用データは翌月に繰り越せるため、やりくりで請求代金が1GBで収めることもできます。

データ容量15GB/1GB
自宅セット割
+
auPayカード割
家族割 + auPayカード割auPAY カード割
トクトクプラン2,277円
auPAYカード割▲187円▲187円▲187円
自宅セット割▲1,100円
家族割▲550円
990円1,540円2,090円

毎月のデータ通信が1GB〜4GBで収まる人はミニミニプランの方がお得に利用できます。

4GBをちょっと超える人はミニミニプランに割増オプションⅡを追加すれば1,628円で6GBまで利用できます。

トクトクプランは15GBの通信プランを検討している人にオススメな料金プランです。

コミコミプラン

月額料金3,280円で20GBのデータ容量と10分間のかけ放題が含まれているコミコミプラン。

ひかり割やクレジットカード割などなく誰が契約しても3,278円と損得感がない料金プランです。

コミコミプラン3,278円
データ容量20GB
10分かけ放題

ahamoを意識したプランにも感じますがコミコミプランは「フルサポート」&「未使用データは繰越し」に対応。

割増オプションⅡ(550円)を追加すれば最大25GBのミドルユーザーにも対応した通信プランです。

一人暮らしで光回線を利用しない人にオススメな料金プランです。

\ 他社から乗り換えで最大10,000円分のポイント還元 /

Y!mobile

Y!mobileの特徴
  • SoftBank回線
  • LYPプレミアムが無料
  • シンプル2MプランはUQmobileよりも5GB多い

SoftBankのサブブランドであるY!mobileは、SoftBank回線の通信エリアおよび通信品質のもとでサービスを提供しています。

電話、店頭、チャットによるサポートが利用可能で、未使用のデータは翌月への繰り越しが可能です。

UQ mobileとの主な差別化点として、月額508円のLYPプレミアム(旧Yahoo!プレミアム)を無料で利用できる点が挙げられます。

また、Yahoo!やPayPayのクーポンが配布されるのもY!mobileの特徴です。

LYPプレミアムについて
]Yahoo!プレミアムはヤフオクの手数料が通常よりも安く、Yahoo!ショッピング、PayPayモールでの買い物の還元率が+2%

Yahoo!のサービスを多用する人にはお得なY!mobileはお得な通信プランです。

シンプル2Sシンプル2Mシンプル2L
初期費用3,850円(オンライン申し込み0円)
データ容量4GB20GB30GB
月額料金2,365円4,015円/2,277円5,115円
おうち割 光セット-1,100円(家族割と併用不可)-1,650円(家族割と併用不可)
PayPayカード割187円
家族割2回線目以降-1,100円おうち割 光セットと併用不可
最大割引適用1,078円2,178円/990円5,115円
データ増量オプション2GB5GB5GB
通信方式4G/5G
データ容量超過後速度制限300kbps1Mbps
通話料30秒/22円
10分かけ放題880円/月
かけ放題1,980円/月
SIM再発行手数料3,850円(eSIM オンライン再発行無料)
Y!mobile 割引
  • おうち割 光セット割(SoftBank光・SoftBank Air):-1,100円 or -1,650円
  • 家族割:2回線目以降1回線につき -1,100円(おうち割 光セット割と併用不可)
  • PayPayカードお支払い割:-187円

家族割引サービスの1回線目は通常月額料金です。

Y!mobileは2回線以上の契約お家割 光セットUQ mobileよりもお得です。

シンプル2S

シンプル2Sはデータ容量4GBで主にLINEやテキストベースのホームページやSNSライトを利用するライトユーザー向けの料金プランです。

データ容量4GB
おうち割 + PayPayカード割家族割 + PayPayカード割PayPayカード割
シンプル2S2,365円
PayPayカード割割▲187円▲187円▲187円
おうち割▲1,100円
家族割▲1,100円
1,078円1,078円2,178円
家族割は2回線目以降に適用

おうち割 + PayPayカードお支払い割 適用で月額1,078円。

おうち割が適用外でも2回線以上の契約で2回線目以降、家族割の1,100円が適用されます。

シンプル2M

シンプル2Mは20GBのデータ容量でTikTok料金やInstagramなどの動画、画像のSNSやホームページを料金利用する人にオススメな料金プランです

データ容量20GB
おうち割 + PayPayカード割家族割 + PayPayカード割PayPayカード割
シンプル2S4,015円
PayPayカード割割▲187円▲187円▲187円
おうち割▲1,650円
家族割▲1,100円
2,178円2,728円3,828円
家族割は2回線目以降に適用

おうち割 + PayPayカードお支払い割 適用で月額2,178円。

UQmobileの20GBプランであるコミコミプランよりもお得で、10分かけ放題を追加しても3,058円とお得です。(最大割引適用額)

おうち割が適用外でも2回線以上の契約で2回線目以降、家族割の1,100円が適用されます。

シンプル2M

シンプル2Lは30GBのデータ容量で動画視聴はもちろん、外出先でテザリングも利用できる通信プランです。

30GBでは物足りなさをかんじるのであればデータ増量オプションで5GB/550円追加できます。

未使用データも翌月に繰越しができるので、毎月のデータ通信量が30GB 前後の人にオススメな料金プランです。

Y!mobileのレビュー記事についてはY!mobile(ワイモバイル)シンプル2を解説 PayPayポイントが最大23,000ポイント貰えるをチェックしてください

UQ mobile・Y!mobileを比較

UQ mobile・Y!mobileのサブブランドの共通点についてご紹介します。

通信品質、サポートはキャリアと同じでキャリアメールや電話バックアップサービスなどの一部のサービスが利用できまきません。

UQ mobile Y!mobileともに通信品質はキャリアと同等

UQモバイルはau回線、Y!mobileはSoftBank回線と同じ通信環境を利用した採用しているため通信品質はキャリアと同じ

通信エリアはキャリアに依存し、通信速度は24時間安定した速度で利用できます。

キャリアの性質上auとSoftBankにはスポット的に電波の強弱はあるとしても大きな差はありません。

特定の場所(自宅、オフィス)などで電波が弱い場合、サポートセンターに相談するとホームアンテナを貸してくれるサービスも提供しています。

自宅や職場、固定の場所で電波の入りが悪いときは通信会社に相談すると、電波をホームアンテナを貸し出してくれます。

キャリアが通信障害を起こすとサブブランドも通信障害の影響を受けます。

auSoftBankdocomo
UQ mobileY!mobileirumo
povo2.0LINEMOahmo
通信障害の影響は縦軸のプランに影響

使わなかったデータは翌月に繰り越せる

UQmobile、Y!mobileは共に未使用のデータを翌月まで繰り越せる通信プランです。

契約プラン15GB

5月6月
基本データ量15GB15GB
データ使用料9GB
未使用データ6GB
繰り越し6GB
15GB21GB

データの使用量に契約プランのデータ量前後にばらつきがある人はデータ繰り越しができるUQ mobile/Y!mobileがオススメです。

キャリアの少量プランや使い放題よりも効率的にデータ容量を利用できます。

データを使い切ったら?
UQmobile・Y!mobileで基本データを使い切ると速度制限になり画像や動画の視聴に影響でます。
0.5GB/550円でデータ容量を追加するか、翌月になれば速度制限が解除されます。

UQmobileはトクトクプランコミコミプラン、Y!mobileはシンプル2Mシンプル2Lの速度制限は最大1Mbpsと解像度を落とせば動画も視聴できます。

充実したサポート

UQmobile・Y!mobileともに店舗・電話・オンラインとフルサポートに対応。

UQmobileY!mobile
利用回線auSoftBank
店舗数約2,700店4,000店
4G基地局数約200,000局約180,000局
5G基地局数約6,000局約6,000局

UQ mobileはauとY!mobileはSoftBankと併設している店舗が多く、店舗で最新のスマホを購入も可能です。

Appleアカウント・Googleアカウントの作成やLINEの設定は別途手数料が発生する為、各店舗に確認をしてください。

メールアドレス Y!mobileは含まれている

Y!mobileはキャリアメールに含まれています。

UQ mobileY!mobile
メールアドレス220円
ドメイン@uqmobile.jp@yahoo.ne.jp

Yahoo!メールは@yahoo.co.jpです。

サブブランドのデメリット

サブブランドプランはキャリアのサービスを削減した通信プラン。

サブブランドのデメリット
  • 一部オプションに未対応
  • 家族間無料通話がない
  • 最新スマホは取り扱ってない
  • データ使い放題プランが用意されていない

一部のオプションサービスに非対応

キャリアでは標準オプションであるキャリアメールや電話帳バックアップサービスは有料または、提供されていません。されているサービスがサブブランドプランでは有料、未対応になっています。

UQ mobileY!mobile
メールアドレス220円
留守番電話330円330円
タイトル220円220円
Apple Watch通信サービス非対応非対応
データシェア非対応非対応
タイトル詳細を見る詳細を見る

サブブランドはスマホ周辺機器関連の通信オプションや電話番号バックアップサービスは提供していません。

サポートやオプションサービスを重視したい人はauやSoftBankなどのキャリアがオススメです。

auのApple Watch通信サービス「ウォッチナンバー」はApple Watchに電話番号を持たせる為、iPhoneと連携できません。

モバイル通信、電話のみの機能を使う人にはオススメな料金プランだね。

通信障害はキャリアに影響

docomo・au・SoftBanに通信障害が発生した場合、関連するサブブランドも通信障害の影響を受けます。

docomoauSoftBank
irumoUQ moblieY!mobile
ahamopovo2.0LINEMO

auが圏外のエリアではUQモバイル、povo2.0も圏外。

SoftBankが圏外のエリアではワイモバイル、LINEMOが圏外になります。

通信障害が発生した場合、キャリア、サブブランドともに通信障害の影響を受けるため、サブ回線を持つ時には異なるキャリアを選択しましょう。

参考
デュアルSIMでdocomoのSIMとUQmobileのSIMを読み込ませた場合、docomo回線が通信障害が発生してもau系のUQ mobileは通常に通信できます。

auの電波が悪いからといってUQ mobileに乗り換えても電波状況は変わりません。

天災で全ての通信回線がダウンしない限り、2回線あれば通信ができない状況を回避できます。

UQmobile・Y!mobileはデータ使い放題に非対応

UQmobile・Y!mobileは25GB以上の通信プランは用意されておりません。

サブブランドで一番データ容量が大きいプランはUQmobileが20GB、Y!mobileが25GB。

割増オプションをつけてもUQmobileは25GB、Y!mobileは30GBです。

自宅や職場にWi-Fi環境がない場合、UQmobilやY!mobileではデータを消費し速度制限になる可能背もあります。

毎月のデータ使用量が20GB以上を超える方にはデータ使い放題が用意されているdocomo・au・SoftBank、楽天モバイル、大盛りオプション(+80GB)が追加できるahamoがオススメです。

キャリア各社の特徴はドコモ・au・ソフトバンクどれがいい?スマホキャリア通信会社メリット・デメリットを徹底比較を参考にしてください。

家族間通話は非対応


UQ mobileおよびY!mobileは家族間通話に対応していません。

かけ放題プランに加入していない場合、通話料金は30秒あたり22円が発生します。

しかし、家族間であればLINE通話を利用することで、通話料金を気にせずに済む代替手段として活用できます。

UQ mobileやY!mobileでは、速度制限が適用されるとLINE通話の品質に影響が出ることがあります。
一方、LINEMOではLINE通話やLINEビデオ通話がデータ使用量にカウントされないため、速度制限の影響を受けずにLINEを快適に利用できます。

基本料金にかけ放題オプションが含まれている楽天モバイルもオススメです。

最新機種の取り扱いがない

UQmobileY!mobileオンラインショップでは最新スマホの取り扱いはありません。

オンラインショップで取り扱っているスマホは中華系のスマホや旧モデル、リフレシュッ品が中心です。

最新のスマホやiPhoneに機種変更したい場合はAmazonや直販をご利用ください。

UQmobileY!mobile スマホ購入方法

  • 各キャリア(docomo/au/SoftBank/楽天モバイル)
  • Amazon
  • メーカー直販
  • 家電量販店

UQmobileはauショップ、Y!mobileはSoftBankショップで最新スマホを購入できます。

オススメは楽天ポイントが利用できる楽天モバイル。

購入金額に対して楽天ポイントも還元されるので楽天サービスを利用される方は楽天モバイルがお得です。

楽天モバイル会員以外も利用できるよ

Dynamic IslandをiPhone 15でも — 画面のトップに浮かび上がるような動きで、アラートやライブアクティビティを表示。Dynamic Islandがあれば、別のことをしていても知りたい情報をキャッチできます。電話をかけてきた相手の名前、フライトの状況、ほかにもいろいろ見られます。

こんな人にはこのプラン

UQmobileとY!mobileでは類似したプランに感じますが特徴があります。

1回線契約で毎月のデータ通信が15GB〜20GB

毎月のデータ通信量が15GB~20GBで1回線契約の人はUQ mobileコミコミプランがオススメです。

コミコミプラン ここがオススメ
  • 無条件で3,278円/20GB
  • 未使用データは繰り越せる
  • 基本料金内に10分かけ放題が含まれる

ahamoを意識したプランにも感じるUQmobileのコミコミプラン。

1回線契約でも3,278円とシンプルで誰が契約しても1プラスのため損した感はありません。

ahamoより308円高いものの、データの繰り越し、充実したサポート体制、10分間の無料通話が含まれるため、価格以上の価値があるプラン内容となっています。

「5分を超える電話をしない人」や「毎月のデータ通信量が20GBを下回る人」には、ahamoのプランの方が適している場合があります。

\ 誰が契約しても1プライス「コミコミプラン」/

Yahoo!サービスを利用する人はY!mobileがお得

Y!mobileはYahoo!サービスが充実。

Yahoo!ショッピングで買い物すると最大12%のポイント還元やPayPayクーポンが配布されるなど、月額料金以上の価値を提供するプランです。

Y!mobile特典
  • LYDプレミアム(月額650 円)が無料
  • PayPayクーポン配布
  • Enjyoパック(550円)加入でさらにお得

Y!mobile契約者だけが加入できる「Enjoyパック(550円/月)

Enjoyパック特典
  • PayPay利用でPayPayポイントが最大12%(上限1,000ポイントまで)
  • Yahoo!ショッピングで使える500円クーポン
  • Y!mobile 0.5GB増量

SoftBank系の光回線の利用、2回線以上のY!mobileに契約できる方はY!mobileがオススメです。

\ Yahoo!サービスがお得/

UQmobile・Y!mobileでよくある質問

UQmobileとY!mobileについてよくある質問をご紹介します。

サブブランド(UQmobile・Y!mobile)は通信速度はキャリアに比べると遅いですか?

キャリアと同等の通信品質です。

UQmobileとY!mobileに契約中に電話番号の変更はできますか?

UQmobileとY!mobileに契約中は電話番号の変更はできません。
電話番号を変更したい場合、auやSoftBankに乗り換えれば変更できます。

サブブランドとMVNO(格安SIM)の違いはなんですか?

サブブランドはサービスを削減した通信プランで通信品質はキャリアと同じです。
MVNO(格安SIM)は通信設備を持たない企業がキャリアの通信設備を借りて運営しています。
人口カバー率はキャリアと同じですが、通信速度については時間帯によって制限されます。

ドコモのirumoはサブブランドですか?

irumoはドコモのエコノミープランの位置付けで9GB以下とライトユーザー向けのプランです。
通信が混雑した時にはdocomoのeximoやahamoよりも先に速度制限対象になります。

UQ mobile & Y!mobile 品質に大差なし

キャリアメールやウォッチナンバーなどスマホに付随したサービスを利用する人には不向きな通信プランですが、20GB以下のライトユーザーで通話ができれば不満がない方にオススメです

MVNO(格安SIM)のように時間帯による通信制限もなく、安定した通信品質でサポートもフルサポート。

UQmobileとY!mobileの通信品質は大きく変わりません。

Yahoo!サービスやPayPayサービスを多用する人にはY!mobileがオススメです。

乗り換えるときは家族と一緒に乗り換えるとお得になります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次