海外でスマホを使うには 海外ローミング契約について

海外旅行でスマホの使用を考えているけど高額請求されてしまわないか不安を感じます。

海外でデータ通信をする方法
  • 日本の通信プランで海外ローミングをする
  • 渡航先でSIMを手配する
  • モバイルルーターを手配する
  • ホテルや施設のWi-Fiを使う

今回案内した海外でのスマホの通信方法を全て試してきた僕が海外でのスマホの使い方を解説

結論、基本料金プランに海外ローミングが含まれている「ahamo」や「Rakuten最強プラン」が設定なしで海外でも利用できてオススメです。

ahamo楽天モバイルSoftBankGLOBAL Wi-Fi
月額料金2,970円1,078円2,178円970円
データ容量最大20GB2GB無制限300MB〜
対象国91カ国70カ国アメリカ放題200カ国
タイトル詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

この記事でわかること

  • 海外でのスマホを使う方法
  • 現地SIMの購入方法
  • 海外Wi-Fiのレンタルについて
  • 高額請求を避けるためのポイント
目次

海外でスマホを使う方法

旅行や出張での海外滞在中、スマホは欠かせないアイテムの一つです。

しかし、海外でスマホを使うと「高額な通信料金が請求されるのではないか?」不安を感じますよね。

日本の通信会社のSIMが挿入されたスマホをそのまま海外で使用すると高額な請求される場合があります。

海外でスマホを使用する方法
  • 日本の通信プランを使う
  • 渡航先でSIMを購入する
  • モバイルWi-Fi
  • ホテルや公共のWi-Fiを使用する

海外ローミング対応のキャリアを使う

海外ローミングに対応している通信プランをご紹介します。

海外ローミングは日本の通信プランで渡航先の通信設備を利用してデータ通信を行う通信方式。

キャリアでは定額制の海外ローミングが用意されています。

ahamoRakuten最強プランは基本料金プラン内に海外ローミングが含まれています。

通信会社 サービス名料金
docomo世界そのままギガ980円/日
au/UQmobile世界データ定額490円/日〜
SoftBank/LINEMO世界あんしん定額980円/日〜
povo2.0海外ギガトッピング640円/日〜
ahamoahamo基本プラン内
楽天モバイルRakuten最強プラン基本プラン内

事前に申し込みが必要なケースもあるので各社ホームページをご確認ください。
通信量や料金は国で異なります。

海外Wi-FiのレンタルやプリペイドSIMを申し込みが面倒と感じる人にオススメな海外ローミングサービスです。

テザリングにも対応しているため恋人や家族で一緒に行動する人は、1台のスマホで複数のスマホとデータ通信を共有できます。

1日/980円と渡航先のSIMやahamoと比較すると割高な通信サービスです。

発信、着信関わらず通話料金が発生します。

 短期旅行の人にオススメな海外ローミングサービスです

povo2.0 海外データをトッピングする

povo2.0は使用用途に合わせて海外ローミングデータをトッピングするオプションが用意されています。

データ量有効期間料金
0.5GB24時間640円
1GB3日間1,480円
2GB5日間2,880円
3GB7日間4,280円
5GB14日間7,080円

渡航先で料金が異なるため、各国の料金表はpovo公式サイトでご確認ください。

povo2.0は日数とデータ容量で追加できる海外ローミングサービスです。

3GB/7日間になると4,280円と現地SIMやahamo、Rakuten最強プランの方がコスパが良いです。

海外は滅多にいく機会がなく、海外でSIMを購入するには不安を感じる短期旅行にオススメな通信プランサービスです。

ahamo

月額料金2,980円
海外ローミングプラン内
海外ローミングデータ量最大20GB

基本データ量の20GB以内に海外、国内データ通信が基本料金プラン内に含まれたahamo。

iPhoneの「データローミング」をONにするだけで海外に到着したら電源を入れるだけと簡単設定。

データ量も日本国内と海外ローミングを合わせて最大20GBまでデータ通信ができる料金プランです。

帰国後は渡航前と海外ローミングで使用したデータを20GBから差し引いた分だけデータ通信が可能です。

注意
  • 渡航期間が15日以上になると最大通信速度が128kbpsに制限されます
  • 海外渡航中に20GBを超えた場合最大通信速度1Mbpsに制限
  • ahamo大盛り加入時、合計100GB以内なら最大20GB

ahamoの海外ローミングについてはahamo 海外ローミングの使い方 高額請求回避するための注意事項で解説してます。

楽天モバイル

楽天モバイルのRakuten最強プランは基本プラン内に2GBの海外ローミングが含まれています。

2GBを使い切っても月を跨ぐと新たに2GBの海外データローミングが利用可能です。

海外ローミングで使用したデータは日本国内で使用したデータ量に加算されるため、3GB/20GBを超過すると基本料金が上がります。

2GBの海外ローミングは長期の海外旅行には物足りなさを感じますが、ホテルのWi-Fiとの組み合わせや月跨ぎ、短期海外旅行など旅行スタイルなどでぴったりな料金プランです。

渡航先でプリベイトSIMを購入する

到着ロビーをでると現地の通信会社が旅行者用のプリペイドSIMを販売しています。

国によっては7日間で10GB、1,000円以下で手に入れることもできます。

現地のSIMを使用するためにはSIMフリーのスマホが必要で、プランを選び料金を支払うとショップ店員が設定まで行ってくれます。

速度制限されている通信会社もあるので渡航前にトラベラーズSIMの料金と評判を調べておきましょう。

AmazonでもプリペイドSIMが販売されているので、自分で設定できる方は渡航前の購入がオススメです。

海外Wi-Fiをレンタルする

モバイルルーターをレンタルしてスマホをWi-Fiで接続します。

メリットとしてはパソコンを含め複数台のデバイスを同時接続できるため、グループで行動する人にオススメな海外通信方法です。

GLOBAL Wi-Fiのハワイ4Gレンタル料金について

データ量料金
300MB970円/日
600MB1,270円/日
1.1GB1,470円/日
無制限2,170円/日

スマホの設定もそのままで「海外ローミングをオフ」にすれば、高額請求されるリスクはありません。

海外Wi-Fiのデメリットとして、300MBでも970円/日と割高な料金体系。

長期の旅行になれば請求も高額になるため、二人程度の海外旅行であればahamo楽天モバイル、渡航先のSIMでの契約がお得です。

海外Wi-Fiは出発する空港で当日契約も受け付けていますが事前に申し込みをしておくとお得に海外Wi-Fiを利用できます。

レンタルWi-Fiの流れ
  1. オンラインで申し込む
  2. 空港でルーターを受け取る
  3. 帰国後、空港の備え付けのポストに返却

海外Wi-Fiでレンタルしたルーターを破損、紛失した場合、弁償になります。
GLOBAL Wi-Fiでルーター本体を紛失した場合、最大15,000円の弁済費用が発生します。
海外Wi-Fiを利用する際は補償パックなどの加入を検討しましょう。

\空港で受け取り・空港で返却 /

海外での通話について

日本の通信プランで海外において通話する時は、発着信に関わらず国際料金が発生します。

アメリカ滞在中の国際料金について

発信する場合(アメリカから発信)着信
アメリカ国内日本へその他の国
音声通話125円/分140円/分265円/分175円/分

ソフトバンクの「アメリカ放題」はアメリカ国内、日本への通話は発着信関わらず無料です。

LINE通話を活用

海外滞在中はLINE電話がオススメです。

LINE電話はデータ通信ができる環境であれば通話料は発生しません。

モバイル通信ができない環境でもWi-Fiが利用できる環境であればLINE通話はできます。

海外ローミング テザリングについて

日本の通信プランで海外ローミングをしても渡航先でSIMを手配しても、多くのプランは海外ローミングを利用できます。

タイでahamoのテザリングを使用しても追加料金なし!

海外のWi-Fiは日本のサイトにアクセスできないケースや、不特定多数の人が利用するWi-Fiはセキュリティ面でリスクがあります。

海外で日本のサイトにアクセスできない場合、テザリングで接続しみるとアクセスできました。

海外のWi-Fiは不安定でセキュリティ面でも不安定なので、パソコンを利用する人はテザリングをする前提で考えた方が良さそう。

海外 スマホ利用での注意点

海外でスマホ取り扱いの際の注意点をご紹介します。

海外で日本国内と同様にスマホを利用していると高額なスマホの利用料が請求されることがあります。

通話料に注意

定額制の海外ローミングの契約をしていも滞在国内への電話でも1分間に100円以上の通話料が発生します。

注意したいのは着信の通話でも1分毎に通話料金が発生するため、電話アプリでの通話は控えましょう。

無闇にスマホを取り出さない

渡航先では歩きスマホや外出先でのスマホの露出は控えましょう。

特に南米や一部の東南アジアではスマホのひったくりが多発しています。

Apple Watchなどを装着していてもヒッタクリの対象になる場合があるので渡航先の治安状況を理解しておく必要があります。

スマホの盗難被害に遭遇した場合、海外旅行保険の保障対象になるケースがあります。
警察への被害届など必要なケースもあるので被害にあった際は保険会社に確認しましょう。

常時接続のアプリには注意

スマホには起動中にデータ通信が発生アプリや通知でデータを消費するがアプリがあります。

常時データ通信をしているアプリでは「常時接続をOFF」にしたり、GPSを使用するアプリは使用しない時にはアプリを完全に閉じましょう。

MAPアプリは常時データ通信を接続しているため、裏でデータ通信をしているケースがあります。

アプリの管理をしてデータ消費を抑えましょう。

データ制限に注意

データ容量に制限があるプランを使用する場合はデータ超過によるデータ制限に注意しましょう。

海外での情報収集は主にスマホになります。

外出先でデータ超過による速度制限がかかってしまった時には、電車さえも乗れないことも考えられます。

モバイル通信ができないとデータチャージもできないので、データ残量を気にしながら行動しましょう。

Wi-Fiが接続できる所はWi-Fiで接続して、データ消費を抑えるように心がけてください。

SIMを差し替えた場合、日本の電話番号は着信不可

渡航先で現地のSIMと日本のSIMを差し替えた場合、日本の電話番号への着信やSMSを確認することができません。

搭乗予定の飛行機が遅延通知は登録したSMSに送られてくるケースもあるため、空港に到着するまで気づかないこともあり得ます。

SMSでフライト変更が送られてきます。

iPhoneにはeSIMとSIMカードの2つの電話番号を書き込めるデュアルSIM機能が搭載されています。

SIMカードを日本の電話番号で使用して、eSIMを現地のSIMを登録すれば日本の電話番号を活かしたまま渡航先のデータ通信を利用できます。

タイでahamoと楽天モバイルを使ってみた

2024年1月にタイで「ahamo」と「Rakuten最強プラン」を使ってみました。

両プラン共、渡航前に海外ローミングの設定を行っただけで、タイに入国後スマホの電源をONにしたただけで海外ローミングを使用できました。

ただし、ahamoはタイの通信会社「TRUE」の5G通信に対して、楽天モバイルは「TRUE」の4G通信でした。

タイに滞在中、楽天モバイルの4G通信が5G通信に切り変わることはありませんでした。

SNSをチェックすると楽天モバイルは他国でも4Gにならない報告をされているので、通信会社同士の契約上、通信形態が異なっているのかと考えられます。

4Gでもストレスなく問題なく使えたよ!

5G通信は4G通信の2.7倍のデータ消費をするため、海外ローミングが2GBまでしかない楽天モバイルにはちょっうどいいかもしれません。

海外 スマホ通信はズバリ【ahamo】と現地のプリペイドSIM

海外旅行でオススメのスマホ通信方法はスバリ「ahamo」と「現地プリペイドSIM」です。

ahamoがオススメな理由

海外ローミング ahamoがオススメな理由
  • 追加料金なし
  • 設定は「海外ローミングON」だけ
  • 最大20GBの海外データローミング

渡航月に日本国内で使用したデータ容量と海外で利用したデータ容量が20GB以内で利用できます。

海外で20GBを使い切って帰国しても、日本国内の速度制限は最大1Mbpsとデータ通信が可能な通信速度です。

渡航前に日本国内で20GBのデータ容量を使い切ってもahamo大盛りを追加することで20GBの海外ローミングが利用できます。

入国してスマホの電源入れれば、そのまま使えます。

ahamo 注意点
  • SMS、通話はdocomoの海外通信が適用されます
  • 海外滞在期間が連続して15日以上経過すると最大通信速度が128Kbpsに制限されます。

現地プリペイドSIMがオススメな理由

渡航先にもよりますが海外でプリペイドSIMの調達がコスパ良くててオススメです。

渡航先SIMがオススメな理由
  • 日本通信プランの海外ローミングよりも安い
  • プリペイドSIMの電話番号のため電話料での高額請求のリスクがない

日本で契約していたSIMを抜いて現地のSIMを差し替えれば、日本で使用していた通信会社のデータ通信、通話を使用することはないため確実に高額請求を避けることができます。

SIMを差し替えた場合、日本で使用していた電話・SMSは利用できません。
LINEは使用できます。

現地のSIMに差し替えた場合、日本の電話番号に着信されても相手側には「電波が入らない場所にあるか電源が入っていないため繋がりません」とアナウンスが流れるため注意しましょう。

渡航先でSIMを手配する場合、SIMロックが解除されたスマホが必要です。

アメリカやヨーロッパ、シンガポールなどの先進国ではプリペイドSIMの方が高いケースもあります。

事前にAmazonで渡航先のSIMを購入した方がお得なケースもあるのでチェックしましょう。

海外でのスマホのおすすめ活用法

外国が話せなくても海外では、スマホがあればどうにかなってしまいます。

海外スマホ活用術
  • 翻訳アプリ
  • MAP・乗換案内
  • 現地情報の検索
  • タクシー配車サービス

空港に到着したらGoogleやMapでホテルや目的地までのルートを検索すれば乗車駅と下車駅を案内してくれます。

タクシーを利用する場合でも、UBERやGRABなどの配車アプリを使用すれば目的地までの料金も表示されるのでボッタクられる心配はありません。

現地の人とのコミュニケーションも翻訳アプリがあればどうにかなります。

英語もわからない僕がスマホ1台で海外を頻繁に旅しています!

「海外ローミング」についてよくある質問

「海外ローミング」についてよくある質問をご紹介します。

海外ローミングでテザリングは利用できますか?

日本国内の通信会社が提供している通信会社は海外ローミングが含まれています。

海外でスマホのデータ通信をお得にする方法は?

国や滞在日数で異なります。
アジアなどは現地のSIMを手配した方が安いケースがあります。

英語が喋れなくても現地のSIMは手に入る?

空港で販売している通信会社は分かりやすい料金表と旅行者の対応に慣れているので英語が喋れなくても問題ありません。不安を感じる方はAmazonで渡航先のSIMを手配することをお勧めします。

海外ローミングが含まれたプラン、定額プランを利用していれば高額請求される心配はありませんか?

日本の通信プランで発信、着信に関わらず通話した場合、国際通話料金が発生します。
国際通話料金は100円/分など高額なため、なるべく通話は避けましょう。

海外でのスマホ利用のポイント

海外でスマホを利用するには日本国内の通信プランから、渡航先でSIMを手配して通信する方法があります。

日本の通信プランで海外ローミングを使用しても現地の通信会社を介して通信します。

海外でスマホを使う方法
  • 日本の通信会社(海外ローミング契約)
  • 海外通信プランが含まれる
  • 海外Wi-Fi
  • プリペイドSIM

docomoやau、SoftBankでも海外ローミングを申し込めば1日定額で使い放題のプランが用意されています。

5泊7日の海外旅行で1日使い放題を利用すると約5,000円(980円*5日)と割高に感じます。

プリペイドSIMやWi-Fiレンタルも申し込みや設定など手間がかかるので、自信がない人は基本プランに海外ローミングが含まれているahamo楽天モバイルがオススメです。

海外に到着したら電源を入れれば現地の電波を拾ってデータローミングが行えてストレスフリー。

ahamoはドコモ回線だから99.9%の人口カバー率と品質の高いデータ通信で月額2,970円はお得です。

旅の同行者や旅の日数でオススメ通信スタイルは異なってきます。

下記一覧を参考にしてください。

スクロールできます
キャリア通信プラン込現地SIM海外Wi-Fi
主な通信会社docomo
au
SoftBank
ahamo
楽天モバイル
各国の通信会社イモトのWi-Fi
GLOBAL Wi-Fi
メリットそのまま使える
定額
追加料金なし
申し込み不要
国によって最安複数台接続可
PCにも対応
デメリット割高
申込みが必要
カスタマイズ不可渡航先スタッフと
やり取りする
データ制限がある
ルータの保証責任

ご自身にあった通信プランを選択してください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

元通信会社勤務のショップ店員です。
docomo,au.SoftBankはもちろん、ahamo、楽天モバイルなどの通信プランを一通り使用してきました。
各プランの使用経験から特徴とデメリットの体験レビューを発信し、お得な通信プランとスマホ情報を発信していきます。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次