ガジェット

VRゴーグル アダルト動画楽しめる 臨場感ある VRゴーグルを紹介

海外で大人気のVRゴーグル。

日本ではあまり普及されていませんがVR専用のドラマやスポーツ、そしてアダルトと言った多くのVRコンテンツがが配信されています。

VR動画を体験してみたいけどMeta Quest2などVRゴーグルが高くVR動画を体験していらっしゃらない方も多くいると感じます。

コストをかけたくない方にオススメしたいVRゴーグルはスマホセット型のVRゴーグルをオススメします。

VR動画の体験だけならスマホセット型のVRゴーグルでもVRを楽しむ事がでできます

本記事ではスマホセット型のVRゴーグルの便利な使用方法とVRゴーグルを配信しているコンテンツをご紹介しています。

\月額2,800円で10,000本以上のVR作品が見放題/

FANZA VRch公式サイト

※1日/100円以下でVR動画が楽しめちゃう

VRゴーグルの種類

VRゴーグルの種類

  • スマホセット型VRゴーグル
  • オールインワン型VRゴーグル
  • PS VR
  • PC接続VRゴーグル

2022年現在、VRゴーグルは、スマホ型をゴーグルにセットするVRゴーグルとMeta Quest2のように映像、ストレージ、コントロールが一体化しているオールインワン型のVRゴーグルが主流になっています。

オールインワン型で人気のMeta Quest2は55,514円とVR動画だけのために購入するにはハードルが高くなっています。

ゲームも動画も楽しみたいなら

オールインワンVRゴーグル

スマホ型VRゴーグルとオールインワン型のVRゴーグルの特徴をご紹介します。

スマホ型VRゴーグル

ココがポイント

  • 安価
  • 操作する度にゴーグルから取り外す必要がある
  • DMMやFANZAではVR専用プレイヤーが用意されている
  • 一体型と比較すると画質が荒い

VR入門でハードルが低いスマホセット型ゴーグル。

特徴は3,000からVRを始められるコスパの良さ。

一体型のMeta Quest2を使用した後にスマホセット型のVRゴーグルを使用すると、画像の荒さが気になりますが比較した時に気になる程度の画質です。

Meta Quest2よりも軽量で寝ながらでも動画を楽しむ事ができます

スマホ型オススメVRゴーグルはDMMポイント1,000ポイント付きのVRG-D02PBKがオススメになります。

付属でBluetoothコントローラー付きのVRゴーグルも販売されていますがBluetothマウスで代用できます。

Bluetoothマウスでスマホ型VRゴーグルの操作方法はVRゴーグルを装着のまま Bluetoothマウスで動画を操作で解説しております。

オールインワン型VRゴーグル

ココがポイント

  • 滑らかな映像
  • 臨場感あるサウンド
  • 動画ダウンロードから再生まで1台で完結
  • 重い
  • 高価

代表的なオールインワン型VRゴーグルはMeta Quest2。

Meta Quest2は販売価格が55,000円とVR動画目的のためだけに購入するにはコスパが悪く感じられます。

Meta Quest2は本体に動画を保存、再生、操作ができてMeta Quest2単体で全てを完結する事ができます。

滑らかなら映像と解像度が高い画質、臨場感ある音声はスマホ型VRゴーグルとは別格なデバイスになっています。

VR動画以外にもVRゲームを楽しみたい人はオールイン型のVRゴーグルがオススメになります。

Meta Quest2のレビュー記事については【Meta Quest2】レビュー 臨場感あるVR動画からVRゲームが楽しめるを参考にして見てください。

動画視聴だけならスマホセット型で十分

VR動画を視聴するだけならばスマホセット型VRゴーグルで十分。

映像や音声、操作性を比較するとMeta Quest2に劣りますがVRゴーグルだけのために55,000円のMeta Quest2はオーバースペックに感じます。

TIGER
僕もMeta Quest2を購入しましたが使いこなせていない…

VRゲームを体験したいならMeta Quest2がオススメになります。

スマホVRゴーグルもBluetoothマウスとイヤホンを組み合わせる事で操作性や音の臨場感を楽しむ事ができます。

スマホセット型のVRゴーグルの便利な使い方をご紹介します。

スマホセット型 VRゴーグルを装着のまま操作

スマホセット型のVRゴーグルのデメリットは操作性。

スマホセット型のVRゴーグルは再生ボタンを押してからVRゴーグルにセットして視聴。

動画を早送りや戻したい時には、VRゴーグルからスマホを外して操作、スマホをセットし直して視聴と言った流れになります。

スマホセット型のVR動画再生について便利な使用方法をご紹介します。

VR動画操作

  • 専用プレイヤー(DMMプレイヤー)
  • Bluetoothマウス
  • Bluetoothコントローラー

Bluetoothマウスは、1つのマウスで複数のデバイスをコントロールできるマウスも販売されています。

パソコンと併用して使用する事ができます。

【FANZA】ゴーグルを装着したまま操作できるDMM Player

DMM・FANZAでは、VRゴーグルを装着したまま操作できるDMM Playerが用意されています。

DMM PlayerはGoogle PlayやApp Storeからダウンロードが可能。

スマホがセットされたVRゴーグルを縦に振ると動画のコントロール部が表示されます。

中心に表示されるポインタを再生、早送り、巻き戻しなどのアイコンに数秒重ねると操作が実行されます。

DMM・FANZAで購入したVR動画はDMM Playerで快適にVR動画を視聴する事がでます。

Bluetoothマウスを使用

Bluetoothマウスとスマホをペアリングする事でマウスでスマホを接続する事ができます。

僕が使用しているマウスはLogicool MX MASTER3。

MX MASTERE3は最大3台までペアリングができ、ボタンでペアリングしたデバイスを切り替える事ができます。

MX Master3は13,500円と高額のため、同じLogicoolのM590がコスパが良く2台まで接続ができるオススメBluetoothマウスになります。

【ロジクール】M590 ペアリングも簡単持ち運び便利 静音マウスレビューでレビューしています。

Android Bluetoothマウスとペアリング

AndroidスマホとiPhoneのペアリング、使用方法はシンプル。

Androidペアリング設定

  • 設定
  • Bluetooth
  • ペアリング

ペアリングが完了すれば、マウスを動かせば利用する事ができます。

ペアリングしたマウスのチャンネルでマウスは動作します。

iPhone とBluetoothマウスのペアリング

iPhoneとBluetoothマウスの設定と使用方法はちょっと複雑になります。

Androidペアリング設定

  • 設定
  • アクセシビリティ
  • タッチ
  • AssistiveTouch
  • Bluetoothデバイス
  • マウスのペアリングボタンを長押し
  • Bluetoothマウスにペアリングマウスが表示
  • ペアリング完了

マウスのペアリングが完了後、「AssistiveTouch」を「ON」にする事でマウスを利用する事ができます。

設定が完了するとマウスでスマホを操作する事ができます。

Bluetoothコントローラー

エレコムからBluetoothコントローラーが販売されています。

ペアリングをすればVR以外にも遠隔でスマホを操作することができます。

マウスは必要ない方はBluetoothコントローラーの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

Bluetoothイヤホンで臨場感あるサウンド

スマホ型VRゴーグルはスマホのスピーカーから音声が出力されます。

一人暮らしなら周囲を気にすることはありませんが、家族と同居されている方は音が漏れるのは気不味いですよね。

Bluetoothイヤホンを導入することで臨場感あるサウンドでVR映像を楽しむ事ができます。

BluetoothイヤホンでVR動画を視聴すると水の音や耳元で囁いた声も3Dで聞こえてきます。

オススメイヤホンはAnker Soundcore Liberty Air 2 Pro

重低音響くノイズキャンセリングイヤホン。

スマホに付属されているイヤホンでは聞こえない音がSoundcore Liberty Air 2 Proでは聞こえてくるほど、好感度なイヤホンになります。

VR以外にも音楽や映画でも臨場感あるサウンドを楽しむ事ができます。

iPhoneでもSoundcore Liberty Air 2 Proは利用する事ができますがiPhoneなら相性の良い、AirPods Proがオススメになります。

VR動画配信サイト

VRアダルト動画を配信している代表的なサイトをご紹介します。

PRIME VIDEOはMeta Quest2といったVR専用デバイスが必要になります。

VR動画が豊富なDMM、アダルト専用のFANZA、MGS動画は専用プレイヤーが用意されています。

VR配信サイトでダウンロードした動画はスマホやダウンロードしたデバイスの動画ソフトで再生されます。

ダウンロードされた動画は直接スマホを操作するかBluetoothコントローラーやマウスでの操作になります。

いずれにしてもスマホ型VRゴーグルで動画を楽しむならBluetoothマウスかBluetoothコントローラーの購入は揃えていた方が良いですね。

スマホセット型VRゴーグルのメリット・デメリット

スマホセット型VRゴーグルのメリット・デメリットをご紹介します。

一番のメリットはこすぱではないでしょうか。

コスパ以外にも使用方法がシンプルで気軽にVRを体験できるなどのメリットをご紹介します。

メリット

ココがおすすめ

  • 価格が安い
  • オールインワン型に比べてバッテリーが持続する
  • 操作がシンプル
  • 軽量
  • スマホで通信ができる

スマホセット型VRゴーグルの最大のメリットはなんといってもコスパ。

3,000円でスマホセット型のゴーグルを購入する事ができます。

スマホを操作するだけなので難しい操作もなくシンプルになります。

Meta Quest2はヘッドセットだけで581gと長時間の使用は首が疲れてきます。

スマホセット型VRゴーグルはスマホをセットしても500g以下。

VR動画に興味がある人はコスパが安く、操作がシンプルなスマホセット型VRゴーグルがオススメになります。

デメリット

ココがダメ

  • 操作の度にVRゴーグルからスマホを外す
  • コントローラは別途購入
  • 画質がいまいち

Meta Quest2と比較しなければ気になりませんが、スマホセット型VRゴーグルはMeta Quest2と比較すると解像度が落ちます。

スマホの画面がVRゴーグルのレンズで拡大されるためスマホ画面のドットが目に見えてしまいます。

スマホセット型VRゴーグルで物足りなさを感じたらMeta Quest2の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

VRゴーグル 快適にコスパ良くVRゴーグルを楽しもう

VR動画を楽しみたいならMeta Quest2をオススメします。

しかし、VR動画だけのために55,000円のMetaQuest2はコスパが悪すぎます。

VR動画だけであれば、スマホセット型のVRゴーグルで十分にVRの世界を楽しむ事ができます。

操作性や臨場感を楽しむためにBluetoothマウスとBluetoothイヤホンを揃えれば、快適に臨場感あるVR作品を楽しむ事ができます。

エレコムから販売されているVRG-D02PBKはDMMやFANZAで利用できるポイントが1,000ポイント付き。

VR入門ゴーグルとしては、非常にコスパがいいVRゴーグルになります。

通常の動画や映画に物足りなさを感じたら是非、VRゴーグルで動画を試してみてください。

 

 

-ガジェット