ブログ日記

WordPress サーバー移転方法 

ブログをはじめてブログ運営をしているとコストの見直しや挑戦したい事、レンタルサーバーのサポートの悩みが増えてきますよね。

今のレンタルサーバーから他社のレンタルサーバーに乗り換えを検討する方もいらっしゃるかと思います。

[word_balloon id="1" position="L" size="M" balloon="talk" name_position="under_avatar" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="false"]私も現在のサーバー環境では挑戦できないためレンタルサーバー移行をしました。[/word_balloon]

レンタルサーバーを移行してサーバーの知識がないブロガーが悩む事。

旧レンタルサーバーから新レンタルサーバーへのWordPressの引越し方法

ブログをはじめた時はYotutubeや他のブログ記事を見ながら何となく立ち上げることはできだけどWordpressの移行は難しそうと考えている方へ

この記事ではサーバー知識がなくてもWordPressを新サーバーへ移行する方法を記載しています。

レンタルサーバー WordPress移行方法

レンタルサーバーを移行する際にWordPressデータを移行する方法を紹介します。

Woedpressサーバー移行ツール1.All-in-One WP Migration(プラグイン)
2.FTPソフト
3.WordPress移行業者に依頼
4.サーバー会社提供Wordpressかんたん引っ越し

レンタルサーバーにの引越しを検討している場合はサポートがしっかりしているサーバー会社を選ぶ事をオススメします。

XSEREVER・ロリポップサーバーへ移行を検討中の方は、 XSEREVER・ロリポップサーバーが提供しているWordPressの簡単引越ツールで簡単にWordPressを移行できます。

レンタルサーバーの乗り換えを検討していてWordPresのデータ移行に自信がない方はXSEREVER・ロリポップへ乗り換えもおススメです。

XSREVERの申込はこちらから

ロリポップサーバーの申込はこちらから

All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationこんな人へオススメ
1.FTPの知識がない
2.今後もWordPressを使ってブログ運営をする
3.複数ブログを運営している

WordPressのサーバー移行でポピュラーなデータ移行手段。

エクスポート(旧サーバーからのデータ抽出)は無料で512MB以上のインポート(新サーバーへのデータ移行)は有料。

512MB以上のデータ移行する場合$69の課金が必要

All-in-One WP Migrationでデータ移行すると画像やプラグイン、テーマだけでデータ量が512MB以上になってしまいます。

$69の課金は高価に感じますが半永久的にデータ制限なしでWordPressが移行できます。

今後もブログを続ける方はAll-in-One WP Migration有料版がオススメ。

知識がある人はFTPソフトで画像やプラグインを抽出してブログデータだけをAll-in-One WP Migrationでインポート/エクスポートをすれば出費は抑えられます。

サーバーやFTPについて分からない人はAll-in-One WP Migration有料版($69)をオススメします。

[word_balloon id="1" position="L" size="M" balloon="talk" name_position="under_avatar" radius="true" avatar_border="false" avatar_shadow="false" balloon_shadow="false"]一度、All-in-One WP Migrationを購入すれば一生使用できるよ。[/word_balloon]

FTPソフトでデータ移行

FTPソフト移行
1.無料でデータ移行
2.専門知識が必要
3.不明な点が発生したときにググったり自力で調べる。

FTPソフトを使用してのWordPress移行の最大のメリットは無料でできるという点。

All-in-One WP Migrationはちょっとした設定とボタンをクリックするだけでインポート・エクスポートができますがFTPソフトを使用してデータ移行となると聞きなれない言葉とちょっとしたサーバー知識が必要になります。

オススメFTPソフト
  • FFFTP
  • FileZilla
  • WinSCP
  • Dreamweaver CC
  • Transmit

FTPソフトでもFFFTPは定番。

FTPソフトを使用する場合は新旧サーバーの【ホスト名】【ユーザーID】【パスワード】は必要になります。

この時点で専門用語が分からない方はAll-in-One WP Migration有料版を利用する事をオススメします。

WordPress引っ越し業者

サーバーを移転する際に新サーバーでドメインの設定やHOSTSファイルの書き換えなどの設定が必要になります。

サーバー移転はネットやYOUTUBEを見ながらであれば出来ないことはないです。

しかし、FTPが接続できなかったりHOSTSファイルのある場所やデータがうまく移行できなかったりします。

サーバーについて分からない方はWordPress引っ越し業者の利用をオススメします。

一般的なWordPress引っ越し業者の価格は29,800円

それでもサーバー移行時間ややデータ消失のリスクを考えればプロにお任せした方が安心です。

サイトの引越し屋さん

MIXHOSTへの乗り換えがお得

他社からMIXHOSTへの乗り換えで1サイト/9,980円でMIXHOSTがWordPress代行移行を請け負ってくれます。

SSL化済みサイトからの移行、SSL化を希望の場合は別途4,480円の追加料金が発生しますがそれでも15,000円以内でWordPressが移行できます。

現在のサーバーからサーバー移行を考えている方は月額/880円のMIXHOSTもオススメ。

MIXHOSTの申込はこちらから

Word Pressテーマ・プラグインの再インストールについて

All-in-One WP Migrationを使用してデータを移行すれば「画像」「テーマ」「プラグイン」も一括移行が可能。

FTPソフトでデータ移行するとテーマやプラグインが上手く移行できないケースが発生します。

Word Pressを立ち上げて今まで使用していたテーマが見当たらない時は使用していたWordPressテーマのインストールが必要です。

有料WordPressテーマは買い切りがほとんどなので再インストールすれば問題なし(無料テーマはもちろん)

レンタルサーバー移転を機にWordPressテーマの変更もオススメ

レンタルサーバーの移転を検討している方が考える事は「もっとブログを成長させたい。」「ブログをオシャレにしたい。」などブログを続けてきたから芽生えた思いだと思います。

サーバー移転を考えているブロガーの中には無料WordPressテーマCocoonを使用されているブロガーも多いと思います。

無料WordPressテーマとして「Cocoon」は誰でも気軽にブログに触れる機会を与えてくれていると感じます。

レンタルサーバー移転を機にWordPressテーマも変更してみてはいかがでしょうか。

Cocoonはデザインを変更するにはCSSの知識が必要になり記事作成に費やす時間が削られてしまいます。

もっとブログを成長させるためにブログデザインはWordPressテーマに任せていてはいかがでしょうか。

オススメWordPressテーマ

サーバーと一緒にブログのイメチェンをしてみてはいかがでしょうか!

まとめ

ブログ運営で方向性やコスパ、チャレンジしたい事、現在のサーバー環境を見直す事もあるでしょう。

レンタルサーバー移行を検討している方の多数は、今後もブログを続けようと考えている方が多数だと考えられます。

今まで作成してきた記事を安全に移行するために自分の知識に合ったWordPress引越し方法を選択する事が大事だと考えます。

出費を抑えるために浅はかな知識で「過去の記事が消えってしまった。」なんてならないようにするためにサーバー移行前に自分に合ったWordPress移行方法を検討してみてください。

WordPress移行で分からないことがあればTwitter @tiger_jet_blogまでご連絡ください。

 

 

-ブログ日記