パソコン

オススメ パソコンキーボード【ELECOM TK-FBP101】【logicool KX800 MX KEYS】比較

ノートパソコンを購入する時にスペックや画面のサイズを気にしてもキーボードのタイピング感や仕様をあまり気にしないですよね。

購入したパソコンのタイピングが使い辛いからといってパソコンを買い替えるわけにはいきません。

だからといって相性の合わないキーボードを使い続けてもストレスが溜まるだけ。

TIGER
キーボードが使い辛いならキーボードを変えてみよう!

多くの外部キーボードを試してきたタイガーがオススメするキーボードは【ELECOM】TK-FBP101【logicool】 KX800 MX KEYS

Bluetooh接続だからデスクトップパソコン・ノートパソコン問わずコードレス。

ケーブルもなくスタイリッシュなデスク回りを作り出してくれます。

両機種ともBluetooth接続だからコードレスでWindows・MAC・iOS・Androidに接続が可能。(KX800 MX KEYSは無線対応)

自分に合ったキーボードを探している方に参考になる記事になります。

TK-FBP101 こんな人にオススメ

  • 予算が4,000円以内の低価格Bluetoothキーボードを探している
  • 持ち運び便利なコンパクトキーボードを探している
  • ノートパソコン感覚で使えるキーボードを探してる
  • iPhone・Androidスマホでも使いたい

こちらもCHECK

ELECOM TK-FBP101 Bluetooth コンパクトキーボード レビュー

ノートパソコンで文字入力していると入力ミスが増えてストレス感じませんか? スタイリッシュなノートパソコンはデザインやパソコンのサイズに連動してキーの幅が狭くなってしまいます。 TIGERキーボードにお ...

続きを見る

KX800 MX  KEYS こんな人にオススメ

  • ゆとりある配列
  • 自宅や会社など固定された場所で使う
  • 充電式のキーボード
  • デスクトップ・ノートパソコンでも使いたい
  • Bluetoothが装備されていないパソコンで使いたい

こちらもCHECK

【logicool 】KX800 MX KEYS レビュー 文字入力が楽になるキーボード

キーボード売れ筋ランキング上位にランクされている【Logicool】KX800 MX KEYS 15,000円と高めの価格設定。 評価はいいけどKX800が自分に合うか、KX800の機能が使用用途に合 ...

続きを見る

 

TK-FBP101・KX800 比較

  ELECOM TK-FBP101 logicool KX800 MX KEYS
価格(AMAZON参考価格) 3,255円 14,500円
サイズ 幅367.1mm×奥行127.5mm×高さ21.2mm
重量:488g
幅430.2mm×奥行131.63mm×高さ20.5mm
重量:795g
接続方式 Bluetooth Blutooth・無線
最大接続数 3台 3台
キー配列 104キー 104キー
キーピッチ(キーの間隔) 19mm/記号キー15mm 19mm
キーストローク(タイピングの深さ) 2.0mm 2.0mm
バッテリー 単4電池2本 充電式(USB TYPE-C)
バッテリー持続時間 1.1年 バックライトOFF:最大5か月
バックライトON時:最大10時
保証期間 6か月 2年

TK-FBP101は367.1mmの幅に10キーまでキーが集約されコンパクトサイズ。

KX800 MX KEYSは手が大きい人やデスクトップパソコンのキーボードになれた人にオススメ。

ポイント

キーピッチ・キーストロークはタイピングでは重要ポイント。
今使っているキーボードのサイズを調べてキーボードを選びの参考にしてみてください。

TK-FBP101・KX800 MX KEYSサイズ

  【ELECOM】TK-FBP101 logicool KX800 MX KEYS
サイズ(幅 * 奥行 * 高さ ) 367.1mm * 127.5mm * 21.2mm 430.2mm * 131.63mm * 20.5mm
重量 488g 795g
キーピッチ(キー間隔) 19mm(記号キー15mm) 19mm
キーストローク(キー深さ) 2.0mm 2.0mm

横幅 TK-FBP101:367.1mm KX800:430.2mm 

奥行 TK-FBP101:127.5mm KX800:131.63mm

奥行 TK-FBP101:127.5mm KX800:131.63mm

高さ TK-FBP101:21.2mm KX800:20.2mm 

KX800 MX KEYS スマートイルミネーション(キーバックライト)

KX800 MX KEYSは手をかざすと自動点灯するバックライトが装備。

暗い環境でもキーが浮かび上がり文字入力をサポートしてくれます。

暗しくした状態でTK-FBP101BKlogicool KX800 MX KEYSを並べてみた様子。

TK-FBP101ポイント

  • 軽量コンパクトで自宅でも外出先への持ち運びが便利
  • 15インチノートパソコンとほぼ同じ幅
  • コンパクトで指の動きが少なく済む
  • 手のの移動距離が少ない

KX800 MX KEYSポイント

  • 重量感があり自宅やオフィスの固定キーボードにオススメ
  • 10キーと本体キーボードが離れていてタイピングミスが軽減
  • 高級感があるメタルプレートキー
  • 指をかざすだけで点灯するスマートイルミネーション

TK-FBP101・KX800 MX KEYS接続方式/対応端末

  ELECOM TK-FBP101BK logicool KX800 MX KEYS
Bluetooth
無線 ×
対応OS Windows/MAC/iOS/Android  Windows/MAC/iOS/Android/Linux

TK-FBP101はBluetoothが装備されていない端末では使用はできません。

Bluetooth無線の違い

  • Bluetooth:消費電力が低く通信距離が狭い。無線に比べて通信速度が遅い
  • 無線:通信距離が広く高速通信

※実際使用しても通信速度の違いは感じられません。

無線ワイヤレスはKX800のみ対応。

TK-FBP101ポイント

  • Bluetooth対応端末のみ対応

KX800 MX KEYSポイント

  • Bluetooth対応
  • USBポートに付属品のレシーバーを差し込めばBluetooth非対応端末でも使用可能

TK-FBP101・KX800 MX KEYS バッテリー

  ELECOM TK-FBP101BK logicool KX800 MX KEYS
電源 単4電池 * 2本 充電式(USB TYPE-C)
バッテリー持続時間 1.1年 イルミネーション点灯時/10日
イルミネーション消灯時/5か月
充電時間 - 4時間

 TK-FBP101BK1は単4乾電池*2本で最長1.1年間持続。

KX800 MX KEYSはUSB TYPE-Cで1回の充電時間が4時間程度で最長5か月間持続(イルミネーション消灯時)

KX800 MX KEYSのUSBポートは充電専用ポート。(USBケーブルでパソコンと接続してもパソコンから充電されるだけです。)

TK-FBP101ポイント

  • 乾電池でも1.1年持続するロングバッテリー
  • 予備乾電池の準備は必要

KX800 MX KEYSポイント

  • 電源ON時、待機時間なしで起動
  • 充電しながらタイピングOK
  • 4時間の充電で最長5か月間持続
  • バッテリーが切れてもパソコンから充電が可能

TK-FBP101・KX800 MX KEYS タイピング感

両機種ともにパンタグラフ式で静音性、入力感、打ち応えのあるキーボード。

大きな違いはTK-FBP101 367.1mm・KX800 430.2mmの幅。

TK-FBP101が367.1mmに101個のキーが集約されているのに対しKX800 MX KEYSは430.2mmのゆとりあるキー配列。

TK-FBP101ポイント

  • ノートパソコン感覚で入力
  • 少ない指の動きでタイピング入力

ポイント

  • ワイドキー配列でゆとりあるタイピング
  • くぼみのあるキーでタイピングミス防止

TK-FBP101・KX800 MX KEYS デメリット

TK-FBP101 デメリット

TK-FBP101 ココがダメ

  • 保証期間 6か月
  • チャタリングが多い
  • Bluetooth未装備端末には未対応
  • 10キー、本体キーが密集している

チャタリングとは?

キーを入力していると同じ文字が連続されて入力されてしまう現象

KX800 MX KEYS デメリット

KX800 MX KEYS ココがダメ

  • 高価
  • マウスの移動距離・指の移動距離が大きい
  • 持ち運びキーボードとしは大きい

TK-FBP101・KX800 MX KEYS どっちが良い?

コスパよくBluetoothキーボードを試したいならTK-FBP101

こちらもCHECK

ELECOM TK-FBP101 Bluetooth コンパクトキーボード レビュー

ノートパソコンで文字入力していると入力ミスが増えてストレス感じませんか? スタイリッシュなノートパソコンはデザインやパソコンのサイズに連動してキーの幅が狭くなってしまいます。 TIGERキーボードにお ...

続きを見る

手の移動距離を最小限で持ち運び便利、コスパが良いキーボードはELECOM TK-FBP101BK

デメリットで紹介したチャタリングはELECOM TK-FBP101の利用者から多数報告されています。

チャタリングが発生して致命的なミスに繋がるようなことはないけど、いきなり「ki-bbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbbb」って入力されたら「ハッキング」なんて思っちゃいますよね。

チャタリングと記号のキーピッチが狭いことを理解した上で使えば快適に文字入力できるキーボードです。

はじめてのBluetoothキーボードを検討している方にはオススメキーボードになります。

ゆとりあるキー配置 高級志向のキーボードならKX800 MX KEYS

こちらもCHECK

【logicool 】KX800 MX KEYS レビュー 文字入力が楽になるキーボード

キーボード売れ筋ランキング上位にランクされている【Logicool】KX800 MX KEYS 15,000円と高めの価格設定。 評価はいいけどKX800が自分に合うか、KX800の機能が使用用途に合 ...

続きを見る

ゆとりあるワイドなキーボードを求めているならKX800 MX KEYS

コスパ的には14,500円とちょっと高めのキーボードだけど外観・タイピング感・性能を考慮すればコスパが良いキーボードです。

注目キーボードとして価格.comでもlogicool KX800 MX KEYSは上位にランクされてます。

発売当初は入荷待ちが出るほどの人気なキーボードでした。

自宅で入力作業が多いユーザーにとってオススメできるキーボード。

-パソコン

© 2021 タイガジェ